スマート シンク

この記事では、Dropbox ProfessionalDropbox Business のお客様がご利用いただける機能について説明しています。

スマート シンクは、ハード ドライブの容量を節約できる Dropbox の機能です。パソコンから Dropbox に保存されているすべてのファイルとフォルダにアクセスでき、ハード ドライブの容量はほとんど消費しません。スマート シンクは Dropbox Professional のお客様と Dropbox Business チームのメンバーが利用できる機能です。スマート シンクの機能は次のとおりです。

  • 個別のファイルやフォルダがオンラインのみで利用できるのか、パソコンでローカルに保存されるのかを選択する
  • あなたと共有済みの新しいファイルとフォルダのデフォルトの同期設定を選択する

スマート シンク機能をご利用いただくと、パソコンのコンテンツはオンラインのみに保存、ローカルに保存、またはそれらのファイルが混在しているフォルダのいずれかの状態で利用できます。

オンラインのみのコンテンツ アイコン

オンラインのみのコンテンツ

オンラインのみのコンテンツはパソコン上の Dropbox フォルダ内に表示されますが、ファイル サイズと同じ容量を使用するわけではありません。ファイルが表示されますが、必要になるまでコンテンツはダウンロードされません。ファイル名、場所、ファイルの更新日など、ファイルに関する情報のみダウンロードされます。

ローカル コンテンツのアイコン

ローカル コンテンツ

ローカル コンテンツはパソコンのハード ドライブにダウンロード、保存されます。このローカル コンテンツのファイルは、パソコンのアプリケーションから直接編集できますが、Dropbox にはコンテンツがバックアップされています。

ファイルが混在しているフォルダのアイコン

ファイルが混在しているフォルダ

ローカル コンテンツとオンラインのみのコンテンツが混在しているフォルダです。


スマート シンクの利用を開始する

スマート シンクの利用開始:

  • パソコン上の Dropbox フォルダにすでに保存されているファイルには変更はありません。
  • 新しいコンテンツは自動的にオンラインのみになりますが、作成者やチーム管理者が異なる設定を選択することも可能です。

注:スマート シンクを利用するには、パソコンに Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールしてください。

ご利用のオペレーティング システムをクリックし、スマート シンクの使い方をご覧ください。

Mac

コンテンツをオンラインのみに保存する方法

  1. パソコンで Dropbox フォルダを開きます。
    1. メニュー バーで Dropbox アイコンをクリックします。
    2. フォルダ アイコンをクリックします。
    3. フォルダを開く]を選択します。
  2. オンラインのみに設定するコンテンツを参照します。
  3. ファイルまたはフォルダを Ctrl キーを押しながらクリックするか、右クリックします。
  4. スマート シンク]をクリックします。
  5. オンラインのみ]をクリックします。

コンテンツをオンラインのみにする
コンテンツをオンラインのみにする

オンラインのみのコンテンツとパソコンを同期する方法

いつも通りにアプリケーションや Finder でファイルを開くことができます。ファイルを開くと、Dropbox がファイル全体をパソコンにダウンロードします。

ファイルやフォルダをすぐに開かずに同期するには、ローカルに設定します。

  1. パソコンで Dropbox フォルダを開きます。
    1. メニュー バーで Dropbox アイコンをクリックします。
    2. フォルダ アイコンをクリックします。
    3. フォルダを開く]を選択します。
  2. オンラインのみに設定するコンテンツを参照します。
  3. ファイルまたはフォルダを Ctrl キーを押しながらクリックするか、右クリックします。
  4. スマート シンク]をクリックします。
  5. ローカル]をクリックします。

新しいコンテンツのデフォルト設定を選択する方法

  1. メニュー バーで Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコンをクリックして、メニューで[基本設定...]をクリックします。
  3. 同期]をクリックします。
  4. Dropbox アカウント(ビジネス用)を選択します。
  5. スマート シンク デフォルト]の設定を変更します。
    • 管理者デフォルト:チーム管理者が選択したデフォルト設定になります。
    • ローカル:新しいコンテンツがすべてパソコンにダウンロードされます。
    • オンラインのみ:必要なときには手動でパソコンにファイルをダウンロードすることができます。

Windows

コンテンツをオンラインのみに保存する方法

  1. パソコンで Dropbox フォルダを開きます。
    1. システム トレイで Dropbox アイコンをクリックします。
    2. フォルダ アイコンをクリックします。
    3. フォルダを開く]を選択します。
  2. オンラインのみに設定するコンテンツを参照します。
  3. ファイルまたはフォルダを右クリックします。
  4. スマート シンク]をクリックします。
  5. オンラインのみ]をクリックします。

コンテンツをオンラインのみにする
コンテンツをオンラインのみにする

オンラインのみのコンテンツとパソコンを同期する方法

いつも通りにアプリケーションや Windows Explorer でファイルを開くことができます。ファイルを開くと、Dropbox がファイル全体をパソコンにダウンロードします。

ファイルやフォルダをすぐに開かずに同期するには、ローカルに設定します。

  1. パソコンで Dropbox フォルダを開きます。
    1. システム トレイで Dropbox アイコンをクリックします。
    2. フォルダ アイコンをクリックします。
    3. フォルダを開く]を選択します。
  2. オンラインのみに設定するコンテンツを参照します。
  3. ファイルまたはフォルダを右クリックします。
  4. スマート シンク]をクリックします。
  5. ローカル]をクリックします。

新しいコンテンツのデフォルト設定を選択する方法

  1. システム トレイで Dropbox アイコンをクリックします。
  2. 歯車のアイコンをクリックして、メニューで[基本設定...]をクリックします。
  3. 同期]をクリックします。
  4. Dropbox アカウント(ビジネス用)を選択します。
  5. スマート シンク デフォルト]の設定を変更します。
    • 管理者デフォルト:チーム管理者が選択したデフォルト設定になります。
    • ローカル:新しいコンテンツがすべてパソコンにダウンロードされます。
    • オンラインのみ:必要なときには手動でパソコンにファイルをダウンロードすることができます。

スマート シンクのシステム要件は?

