別の共有フォルダ内のフォルダを共有する

Dropbox Business

Dropbox Business メンバーは、チーム フォルダ内に限りサブフォルダを共有できます。

Dropbox Basic と Pro

Dropbox Basic と Dropbox Pro のユーザーが別の共有フォルダ内のフォルダを共有することはできません。代わりに、サブフォルダ内の共有権限を設定することをおすすめします。

次の例をご覧ください。

「マーケティング用プロジェクト」というフォルダがあると仮定します。このメイン フォルダ内には「予算」フォルダと「ウェブサイト」フォルダといった 2 つのサブフォルダがあり、各フォルダにはそれぞれ別のグループがアクセスするとします。

この場合、予算についての情報を必要とするユーザーを「予算」フォルダに招待し、ウェブサイトで作業する別のユーザーを「ウェブサイト」フォルダに招待します。「マーケティング用プロジェクト」フォルダはあなた以外には表示されません。つまり、ルート フォルダである「マーケティング用プロジェクト」は共有されません。下の図の右下でこの共有状況をわかりやすく示しています。


推奨する共有フォルダの設定

関連トピック:

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