ZIP 圧縮に代わる、シンプルで高速なソリューション

Dropbox なら、ファイルのやり取りは簡単、迅速。あらゆる種類のファイルを誰にでもすぐに送信できます。ファイルを ZIP や RAR に圧縮して、メールに添付する必要はもうありません。

ファイル圧縮アプリにさようなら

大容量のファイルやフォルダを圧縮してメールで送るには、辛抱強さが問われます。圧縮が終わるのを待ち、メールへの添付が終わるのを待ち、さらに相手がダウンロードして解凍するのを待たなくてはならないのです。もちろん、これ以外にもさまざまな問題が発生します。ファイルの重複、破損、サイズ制限などの問題を抱える ZIP や RAR は、ファイルをやり取りする手段として、とても理想的とは言えません。動画の圧縮などもってのほか。ファイルの品質を下げることなく、もっと簡単に大容量ファイルをやり取りする方法はないのでしょうか?

Dropbox なら簡単

Dropbox では、[共有]ボタンをクリックするだけの簡単操作でファイルやフォルダを元のサイズのまま送信できます。メールのサイズ制限に合わせてファイルを圧縮するときのような面倒な手順は必要ありません。Dropbox を使用したファイルのやり取りは、次のようにとてもシンプルです。

  • Windows、Mac、Linux:ファイルをパソコンの Dropbox フォルダに移動すれば、バックグラウンドで自動的にアップロードされます。
  • ウェブ:デスクトップからブラウザにファイルを直接ドラッグ & ドロップできます。
  • iOS と Android:iOS や Android 向け Dropbox モバイル アプリを使用して、わずか数回のタップでファイルをアップロードできます。自動カメラアップロードを設定すれば、写真や動画をバックグラウンドで Dropbox にコピーできます。

(一部の機能は、Dropbox の一部プランでのみご利用いただけます。機能の比較表で、ご自身に最適なプランをご確認ください)

Dropbox ファイル圧縮

Dropbox ならファイルも安全

ファイル圧縮アプリから ZIP ファイルや RAR ファイルをメールで送信した後は、そのファイルに何が起きてもおかしくありません。ファイルを転送され、好ましくない人物の手に渡ってしまうかもしれません。しかし、次のようなセキュリティ機能を備える Dropbox なら、送信後でもファイルを管理し続けることができます。

  • アクセス制御:送信後のリンクを簡単に無効にし、共有ファイルやフォルダへのアクセスを防止できます。また、アプリや dropbox.com から特定のユーザーを招待することで、ファイルへのアクセスを制限できます。
  • ファイル権限:必要なアクセス権だけを共有相手に付与できます。リンクで共有されたファイルのダウンロードを許可することも、ウェブ上でのプレビューだけを許可することもできます。
  • リンクへのパスワードや有効期限の設定:共有リンクを使用した不正アクセスが心配な場合は、パスワードや有効期限を設定することで共有リンクのアクセスを管理できます。
ファイルを安全に共有

Dropbox なら高速

ファイル圧縮ソフトウェアを使用したファイルの圧縮には時間がかかり、貴重な時間が無駄になります。ZIP 圧縮が終わるのを待つだけの時間は無くしたいものです。Dropbox なら、次の高度なテクノロジーを活用して、素早く、確実にファイルを送信できます。

  • 転送を自動的に再開:インターネット接続が途中で切れても、最初から送り直す必要はありません。接続が回復次第、中断したところから自動的に転送が再開されます。
  • 差分同期、LAN 同期、ストリーミング同期:この 3 つのテクノロジーは「転送サイズの削減」、「ローカル ネットワークからのダウンロード(可能な場合)」、「早いタイミングでの他のデバイスへの同期の開始」を可能にし、大容量ファイルでも短時間で送信できます。
  • 重複排除:Dropbox にアップロードしようとしているファイルが、すでにチームの他のメンバーによってアップロードされている場合は、そのファイルを該当ユーザーの Dropbox フォルダにコピーします。これにより、さらに迅速な共有が実現します。
Dropbox の高速なファイル転送

