フォルダを整理する

シンプルなフォルダ構造を構築することで、ファイルを簡単に管理できます。

Dropbox は従来のファイル ソリューションとは異なるため、従来のようにフォルダ構造を構築する必要もありません。Dropbox の設定に「正しい」設定はありませんが、個人またはチームのファイルを整理して保管する際のおすすめの設定をご紹介します。


フォルダの種類を理解する

Dropbox でファイルを保管しておくと、どこからでも作業ファイルにアクセスできるほか、他のユーザーとも簡単に共有できます。

Dropbox で使用できるフォルダの種類は次のとおりです。

  • 未共有: デフォルトでは、すべてのフォルダは共有されていません。共有されていないフォルダは、お客様以外のユーザーが閲覧することはできません。
  • 共有: 共有フォルダは、メンバーが同じファイルで共同編集を行うことができるコミュニティ スペースです。
  • チーム: ビジネス アカウントの管理者のみが作成できる特別な共有フォルダで、チームに参加したユーザーの Dropbox に自動的に表示されます。

フォルダやサブフォルダを共有する

Dropbox では、親フォルダまたはそのサブフォルダのどちらかを共有することはできますが、両方を共有することはできません。上記の図を例としてご覧ください。フォルダ「Holiday Party」とその中にあるサブフォルダの両方が共有されている右側の例は Dropbox ではご利用いただけません。


フォルダを整理する

通常は、アクセスする必要があるユーザー別にフォルダを整理する方法が最も簡単です。下記では、一般的なワークフローに基づいた 2 つのフォルダ構造をご紹介しています。

チーム別に整理する

部署別にフォルダを整理すると、担当業務に関するドキュメントのみチーム メンバーに表示することができます。

プロジェクトやクライアント別に整理する

プロジェクトやクライアントごとに共有フォルダを作成すると、適切なメンバーとのみ共同作業を行うことができ、関係者以外のユーザーがファイルにアクセスしてしまう心配がありません。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。