Dropbox に「更新できないため、Dropbox は同期を中断します」と表示される理由

Dropbox デスクトップ アプリケーションには DropboxUpdate.exe と呼ばれるヘルパー プロセスがあり、バージョンのアップデート情報を定期的にチェックします。DropboxUpdate.exe は、Dropbox がインストールされているパソコンに必ず存在していなければならないプロセスです。Dropbox アプリのインストール中に実行し、その後利用可能な最新バージョンの有無を定期的に確認して、必要な場合には Dropbox アプリを更新します。

Dropbox と同様に DropboxUpdate.exe でもインターネット接続が必要です。このヘルパー プロセスが Dropbox のサーバーにアクセスしてアップデートの有無を確認できない時には、Dropbox アプリがユーザーに通知します。Dropbox を実行するためにファイアウォールやウイルス対策ソフトウェアの設定を変更した場合は、大方の場合 DropboxUpdate.exe でもそれと同じように変更する必要があります。また、長期間にわたってヘルパー プロセスが適切に更新できない場合、Dropbox は同期を中断して以下の警告メッセージを画面に表示します。


このメッセージが表示された場合の対処方法

  1. デスクトップ アプリ インストーラーをダウンロードして、アプリケーションを再インストールします。
    • これで Dropbox アプリの最新バージョンに更新されますが、ファイルやフォルダはそのままです。
  2. DropboxUpdate.exe がインターネットに接続してアップデートを確認できるかチェックします。

このプロセスの実行頻度について

このプロセスはインストール時に実行し、その後は 1 時間ごとに実行します。

このプロセスを無効にできますか?

いいえ、パソコンに Dropbox アプリをインストールして使用するには、必ずこのプロセスの実行を許可する必要があります。

: 上記のトラブルシューティングをすべて試した後でもエラー メッセージが表示される場合は、Dropbox サポートへお問い合わせください

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