同期の一時停止と再開

Dropbox デスクトップ アプリを使うと、いつでも同期を停止したり開始(一時停止または再開)することができます。手順は次のとおりです。

  1. パソコンのシステム トレイまたはメニュー バーをクリックします。
  2. 小さい歯車のアイコンをクリックします。
  3. 同期を一時停止]または[同期を再開]をクリックします。

アプリを一時停止すると、システム トレイまたはメニュー バーで Dropbox アイコンが変わります。 

Mac パソコンで表示されるシステム トレイの歯車アイコン
これに似た歯車のアイコンが Linux、Mac、Windows で表示されます

Dropbox は次のように、同期中のバンド幅の使用量を節約します。

  • ダウンロードでは利用可能な残りのバンド幅を使用します
  • アップロードでは利用可能な 75 % のバンド幅を使用します

Dropbox デスクトップ アプリケーションでバンド幅の使用量を調整することもできます。

Dropbox を完全に停止する手順は次のとおりです。

  1. パソコンのシステム トレイまたはメニュー バーをクリックします。
  2. 小さい歯車のアイコンをクリックします。
  3. Dropbox を終了]をクリックします。

Dropbox デスクトップ アプリを一時停止した場合

Dropbox を一時停止すると、次のようになりますのでご注意ください。

  • パソコン上でファイルを変更しても、変更内容が Dropbox に同期されません(ただし、ファイルは「Dropbox」フォルダ内にあります)
  • Dropbox アカウント(dropbox.com、モバイル アプリ、他のパソコン)でファイルを変更しても、変更内容が自分のパソコンに同期されません 

Dropbox を一時停止にしても、他のデバイスからファイルを変更したことを知らせる通知が表示されることがあります。該当ファイルで同期を一時停止していても、通知が表示されることがあります。

この度はフィードバックをお寄せいただきありがとうございました。よろしければ、Dropbox をどのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    ガイド付きヘルプ

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    ガイド付きヘルプ

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    サポートへのお問い合わせ