Shoes of Prey は女性ユーザーが心に思い描いていた靴を自分でデザインし、オンデマンドでオーダーできるようにしましたが、これを支えているのが生産プロセスの円滑化を実現した Dropbox Business です。

Shoes of Prey(小売業者)

Shoes of Prey の主な成果

大容量の写真と広告素材ファイルの簡単な共有

オーダー プロセスの円滑化

過去と現在の業務データの安全な保管

導入の目的

最高のツールとともに発展

女性向けオーダーメード シューズのオンライン ストアを開設した際に、Shoes of Prey 創業者は楽しいこと、簡単にデザインできること、スムーズなオーダープロセスが成功の鍵だと確信していました。実際にシューズを作るステップ(形、色、サイズ、素材の選択)は固定ですが、同社は表に出ないプロセスもスムーズにしたいと考えました。 本社がシドニーにあった頃から Shoes of Prey は Dropbox を利用して 3D モデル、製品の写真、社内文書などを共有/バックアップし発展してきましたが、無駄のあったワークフローを合理化する上でも Dropbox が役立つことに気がついたのです。共同創業者兼共同 CEO のマイク・ナップ氏は「完全にデジタルに移行する前は、使用済みのコピー用紙をリサイクルして裏面にオーダーを印刷することもありました。しかし、紙の裏表を取り違えて間違ったオーダーで別の靴を作ってしまうこともあり大変でした」と語ってくれました。

「当社の社員が働いている場所は、東京、マニラ、ニューヨーク、LA など多岐に渡ります。ですから、うっかりプレゼンテーション用のファイルを忘れた場合や、あるファイルが今すぐ必要な場合などには、特にモバイル アクセスが重要です。Dropbox Business があれば、何の問題もありません。Dropbox のない業務は、もう考えられません。

Shoes of Prey 共同創業者兼共同 CEO、マイク・ナップ氏

ソリューション

新しいオーダーのルール

Shoes of Prey は Dropbox Business に移行し、このアプリケーションを業務効率の改善に役立てる方法を考えました。たとえば、現在は新しいオーダーを受けると、ウェブサイトが自動的にリクエストを指定した Dropbox フォルダに保存します。そして、完成したシューズを顧客に発送する準備が整うと、写真が別の Dropbox フォルダに保存されます。ここから Shoes of Prey ウェブサイトは写真を顧客のオンライン アカウントにアップロードし、それと並行して、製品の到着前に完成品の写真を確認できるようにメールが生成されます。「Dropbox Business は、当社のビジネスの基幹部分を管理するために使用しています」と、ナップ氏は言っています。 オーダー処理プロセスの中心的な役割を担うほかにも、Dropbox Business はジャーナリストや社外のパートナーと共有する写真やプレスリリースの広報用ハブとしても機能しています。ナップ氏はこう言います。「Dropbox Business は当社の広報活動を支えてきました。高解像度の写真を添付したメールを送信するのではなく、フォルダに保存してリンクを共有するだけで相手に配布できます。非常に簡単になりました。」

「Dropbox Business が提供する API のおかげで、当社のソフトウェア エンジニアも助かっています。ファイルの転送先をルーティングする特別な収集ポイントを構築しなくとも、Dropbox が処理してくれます。」

Shoes of Prey 共同創業者兼共同 CEO、マイク・ナップ氏

導入の効果

グローバルに業務をサポート

従業員が世界各国に散らばり、本社がロサンゼルスにある Shoes of Prey は、業務に必要なファイルに常時アクセスできる環境を構築するために Dropbox Business を使用しています。ナップ氏はこう述べています。「当社の社員が働いている場所は、東京、マニラ、ニューヨーク、LA など多岐に渡ります。ですから、うっかりプレゼンテーション用のファイルを忘れた場合や、あるファイルが今すぐ必要な場合などには、特にモバイル アクセスが重要です。Dropbox Business があれば、何の問題もありません。Dropbox のない業務は、もう考えられません。」 グローバルな拠点で Shoes of Prey の効率良い運営を支える Dropbox Business は、世界中の愛好家が思い描いた靴を提供する上で、大切な役割を担っています。

あなたに合わせた使い方で働き方をシンプルに

または、今すぐご購入いただけます