Dropbox Business チームで削除したユーザーを復元する

Dropbox Business の管理者が誤ってチーム メンバーを削除した場合でも、削除した日から 7 日間以内であればユーザーを復元することができます。ユーザーを復元すると、そのアカウントは以前の状態に戻るため、ユーザーは以前と同じファイルにアクセスしたり、同じ権限を使用できるようになります。

:

  • チーム管理者やユーザー管理者のみが削除したユーザーを復元することができます。Dropbox Business の管理者階層の詳細をご覧ください。
  • アカウントに関係するすべての情報を復元できるように努めますが、復元できないファイルもあります。
  • チーム メンバーのアカウントは削除した日から 7 日以内に限り復元することができます。7 日間を過ぎると、管理者はアカウント移行を使用して新しいチーム メンバーのアカウントにファイルを移行する必要があります。

削除したユーザーを復元した場合に元に戻せるファイルは?

削除されたアカウントをできる限り元の状態に復元するように努めています。復元には共有フォルダ、ファイル、Paper ドキュメント、グループ、すべてのユーザー設定が含まれます。

ただし、すべてのコンテンツや設定の復元を保証することはできません。削除済みユーザーの復元はバックアップ対策としてのみご利用ください。ユーザーを削除するか確かではない場合は、まずユーザーの使用停止機能をご利用ください。

復元できないものはありますか?

一部の機能では、復元されたユーザーが自動的に例外リストに再追加されないことがあります。たとえば、ユーザーがエンタープライズ モビリティ管理(EMM)の例外リストに追加されていた場合、そのユーザーのアカウントを復元後、改めて例外リストに追加する必要があります。

チーム メンバーを復元する

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. メンバー]をクリックします。
  4. メンバーのタイプ]プルダウン メニューをクリックします。
  5. 削除済み]をクリックします。
  6. 復元するユーザー名の横にある歯車のアイコンをクリックします。
    • :復元の対象にならないユーザーもいます。詳細は、この記事の下部までスクロールしてください。
  7. ユーザーを復元する]をクリックします。
  8. 表示されたウィンドウで[復元]をクリックします。

複数のユーザーを復元する場合の手順(Dropbox API を使用)

大人数のユーザーを一度に復元するには、Dropbox Business API をご利用ください。次の 2 つの方法があります。

チーム メンバーを復元するオプションが表示されない場合は?

チーム メンバーの復元オプションが管理者に表示されない場合は、いくつかの理由が考えられます。詳しくは次をご覧ください。

  • ユーザーを削除してから 7 日以上が経過している場合
  • 管理者がすでに削除したユーザーのアカウントでアカウント移行を使用した場合
  • 管理者がそのユーザーを完全に削除した場合
  • Dropbox のサポート チームがそのユーザーをすでに復元した場合
  • 招待されたユーザーが一度もチームに参加していない場合
  • Dropbox API の v.1 を使用しているアプリがユーザーを削除した場合
この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