Dropbox で私のファイルが更新されない — 同期の問題に関するトラブルシューティング

dropbox.com をご利用の場合はログインし、ユーザー名、[設定]の順にクリックしてからアカウントを選択して(1 つ以上のアカウントをリンクしている場合)空き容量を確認します。

修正:必要に応じてファイルを削除するか、選択型同期をご利用ください。

ご利用のデバイスと Dropbox アカウントに十分な容量があることを確認したら、手順 10 に進んでください。

  1. Dropbox のキャッシュをクリアします。修正:キャッシュをクリアする方法は次をご覧ください。
    • Dropbox では効率性や緊急時に配慮してファイルのキャッシュを保管していますが、キャッシュをクリアすることでハード ドライブの空き容量を増やすことができます。
    1. システム トレイまたはメニュー バーにある Dropbox のアイコンをクリックし [終了]、[停止]または[閉じる]をクリックして Dropbox を停止します。
    2. 必ずこの手順に従って操作してください。Dropbox Business ユーザーがこの記事を参照する場合は、必ず「Dropbox Business ユーザー」の欄にある手順を参照してください。
    3. Dropbox を再起動:Mac をご利用の場合はアプリケーション フォルダで Dropbox をお探しください。PC をご利用の場合はプログラム メニューをご覧ください。
  2. :お客様の Dropbox フォルダに保存されているファイルに影響はありません。ファイルが削除されることはありませんのでご安心ください。

    キャッシュをクリアした後もファイルが同期されていない場合は、手順 11 に進んでください。


  3. ファイル パス名を確認します。
    • 次の特殊文字を含むファイル名は、どのオペレーティング システムとも互換性がありません。
      • /(フォワードスラッシュ)
      • \(バックスラッシュ)
    • 次の特殊文字を含むファイル名は Windows と互換性がありません。
      • <(それ以下)
      • >(それ以上)
      • :(コロン)
      • "(クォーテーションマーク)
      • |(縦線)
      • ?(クエスチョンマーク)
      • *(星印)
    • 特定の言語固有の文字列に対応していないオペレーティング システムもあります。
    • Mac や Windows のパソコン、Excel スプレッドシートには特定のファイル名の文字列制限があります。
    • Dropbox は Windows および OS X で大文字と小文字を区別しません。Dropbox がファイルを作成する場合はパス/ファイル名に小文字を使用します。ただし「|」(縦線)は大文字と小文字を区別しないため、この文字列が含まれている場合ファイルは同期されません。
  4. 修正:次のツールを使用して、Dropbox アカウント内の不良ファイル名を検索します。必要に応じて、ファイル名を変更してください。

    不明のファイル名に非互換性がないことを確認したら、手順 12 に進んでください。


  5. ウィルス対策ソフトやセキュリティ対策ソフトがファイル同期問題の原因になっていないか確認します。
    • Dropbox のデスクトップ クライアントは「.dropbox.cache」ファイルを一時的な保管場所として、フォルダを使用します。場合によっては、ウィルス対策ソフトが断片化されたファイルを誤検知しウィルスとして隔離しようとすることがあります。その場合も Dropbox はご利用のデバイスとファイルを同期しようとファイルのダウンロードを続行するので、余分なスペースが使用されることになります。
  6. 修正:セキュリティ対策ソフトやウィルス対策ソフトで Dropbox のキャッシュ フォルダを例外リストに追加してください。また、ご利用のソフトウェアを一時的に無効にする方法もあります。同期が完了すると警告メッセージや検疫を知らせるメッセージが表示されることはありません。

    :Dropbox 内の他のフォルダとは異なり、「.dropbox.cache」フォルダには赤色の[X]マークが付いています。このフォルダを同期する必要はありません。

    ウィルス対策ソフトやセキュリティ対策ソフトが同期問題の原因になっていないか確認したら、手順 13 に進んでください。


  7. 同期対象のファイル件数が多すぎないか確認します。
    • 保管しているファイル件数が 30 万件を超えると、Dropbox アプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。これはソフト制限で、Dropbox アプリケーションを実行しているパソコンのハードウェアの仕様により異なります。問題なくファイルを保存できる場合もあるようですが、原則として 1 台のパソコンに 100 万件以上のファイルを保管しないようにおすすめしています。この制限はファイル数のみで、各ファイルのサイズには関係ありません。
    • 注: Dropbox アカウントに保管しているファイル数が多い場合、同期に時間がかかることがあります。同期の処理が遅れたり、時間がかかったりしても、必ずしもエラーが発生しているわけではありません。
  8. 修正選択型同期を利用して特定のファイルのみパソコンに同期することができます。ファイルは dropbox.com と他のパソコンで保存された状態を維持します。

    修正帯域幅の設定を調節して、Dropbox の同期速度を向上させることが可能な場合もあります。

この記事に含まれるすべての修正方法を行っても、ファイルまたはデバイスが同期されない場合は Dropbox へお問い合わせください(その場合は適切な担当者へ送信されるように[デスクトップ]オプションをお選びください)。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答