モバイル アプリをダウンロードする

外出中でもスマートフォンやタブレットからファイルにアクセスできます。

iOS、Android、Windows Phone、Windows タブレット版 Dropbox アプリを利用すると、スマートフォンやタブレットから直接ファイルをプレビュー/編集/共有できるため、Dropbox をさらに有効に活用できます。また、モバイル アプリでは必要に応じてファイルをダウンロードすることができ、お使いのデータ プランや保存容量を無駄に消費することがありません。


アプリをダウンロードする

Dropbox アプリは次のサービスからダウンロードしていただけます。

インストールが完了したら、お使いのメール アドレスとパスワードを使ってログインします。個人用アカウントをビジネス用アカウントにリンクしている場合は、個人用アカウントにもログインできます。


ファイルのプレビューと編集

モバイル アプリは、外出時にファイルをプレビューしたり開いたり、編集する場合に最適です。

ファイルのプレビュー

  • 一般的に、お使いのデバイスでサポートされているファイルは、Dropbox アプリで自動的にプレビューするか、そのファイル形式をサポートしている別のモバイル アプリを使って開くことができます。
  • デバイスごとにサポートされているファイル形式が異なるので、Dropbox のヘルプセンターにアクセスして、お使いのデバイスでサポートされているファイル形式のリストをご確認ください。
  • オフライン アクセスを許可]を選択すると、オフラインでも重要なファイルにアクセスできるようになります。選択したファイルは、オフラインで閲覧できるようにデバイスに保存されます。これらのファイルは、デバイスがオンライン状態になるたびに最新バージョンに更新されます。

ファイルの閲覧と編集

  • Dropbox アプリを使用すると、Dropbox 内に保管されているファイルをデバイス上のその他のモバイル アプリで閲覧したり、エクスポートしたりすることができます。
  • 別のアプリにファイルをエクスポートした場合は、そのアプリを Dropbox と統合しない限り、ファイルに加えた変更内容は Dropbox には反映されない可能性があります。変更内容が Dropbox に反映されるかどうかについては、アプリのドキュメントやサポートでご確認ください。
  • お使いのモバイル デバイスでファイルを開く方法については、こちらをクリックしてご覧ください。

Dropbox で Microsoft Office をお使いになる場合

  • Dropbox は、モバイル(iOS/Android)版 Microsoft Office アプリと完全に統合されています。
  • これにより、Dropbox に保存した Office ファイルを開いたり、モバイル版 Office アプリで編集したり、その編集内容を Dropbox 内のファイルに反映させて保存したりすることが可能です。
  • Dropbox モバイル アプリで Microsoft Office ファイル(ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなど)を開くと、新しい編集ボタンが表示されます。このボタンをタップすると、そのファイルに適した Microsoft Office アプリで直接ファイルを開いて編集することができます。
  • さらに、iPhone や iPad 向け Dropbox アプリから直接 Microsoft Office のファイルを作成できるようになりました(Android でもまもなくご利用いただけるようになります)。

ファイルの共有

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

お問い合わせいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

いただいたフィードバックは、この記事の改善に役立てさせていただきます。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。