選択型同期:ファイルの競合、基本設定、その他の問題

選択型同期で問題が発生している場合は、問題別の下記の解決方法をお試しください。

この記事内のセクション:

ファイル名の末尾に「選択的同期の競合」と表示される

選択型同期の設定でフォルダを同期対象から外した場合、そのフォルダはハード ドライブ上の Dropbox フォルダから削除されます。ただし、同期していないフォルダと同じ名前のフォルダを作成すると、その新しいフォルダには、マイナス記号が付いた灰色の丸印が表示されるようになります。このアイコンは、Dropbox と同期していないフォルダに表示されます。

選択型同期の競合の例

選択型同期の競合が発生する仕組みを「税務関係」という名前のフォルダを作成したと仮定して説明します。選択型同期の設定で「税務関係」フォルダをオフにすると、「税務関係」フォルダはパソコン上の Dropbox フォルダと同期しなくなります。次に、同じ「税務関係」という名前の新しいフォルダを作成すると、その新しいフォルダにマイナス記号が付いた灰色の丸印が表示されるようになります。Dropbox がこのフォルダを同期することはありません。

元の「税務関係」フォルダと新しい「税務関係」フォルダの両方の同期を再開すると、マイナス記号が付いた「税務関係」フォルダの名前の末尾に「(選択型同期の競合)」と表示されるようになります。dropbox.com では、元のフォルダと新しいフォルダの両方がアカウントと同期するようになります。

灰色のマイナス記号 選択的同期の競合

灰色のマイナス記号が付いたフォルダを削除する

  1. 灰色のマイナス記号の付いたフォルダから必要なファイルを Dropbox の他のフォルダに移動します。
  2. 灰色のマイナス記号の付いたフォルダを削除します。
  3. 元のフォルダとご利用の Dropbox フォルダが同期するように選択型同期の設定を変更します。

「選択型同期の競合」フォルダを削除する

  1. 「選択的同期の競合」フォルダから必要なファイルを元のフォルダに移動します。
  2. 競合フォルダを削除します。

「サーバーと初期同期中です。しばらくお待ちください…」

Dropbox が一時停止中の場合や、ファイルの同期処理中は選択型同期を利用できません。つまり、Dropbox デスクトップ アプリを起動するのが初めての場合は、選択型同期の設定にアクセスする前に、Dropbox フォルダ内のファイルのインデックス作成が完了するまで待機する必要があります。

「サーバーと初期同期中です。しばらくお待ちください…」というメッセージが表示された場合は、Dropbox デスクトップ アプリが Dropbox フォルダ内のファイルのインデックスを作成しているか、Dropbox メニューで同期を一時停止したことを意味しています。このどちらかに当てはまる場合は、インデックスの作成が完了するまで待ってから選択型同期の設定にアクセスするか、メッセージで[キャンセル]を選択して[基本設定]ウィンドウに戻ってください。同期を一時停止した場合は、いつでも再開できます。

Dropbox がインデックスを作成している間も(その場合は Dropbox アイコン上に回転する矢印が付いたアイコンが表示されます)ブラウズしたり、他の設定を変更することができます。

選択型同期の設定が更新されない

次のいずれかに当てはまる場合は、Dropbox が選択型同期の設定を更新できないことがあります。

  • ご利用のハード ドライブの空き容量が不足している
  • ファイルやフォルダが使用中である
  • シンボリック リンクまたは参照ファイルを使用している
  • ファイル権限が適切でない

ハード ディスクの空き容量を確認する

選択型同期の設定を更新する際に、必要なデータを保存するための容量が不足している可能性があります。不足しているかどうかをチェックするには、ハード ドライブの空き容量を確認してください。ハード ドライブのディスク容量が極端に少なくなっている場合は、まず Dropbox フォルダ以外の場所の空き容量を増やさなければならないことがあります。

ファイルやフォルダが使用中である

Dropbox では、他のアプリケーションで使用中のフォルダ(またはそこに含まれているファイル)の選択型同期は実行できません。 この問題を解決するには、選択型同期の設定を更新する前に、Dropbox フォルダ内のファイルにアクセスしているアプリケーションを閉じてください。

シンボリック リンクまたは参照ファイルを使用している

Dropbox フォルダに参照ファイル(シンボリック リンク、接合ポイント、ネットワーク フォルダ)を追加する方法はおすすめできません。参照ファイルを使用すると、選択型同期の設定を更新できないだけでなく、CPU 使用率の増加、同期パフォーマンスの低下、権限に関する問題、使用済み容量の不一致などが起こる可能性があります。

