Dropbox が同期の途中で止まる、開かない、エラーが表示される

Dropbox ファイルの同期に関してエラー メッセージが表示されることがあります。パソコンの Dropbox フォルダに表示されたり、システム トレイまたはメニュー バーの Dropbox アイコン上に表示されたりするエラーです。下記のエラー リストから該当するものを選択し、解決方法を確認してください。

注意点

  • この記事は、具体的なエラー メッセージの内容と、解決方法について説明しています。エラー メッセージが表示されていない場合は、一般的なトラブルシューティングの手順リストをお試しください。
  • Dropbox アプリが開かない、旧バージョンを利用していると表示される、あるいは「OperationalError」や「BrokenTempDirError」が表示される場合は、Dropbox アプリ自体に問題が生じている可能性があります。

この記事内のセクション:

Dropbox アイコンに赤色の通知が表示されている場合

パソコンのシステム トレイやメニュー バーの Dropbox アイコンに赤色の通知が表示される原因として、以下が考えられます。

  • Dropbox アカウントのストレージ容量が上限に達しています(これが同期エラーの原因かどうかを確認するには、システム トレイまたはメニュー バーの Dropbox アイコン、歯車のアイコン、[基本設定]、[アカウント]の順にクリックします)。
    • 問題の解決方法:Dropbox アカウントからファイルを削除するか、Dropbox Plus または Dropbox Professional にアップグレードしてください。
    • 問題の解決方法:Plus または Professional プランをすでにご利用の場合は、アカウント ページにアクセスして、加入プランがダウングレードされていないことをご確認ください。Dropbox Business チームのメンバーの場合は、管理コンソールでチームのアカウント ステータスを確認するよう管理者にリクエストしてください。

「空白スペースの競合」

名前がほとんど同一のファイルが 2 つある場合、「空白スペースの競合」が表示される場合があります。空白スペースの競合とは、一方のファイル名の末尾に空白スペースがあることを除いて、2 つのファイル名が同一であることを示しています。

Dropbox はファイルの保存に最新の注意を払っています。2 つのファイル名が完全に同一ではない場合、Dropbox アプリは既存のファイルを置き換えるのではなくファイルのコピーを作成します。そのため、最近変更したコピーのファイル名には「空白スペースの競合」という文字列が追加されます。

  • 問題の解決方法:コピーを明らかに別のファイル名に変更するか、次回そのファイルを保存する際に余分なスペースや文字を使わないようにしてください。

「ファイルが使用中」

Dropbox は、別のアプリケーションによりロック(または使用)されているファイルを同期しません。Dropbox がファイルをスキップした場合、Dropbox メニュー(システム トレイ/メニュー バー)にステータス メッセージが表示され、ファイルが使用中であることを報告します。

ファイルを 1 つ以上の場所で開くと競合が生じるため、それを避けるためにアプリケーションはファイルをロックします。たとえば、Microsoft Office(Word、PowerPoint、Excel など)は通常、開いているファイルをロックします。

  • 問題の解決方法:使用したファイルを保存し、使用していたアプリケーションを終了してください。そうすれば、すぐに Dropbox でファイルが同期されます。

「更新できないため、Dropbox はまもなく同期を中断します」

DropboxUpdate.exe プロセスが無効になると、「更新できないため、Dropbox はまもなく同期を中断します」というエラー メッセージが表示されます。

DropboxUpdate.exe は、新しいバージョンの Dropbox アプリがあるかをチェックするヘルパー プロセスです。Dropbox アプリのインストール時に実行し、その後は 1 時間ごとに実行します。新しいバージョンが見つかると、Dropbox アプリは自動的に更新します。

このプロセスは、Dropbox がインストールされているパソコンでは必須のプロセスです。パソコンで Dropbox を使用する場合、このプロセスを無効にすることはできません。

Dropbox を使用するには、インターネットへの接続が必要です。DropboxUpdate.exe ヘルパー プロセスが Dropbox サーバーに接続してアップデートの有無を確認できないと、「更新できないため、Dropbox はまもなく同期を中断します」というメッセージが表示されます。次の 3 つの方法で問題が解決する場合があります。

  • 問題の解決方法:Dropbox を実行するためにファイアウォールやウイルス対策ソフトウェアの設定を変更した場合は、DropboxUpdate.exe でもそれと同じように変更する必要があります。
  • 問題の解決方法Dropbox デスクトップ アプリのインストーラーをダウンロードしてアプリケーションを再インストールします。Dropbox アプリが最新バージョンに更新されますが、ファイルやフォルダはそのままです。
  • 問題の解決方法:DropboxUpdate.exe がインターネットに接続してアップデートを確認できるかチェックします。