スマート シンクをご利用いただくには、Microsoft Windows 7 以上または Mac OSX 10.9 以上が必要です。

スマート シンクがハード ドライブの容量を解放するのにかかる時間

通常、ファイルをオンラインのみに設定すると、数分以内に容量を解放できます(パソコンがインターネットに接続されていて、Dropbox に同期できる場合)。ただし、macOS 10.13(High Sierra)に関しては制限があることがわかっています。

Apple のオペレーティング システム macOS 10.13(High Sierra)は APFS という最新のファイル システムを採用しています。APFS では、OS がファイル システムと利用可能なハード ドライブ容量のスナップショットを取ります。Dropbox ファイルをオンラインのみに設定するスマート シンクを利用した後に、これらのスナップショットが更新されないことがあります。つまり、スナップショットが更新されないと、スマート シンクで解放したハード ドライブの容量が直ちに反映されなかったり、その容量を利用できなかったりすることがあるのです。

このハード ドライブの容量は最終的には OS によって解放されますが、それにかかる時間は状況によって異なります。これは Dropbox が原因の挙動ではなく、macOS の設計が原因の挙動です。

フォルダで選択型同期を利用していますが、どうすれば選択型同期をしているコンテンツをオンラインのみにできますか?

フォルダの選択型同期の設定を変更する手順に従ってください。フォルダの選択型同期が解除されると、自動的にオンラインのみのフォルダになります。

ファイルをオンラインのみに変更すると、Dropbox からファイルが削除されますか?

いいえ、オンラインのみに設定したファイルが Dropbox から削除されることはありません。ファイルをオンラインのみに設定すると、そのファイル コンテンツはパソコンから削除されます。ただし、その完全なファイルはオンラインの Dropbox アカウントおよび他のデバイスで引き続き利用することができます。

オンラインのみのファイルは、ローカルのハード ドライブの容量を消費しますか?

オンラインのみのファイルは、ファイル名やサイズなど、ファイルに関する情報を保存するためにハード ドライブ上の容量を少しだけ消費します。ファイル全体を保存するより使用容量が少なくなります。

インターネットに接続していない時でもオンラインのみのコンテンツにアクセスできますか?

いいえ、オンラインのみのコンテンツは、ローカルのパソコンには保存されていません。オンラインのみのコンテンツにアクセスするには、インターネットに接続してください。

Dropbox フォルダ内でオンラインのみのファイルを移動することができますか?

はい、デバイス上の Dropbox フォルダ内でオンラインのみのコンテンツを移動し、その移動内容を他のデバイスへ同期することができます。オンラインのみのコンテンツをローカルの Dropbox フォルダ外に移動すると、その場所にコンテンツをダウンロードします。

オンラインのみのファイルを削除したりゴミ箱に移動したりすると、どうなりますか?

オンラインのみのファイルに対する操作は、ご自分の Dropbox アカウントとそのファイルを共有している他のユーザーとも同期します。パソコンに保存されているわけではないため、そのファイルのコンテンツがパソコンのごみ箱に入ることはありません。削除したファイルはオンラインの Dropbox アカウントから復元できます。

ファイル復元の詳細については、こちらをご覧ください。

デスクトップ検索機能を使用してオンラインのみのファイルやその内容を検索できますか?

デスクトップ検索では、オンラインのみのファイルとフォルダの名前を検索することができます。ただし、オンラインのみのファイルには完全なコンテンツは含まれないため、デスクトップ検索でファイルの内容を検索することはできません。

デバイスごとに異なるスマート シンク設定を使用することは可能ですか?

はい、スマート シンクは Dropbox にリンクするデバイスごとに設定できます。

オンラインのみのフォルダ内に、ローカルにあるファイルを保存できますか?

はい、オンラインのみのフォルダでは、そのフォルダ内のファイルを個別にダウンロードすることができます。

Dropbox から削除しないまま、デバイスからコンテンツを完全に削除することはできますか?

はい、デバイスにファイルを表示させたくない場合は、選択型同期を使用できます。選択型同期の場合、デスクトップ アプリケーションに表示させるファイルとオンラインのみで表示させるファイルにわけて選択できます。

個人用アカウントでスマート シンクを使用することは可能ですか?

スマート シンクは Dropbox Professional と Dropbox Business のすべてのお客様がご利用いただけます。ただし、個人用アカウント(Basic または Plus)を Business アカウントにリンクした場合、その個人用アカウントではスマート シンクを利用できません。

スマート シンクを有効にするには、ドライバーをインストールする必要がありますか?

はい。スマート シンクとオペレーティング システムのファイル システムを統合するには、ドライバー(またはシステム拡張)を有効にする必要があります。

Mac や Windows は、マウスやプリンターなどの周辺機器と通信する際に通常、ドライバーを使用しています。Dropbox のドライバーをインストールすると、ファイルを開いたときに Dropbox クライアントがファイル システム上のファイルと同期できるようになります(オンラインのみのコンテンツの場合)。このドライバーはスマート シンクとのインテグレーションに必要な機能を提供するためにのみ、開発されました。動作対象となるのは、Dropbox の保存場所にあるファイルのみです。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答