ファイル権限が適切でない

ご利用の Dropbox 内のファイルの権限に間違いがある場合、Dropbox が同期しない場合があります。下記のオペレーティング システム別の手順を行って、ファイルの権限に関する問題のトラブルシューティングを行ってください。

Windows

  1. システム トレイで Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコン、[Dropbox を終了]の順にクリックします。
  3. Windows キーR を同時に押します。
  4. cmd」と入力して Enter キーを押すと、コマンド プロンプトが開きます。
  5. 次の行を 1 行ずつコピーして、コマンド プロンプトに貼り付けます。1 行貼り付けるごとに Enter キーを押してください。
    • Dropbox フォルダが C:\Users\YourUser\Dropbox にない場合は、最初のコマンドが実際の場所をポイントするように変更してください。たとえば、Dropbox が D:\Dropbox にある場合は、コマンドを次のように変更します。
          icacls "D:\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T
      
    • Dropbox フォルダの場所に関係なく、他のコマンドは変更しないでください。
    • Dropbox のサイズにより、この操作を完了するまでにしばらく時間を要する場合があります。「C:\」プロンプトが表示されてから次のステップに進みます。
          icacls "%HOMEPATH%\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T
      icacls "%APPDATA%\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T
      
  6. スタート]メニューから[プログラム ファイル]を選択します。
  7. Dropbox]を選択します。

Mac

  1. メニュー バーで Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコン、[Dropbox を終了]の順にクリックします。
  3. ターミナル アプリを開きます([アプリケーション]>[ユーティリティ]>[ターミナル]の順にアクセス)。
  4. 次の行を 1 行ずつコピーして、ターミナルに貼り付けます。1 行貼り付けるごとに return キーを押してください。
    • 最初のコマンドを入力すると、パソコンのパスワードを入力するよう求められます(Dropbox で使用するパスワードではありません)。ターミナル内のパスワード フィールドは、パスワードを入力しても空欄のままです。入力が完了したら return キーを押します。
    • 重要:こちらの説明では、Dropbox フォルダがデフォルトのパスにあることを前提としています。Dropbox フォルダを別の場所に保存している場合、すべての ~/Dropbox を Dropbox フォルダの場所を示す完全なパスに置き換えて、クオーテーション マークで囲みます。たとえば、Dropbox フォルダが /Volumes/DifferentPlace/Dropbox にある場合、以下の手順の ~/Dropbox の部分を "/Volumes/DifferentPlace/Dropbox" に置き換える必要があります。
    • ターミナル プロンプトが再度表示されたら、リクエストされたタスクの手順が完了したことを意味するので、次のコマンドに取りかかることができます。コマンドがエラーが返ってきた場合や、1 時間経っても応答がない場合は、パソコンを再起動して、このステップを繰り返してみてください。
          sudo chflags -R nouchg ~/Dropbox ~/.dropbox ~/.dropbox-master
      sudo chown "$USER" "$HOME"
      sudo chown -R "$USER" ~/Dropbox ~/.dropbox
      sudo chmod -RN ~/.dropbox ~/Dropbox
      chmod -R u+rw ~/Dropbox ~/.dropbox
      
  5. アプリケーション」フォルダの Dropbox アイコンをダブルクリックして、Dropbox を再起動します。

Linux

  1. メニュー バーの Dropbox メニューを右クリックし、[終了]を選択します。
  2. ターミナル ウィンドウを開き、次のコマンドをコピーしてウィンドウ内に貼り付けます。
    • 重要:以下のコマンドでは Dropbox フォルダがデフォルトのパスにあることを前提としています。Dropbox フォルダを別の場所に保存している場合、すべての ~/Dropbox インスタンスを Dropbox フォルダの場所を示す完全なパスに置き換えて、クオーテーション マークで囲みます。たとえば、Dropbox フォルダが /Volumes/DifferentPlace/Dropbox にある場合、以下のコマンド ラインの ~/Dropbox の部分を "https://www.dropbox.com/Volumes/DifferentPlace/Dropbox" に置き換えます。
    • ターミナル プロンプトが再度表示されたら、リクエストされたタスクの手順が完了したことを意味するので、次のコマンドに取りかかることができます。コマンドがエラーが返ってきた場合や、1 時間経っても応答がない場合は、パソコンを再起動して、このステップを繰り返してみてください。
          sudo chown "$USER" "$HOME"
      sudo chown -R "$USER" ~/Dropbox ~/.dropbox
      sudo chattr -R -i ~/Dropbox
      sudo chmod -R u+rw ~/Dropbox ~/.dropbox
      
  3. アプリケーション]で[インターネット]メニューにアクセスし、Dropbox を再起動します。

この度はフィードバックをお寄せいただきありがとうございました。よろしければ、Dropbox をどのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    サポートへのお問い合わせ