Dropbox なら共有が簡単

問題になるのは、ファイルの圧縮作業だけではありません。ZIP ファイルや RAR ファイルへの圧縮が終わったら、それを共有相手に送らなければなりません。そのための手段がメールでも FTP でもファイル サーバーでも、圧縮ファイルをいったんどこかに置く必要があります。Dropbox は、すべてを 1 か所に集約することで、送信側だけでなく共有相手の手間も省きます。

  • コピーと貼り付け:メールやチャット、テキスト メッセージでリンクを送信するだけで、Dropbox 上のファイルを簡単に共有できます。
  • メールボックスの容量を節約:メールボックスの容量を心配する必要はありません。共有リンクなら、送信側も共有相手も容量が消費されないため、メール アカウントのストレージを増強せずに済みます。
  • ディスク容量を節約:Dropbox スマート シンクを使うと、ハード ドライブの容量をさらに節約できます。ファイルを「オンラインのみ」に設定すれば、大容量ファイルでもパソコン上の容量をほとんど消費しません。
ファイル共有時のメールボックスの容量を節約

Dropbox は圧縮ファイルにも対応

圧縮ファイルを使い続ける必要がある場合でも、Dropbox なら次のようなメリットが得られます。

  • ZIP と RAR のプレビューに対応:圧縮フォルダやファイルへのリンクを共有した場合、共有相手は、dropbox.com またはモバイル アプリでそのコンテンツを参照できるだけでなく、150 以上の形式のファイルをプレビューできます。ZIP ファイルや RAR ファイルの解凍は不要です。
  • アップロード後の圧縮:Dropbox にアップロードしたファイルやフォルダの圧縮が必要になった場合でも、面倒な操作は必要ありません。Windows や Mac、Linux で ZIP ファイルや RAR ファイルを作成するだけで、後はデスクトップ アプリが新しい圧縮ファイルを同期してくれます。
  • 編集内容もすぐに同期:アップロード後に圧縮ファイルに変更を加えた場合、その変更はすぐに Dropbox に同期されます。差分同期により、前回の同期後に変更された部分だけが転送されるため、短時間で同期が完了します。
Dropbox での圧縮ファイルの使用

ファイル圧縮とは何ですか?どのような仕組みですか?

ファイル圧縮(データ圧縮とも呼ばれます)は、ファイル全体のサイズを小さくして、大容量ファイルを扱いやすくする方法です。大容量ファイルの共有やダウンロードが簡単になり、ハード ドライブの容量も節約できます。最も一般的なファイル圧縮形式は ZIP と RAR ですが、ARC、ARJ、CAB というものもあります。

ファイル圧縮では、ファイル内の余剰データを削除し、元のデータよりもビット数が少なくなるように情報を変換することで、ファイル サイズを小さくします。ほとんどのファイル圧縮方法はロスレス(可逆圧縮)です。つまり、圧縮中にデータや品質が損なわれることはありません。Mac と Windows のデバイスでは、どちらも OS にファイル圧縮機能が備わっているため、デスクトップ上で簡単にファイルを ZIP 形式のフォルダに圧縮できます。

Dropbox に圧縮ファイル(ZIP、RAR など)をアップロードできますか?

はい。ZIP や RAR などの圧縮ファイルを Dropbox にアップロードできます。たとえば次の操作が可能です。

  • 圧縮ファイルを dropbox.com にドラッグ & ドロップする
  • dropbox.com で[ファイルをアップロード]を使用する
  • デスクトップ アプリを使用してパソコン上の Dropbox フォルダにファイルを移動またはコピーする

Dropbox アカウントに保存されているファイルを解凍したり、RAR ファイルを開いたりするには、どうすればいいですか?

ファイルを解凍するときや、RAR ファイルを開くときは、Dropbox アカウントからパソコンにファイルをダウンロードします。Mac と Windows のデバイスには、どちらもファイル圧縮機能が備わっているため、ZIP や RAR 形式のファイルを初めて開くときに自動で解凍(展開)されます。

Dropbox で大容量ファイルを送信または共有するには、どうすればいいですか?

Dropbox で大容量ファイルを送信または共有するのは簡単です。ファイルを圧縮する必要はありません。Dropbox にファイルをアップロードして共有リンクを作成すれば、チャット、メール、テキスト メッセージで誰にでも送信できます。Dropbox アカウントを持っていなくても、リンクを知っているユーザーなら誰でも共有ファイルの閲覧やダウンロードが簡単にできます。