「権限エラー」

デスクトップ アプリケーションを使用中に、「権限エラー」が原因で Dropbox が特定のファイルを同期できないことがあります。

権限はご利用のハード ドライブ上でファイルにアクセスできるユーザー(またはアプリ)を決定します。ファイル権限が Dropbox のファイルへのアクセスを許可していない場合、Dropbox は同期することができません。

以下のメニューから、ご利用のパソコンのオペレーティング システムに合わせてファイル権限のエラーを解決できます。

Windows

  1. システム トレイにある Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコン、[Dropbox を終了]の順にクリックします。
  3. Windows キーR キーを同時に押します。
  4. cmd」と入力して Enter キーを押すと、コマンド プロンプトが開きます。
  5. 次の行を 1 行ずつコピーして、コマンド プロンプトに貼り付けます。1 行貼り付けるごとに Enter キーを押してください。
    • Dropbox フォルダが C:\Users\YourUser\Dropbox にない場合は、最初のコマンドが実際の場所をポイントするように変更してください。たとえば、Dropbox が D:\Dropbox にある場合は、コマンドを次のように変更します。
      icacls "D:\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T
      
    • Dropbox フォルダの場所に関係なく、他のコマンドは変更しないでください。
    • Dropbox のサイズにより、この操作を完了するまでにしばらく時間を要する場合があります。「C:\」プロンプトが表示されてから次のステップに進みます。
      icacls "%HOMEPATH%\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T
      icacls "%APPDATA%\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T
      
  1. スタート]メニューから[プログラム ファイル]を選択します。
  2. Dropbox]を選択します。

Mac

  1. メニュー バーで Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコン、[Dropbox を終了]の順にクリックします。
  3. ターミナル アプリを開きます([アプリケーション]>[ユーティリティ]>[ターミナル]の順にアクセス)。
  4. 次の行を 1 行ずつコピーして、ターミナルに貼り付けます。1 行貼り付けるごとに Enter キーを押してください。
    • 最初のコマンドを入力すると、パソコンのパスワードを入力するよう求められます(Dropbox で使用するパスワードではありません)。ターミナル内のパスワード フィールドは、パスワードを入力しても空欄のままで何も表示されません。入力が完了したら return キーを押します。
    • 重要:こちらの説明では、Dropbox フォルダがデフォルトのパスにあることを前提としています。Dropbox フォルダを別の場所に保存している場合、すべての ~/Dropbox を Dropbox フォルダの場所を示す完全なパスに置き換えて、クオーテーション マークで囲みます。たとえば、Dropbox フォルダが /Volumes/DifferentPlace/Dropbox にある場合、以下の手順の ~/Dropbox の部分を "/Volumes/DifferentPlace/Dropbox" に置き換えます。
    • ターミナル プロンプトが再度表示されたら、リクエストされたタスクの手順が完了したことを意味するので、次のコマンドに取りかかることができます。コマンドがエラーが返ってきた場合や、1 時間経っても応答がない場合は、パソコンを再起動して、このステップを繰り返してみてください。
    • sudo chflags -R nouchg ~/Dropbox ~/.dropbox ~/.dropbox-master
      sudo chown "$USER" "$HOME"
      sudo chown -R "$USER" ~/Dropbox ~/.dropbox
      sudo chmod -RN ~/.dropbox ~/Dropbox
      chmod -R u+rw ~/Dropbox ~/.dropbox
      
  1. 「アプリケーション」フォルダの Dropbox アイコンをダブルクリックして Dropbox を再起動します。

Linux

  1. メニュー バーの Dropbox を右クリックし、[終了]を選択します。
  2. ターミナル ウィンドウを開き、次のコマンドをコピーしてウィンドウ内に貼り付けます。
    • 重要:以下のコマンドでは Dropbox フォルダがデフォルトのパスにあることを前提としています。Dropbox フォルダを別の場所に保存している場合、すべての ~/Dropbox インスタンスを Dropbox フォルダの場所を示す完全なパスに置き換えて、クオーテーション マークで囲みます。たとえば、Dropbox フォルダが /Volumes/DifferentPlace/Dropbox にある場合、以下のコマンド ラインの ~/Dropbox の部分を "https://www.dropbox.com/Volumes/DifferentPlace/Dropbox" に置き換えます。
    • ターミナル プロンプトが再度表示されたら、リクエストされたタスクの手順が完了したことを意味するので、次のコマンドに取りかかることができます。コマンドがエラーが返ってきた場合や、1 時間経っても応答がない場合は、パソコンを再起動して、このステップを繰り返してみてください。
      sudo chown "$USER" "$HOME"
      sudo chown -R "$USER" ~/Dropbox ~/.dropbox
      sudo chattr -R -i ~/Dropbox
      sudo chmod -R u+rw ~/Dropbox ~/.dropbox
      
