1. ファイルやフォルダの共有
  2. お支払いとご請求
  3. セキュリティとプライバシー
  4. Dropbox Business
  5. 同期とアップロード
  6. ログインとスタートガイド
  7. デスクトップ アプリと dropbox.com
  8. アカウントの管理
  9. 容量とストレージ
  10. 写真と動画
  11. モバイル
  12. Dropbox Paper

ファイルやフォルダのダウンロードを強制する/dropbox.com でレンダリングを実行する

Dropbox リンクに簡単な変更を加えて、お好きなようにファイルを共有することができます。

ファイルやフォルダのダウンロードを強制する

ブラウザ表示ではなく、ウェブ ブラウザがファイルやフォルダをダウンロードするように設定するには、URL で dl=1 をクエリ パラメータとして使用してください。例:

https://www.dropbox.com/s/a1b2c3d4ef5gh6/example.docx?dl=1

:元の共有リンクの URL にクエリ文字列パラメータがすでに含まれている場合があります(例:dl=0)。その場合はアプリ デベロッパーが URL を適切に解析し、必要に応じてパラメータを追加または編集する必要があります。

ブラウザでファイルをレンダリングする

ブラウザによっては、ファイルを正確に表示できない場合があります。一部のファイル形式は開く代わりにダウンロードすることができますが、HTML 形式などサポートされていないファイル形式もあります。

プレビュー ページを飛ばして、ブラウザでファイルを直接開くようにするには、raw=1 を URL のクエリ パラメータとして使用します。なお、URL に raw=1 を追加すると、HTTP はリダイレクトされます独自のコードでこのような URL を使用しているアプリ デベロッパーは、必ずアプリがリダイレクトに従うようにする必要があります。

詳しくはこちら

Dropbox Basic(無料)ユーザー:2016 年 10 月 3 日より、ウェブ ブラウザで HTML コンテンツをレンダリングする共有リンクの使用が無効になります。Dropbox から直接 HTML コンテンツを表示する方法でウェブサイトを制作している場合、この日付以降はブラウザでコンテンツのレンダリングができなくなります。HTML コンテンツ自体は引き続き Dropbox に残り、共有することもできます。詳しくはこちら

Dropbox Plus と Dropbox Business ユーザー:2017 年 9 月 1 日より、HTML コンテンツのレンダリングが無効になります。

関連トピック: