機能の概要

Dropbox Business の使い方を数分間でマスターしたい方は、記事をお読みになり基本情報を確認してください。


管理コンソールのツアーを見る

Dropbox 管理コンソールの使い方を把握して、効率よくチームを管理しましょう。チーム メンバーシップの管理、アクティビティ レポートの作成、管理者用ダッシュボードでの主要な共有イベントのトラック、2 段階認証などセキュリティ対策の設定をチームに要求できます。

詳細については、管理コンソールの使い方をご覧ください。


フォルダの権限について把握する

Dropbox には、非公開フォルダ、共有フォルダ、チーム フォルダと、3 種類のフォルダがあります。非公開フォルダでは、デバイス間でファイルを同期できます。共有フォルダでは、チーム管理者の承認がなくても、グループで共同作業を行うためのプロジェクト スペースを簡単に作成できます。チーム フォルダはチームがすべての情報を保管し、社内外の関係者が共同作業を行う際に中心となる場所で、管理者がコンテンツを管理します。チーム管理者はチーム フォルダ マネージャーでチーム フォルダの共有状況を設定、監視したり、共有タブですべてのリンクとフォルダの共有権限を設定したりできます。


チームのアクティビティをトラックする

管理者ユーザーは、共有しているユーザー、ログインしているユーザーなどを監視することができます。また、アクティビティ ログをすばやく確認し、特定期間の詳細なレポートを作成するだけでなく、特定メンバーのアクティビティ レポートを抽出することも可能です。

詳細については、チームのアクティビティをトラックするをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。