  1. アプリケーション]で[インターネット]メニューにアクセスし、Dropbox を再起動します。

「権限が拒否されました」または「サーバーが拒否しました」

「権限が拒否されました」または「サーバーが拒否しました」というメッセージが表示される場合は、まず Dropbox デスクトップ アプリで Dropbox アカウントからログアウトし、もう一度ログインしてみてください。この方法で問題が解決しない場合は、設定が保護されているか、アクセス権の問題でアクセスできないようになっている可能性があります。この場合は、管理者アカウントを使用して設定を削除することができます。

以下のメニューから、パソコンのオペレーティング システム別の手順をご覧ください。

Windows

  1. Dropbox を終了するにはシステム トレイで Dropbox アイコンをクリックし、通知パネルにある歯車のアイコンをクリックしてからメニューで[Dropbox を終了]を選択します。
  2. Windows キー + R を同時に押してから「cmd」と入力し、Enter キーを押してコマンド プロンプトを開きます。
  3. 次の文字列を 1 行ずつコピーしてコマンド プロンプトに貼り付け、1 回ごとに Return キーを押します。正確に入力する必要があるため、コマンドはコピーして貼り付けるようにしてください(手動入力はしないでください)。右クリックして[貼り付け]を選択した場合のみ、コマンドを貼り付けることができます。
    icacls "%HOMEPATH%\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T
    icacls "%APPDATA%\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T
    icacls "%LOCALAPPDATA%\Dropbox" /grant "%USERNAME%":F /T
    icacls "%PROGRAMFILES%\Dropbox" /grant "%USERNAME%":F /T
    
  4. Dropbox フォルダが C:\Users\YourUser\Dropbox パスにない場合は、最初のコマンドがそれをポイントするように置き換えてください。たとえば、Dropbox フォルダが D:\Dropbox にある場合、コマンドは次のようになります。
    icacls "D:\Dropbox" /grant "%USERNAME%":(F) /T			
    
  5. その他のコマンドは変更しないでください。ご利用の Dropbox アカウントのサイズにより、この操作を完了するまでにしばらく時間を要する場合があります。C:\ プロンプトが再び表示されるまでお待ちください。
  6. スタート]メニュー、[プログラム ファイル]、[Dropbox]の順にクリックして、Dropbox を再起動します。

:[プログラム ファイル]に[Dropboxオプションが表示されない場合は、[Windows エクスプローラー]ウィンドウに「%APPDATA%\Dropbox」と入力してDropbox.exe]をダブルクリックし、Dropbox を再起動してください

Mac

  1. Dropbox を終了するにはメニュー バーで Dropbox アイコンをクリックし、歯車のアイコンをクリックしてからポップアップ メニューで[Dropbox を終了]を選択します。
  2. ターミナル アプリを開きます([アプリケーション]>[ユーティリティ]>[ターミナル]の順にアクセス)。
  3. 次の文字列を 1 行ずつコピーしターミナルに貼り付け、1 回ごとに Return キーを押します。
    • コマンドを手動で入力しないでください。
    • 最初のコマンドを入力すると、パソコンのユーザー パスワードの入力がリクエストされます(Dropbox で使用するパスワードではありません)。ターミナル内のパスワード欄は、パスワードを入力しても空欄のままです。 入力が済んだら Return キーを押します。
    • 重要:ここでは Dropbox フォルダがデフォルトのパスにあることを前提としています。Dropbox フォルダを別の場所に保存している場合、すべての「~/Dropbox」を Dropbox フォルダの場所を示す完全なパスに置き換えて引用符で囲みます。たとえば、Dropbox フォルダが /Volumes/DifferentPlace/Dropbox にある場合、以下の手順の ~/Dropbox の部分を "https://www.dropbox.com/Volumes/DifferentPlace/Dropbox" に変更します。
      sudo chflags -R nouchg ~/Dropbox ~/.dropbox
      sudo chown "$USER" "$HOME"
      sudo chown -R "$USER" ~/Dropbox ~/.dropbox
      sudo chmod -RN ~/.dropbox ~/Dropbox
      chmod -R u+rw ~/Dropbox ~/.dropbox
      
  4. Dropbox を再起動します。Dropbox は「アプリケーション」フォルダ内にあります。

Linux

  1. メニュー バーで [Dropbox メニュー] を右クリックして Dropbox を終了してから [終了] を選択します
  2. ターミナル ウィンドウを開き、次の行をコピーしてウィンドウ内に貼り付けます(以下のとおりに表示されるようにしてください)。
    sudo chown "$USER" "$HOME"
    sudo chown -R "$USER" ~/Dropbox ~/.dropbox
    sudo chattr -R -i ~/Dropbox
    sudo chmod -R u+rw ~/Dropbox ~/.dropbox
    
  3. Dropbox フォルダが ~/Dropbox にない場合は、正しい場所を示すように上記のコマンドをすべて変更します。
  4. アプリケーション]で[インターネット]メニューにアクセスし、Dropbox を再起動します。
この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答