選択型同期のファイルの競合とその他の問題

選択型同期は、ご利用のパソコンに同期するフォルダを選択できる機能です。ただし、パソコンの選択型同期の設定でフォルダを同期しないように設定し、その後同じ名前のフォルダを同じ場所に作成すると競合が生じます。たとえば、「税務」というフォルダを作成し、選択型同期の設定でこのフォルダをオフにすると、パソコン上の Dropbox フォルダにはこのフォルダが同期されなくなります。その後、Dropbox 内の同じ場所に「税務」という新しいフォルダを作成すると、灰色のマイナス記号のアイコンが表示され、Dropbox はそのフォルダの同期を停止します。


選択的同期の競合

元の「税務」フォルダをもう一度オンにすると(選択的同期の設定で)、コンピュータへの同期が再開されます。新しい「税務」フォルダにはマイナス記号のアイコンが付き、フォルダ名に「(選択的同期の競合)」というテキストが追加されます。両方のフォルダがお使いのアカウントにオンラインで同期されます。


選択的同期の競合
選択型同期の競合

灰色のマイナス記号の付いたフォルダを削除する方法

  1. 灰色のマイナス記号の付いたフォルダから必要なファイルを Dropbox の他のフォルダに移動します。
  2. 灰色のマイナス記号の付いたフォルダを削除します。
  3. 元のフォルダとお使いの Dropbox フォルダが同期するように選択的同期の設定を変更します。

「選択的同期の競合」フォルダを削除する方法

  1. 「選択的同期の競合」フォルダから必要なファイルを元のフォルダに移動します。
  2. 競合フォルダを削除します。
この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