Dropbox Business チームで削除したユーザー アカウントを復元する

この記事では、Dropbox Business の管理者が削除済みのチーム メンバーを復元する際の手順について説明しています。Dropbox Business チームに参加されていない場合は、削除したファイルを復元する手順または休止中のアカウントを復元する手順をご覧ください。

Dropbox Business の管理者が誤ってチーム メンバーを削除した場合でも、削除した日から 7 日間以内であれば復元できます。メンバーを復元すると、そのメンバーのアカウントが削除前と同じ状態で再度有効になるため、そのメンバーは以前と同じファイルに同じ権限でアクセスできるようになります。削除したメンバーを復元できるのはチーム管理者とユーザー管理者のみです。

チーム メンバーを復元する

  1. 管理者のアカウント情報を使用して dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. メンバー]をクリックします。
  4. メンバーのタイプ]プルダウン メニューをクリックします。
  5. 削除済み]をクリックします。
  6. 復元するユーザー名の横にある歯車のアイコンをクリックします。
  7. メンバーを復元する]をクリックします。
  8. 表示されたウィンドウで[復元]をクリックします。

復元されるもの

削除したチーム メンバーを復元すると、そのメンバーのアカウントが以前の状態で復元されます(これには、共有フォルダ、ファイル、Paper ドキュメント、グループ、すべてのユーザー設定が含まれます)。ただし、削除したメンバーの復元は補助的な手段として用いるのみにしてください。 

メンバーを削除するかどうか判断に迷う場合は、まずユーザーを使用停止にすることをご検討ください。

復元されないもの

一部の機能では、復元されたチーム メンバーが自動的に例外リストに再追加されないことがあります。たとえば、メンバーがエンタープライズ モビリティ管理EMM)の例外リストに追加されていた場合、アカウントを復元後に、改めて例外リストに追加する必要があります。

Dropbox API を使用して複数のチーム メンバーを復元する

大人数のチーム メンバーを一度に復元するには、Dropbox Business API をご利用ください。次の 2 つの方法があります。

チーム メンバーを復元するオプションが表示されない場合

チーム メンバーの復元オプションが管理者に表示されない場合は、いくつかの理由が考えられます。詳しくは次をご覧ください。

  • メンバーを削除してから 7 日以上が経過している場合。7 日間を過ぎると、管理者はアカウント移行を使用して新しいチーム メンバーのアカウントにファイルを移行できます。
  • 管理者がすでに削除したメンバーのアカウントでアカウント移行を使用した場合。
  • 管理者がそのメンバーを完全に削除した場合。
  • Dropbox サポートがメンバーを復元した場合。
  • 招待されたメンバーが一度もチームに参加していない場合。
  • Dropbox API の v.1 を使用しているアプリでメンバーを削除した場合。

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    サポートへのお問い合わせ