Dropbox Paper ドキュメントを共有し、アクセス権限を変更する

個人用の Paper ドキュメントを他のユーザーと共有する方法は 2 種類あります。

  • ドキュメントの上部にある[招待]ボタンを使用する
  • Dropbox 共有リンクを送信するのと同じ要領でドキュメントへのリンクを送信する

詳しくは、Paper フォルダを使った共有共有の通知をご覧ください。

[招待]ボタンを使用して共有する

  1. Paper ドキュメント上部にある青色の[招待]ボタンをクリックします。
  2. 共有相手(複数可)のメール アドレスを入力して、必要に応じてメッセージを追加します。
  3. 共有相手の権限を選択します。
    • コメント可能]を選択すると、他のユーザーがコンテンツにコメントを追加することができます。
    • 編集可能]を選択すると、他のユーザーがコンテンツを直接追加、編集、削除することができます。また、他のユーザーをドキュメントに招待することもできます。
  4. 送信]ボタンをクリックします。

注:ユーザーが追加したメール アドレスに招待を送信すると、そのユーザーのメインのメール アドレスが[招待]プルダウン メニューに表示されます。

チーム内で共有する

社内でドキュメントを共有する方法はいくつかあります。

  • ドキュメントを Paper の新しいフォルダまたは既存のフォルダに追加する
    • ドキュメントをフォルダに追加すると、自動的に社内全体で閲覧可能になり、フォルダ ビューからドキュメントにアクセスできるようになります。
  • ユーザーをドキュメントの閲覧または編集に招待する
    • 他のユーザーに編集権限を付与すると、そのユーザーが別のユーザーをドキュメントに招待できるようになります。
  • 共有パネル(青色の[招待]ボタンをクリックしたときに表示される画面)でメーリング リストを入力して、人数の多いグループとドキュメントを共有する
  • ドキュメントへのリンクをメール アプリやチャット アプリで他のユーザーに送信する(Dropbox の共有リンクと同じ)
    • ドキュメントへのリンクが無効になっていると、このオプションは利用できません。

チーム外のユーザーとドキュメントを共有する

次の条件に当てはまる場合は、チーム外のユーザーともドキュメントを共有できます。

  • 共有するドキュメントの作成者である、または他のユーザーが作成したドキュメントの編集権限を所有している
  • チーム管理者がチーム外との共有を有効にしている

両方に当てはまる場合、[招待]ボタンを使用して、チーム外のメンバーをドキュメントの閲覧や共同作業に招待することができます。リンク アクセスが有効になっていれば、リンクを送信することもできます。受信者が Dropbox Paper アカウントを持っていない場合は、ドキュメントを閲覧する前にアカウント作成画面が表示されます。

チーム管理者は、こちらでチームの設定を変更する方法をご覧ください。

リンク アクセスを無効にする

デフォルトでは、新しいドキュメントは未共有および非公開です。他のユーザーとドキュメントの共有を開始すると、リンク アクセスを無効にすることで、共有を制限することができます。これにより、招待したユーザーのみがドキュメントにアクセスできるようになります。

  1. 青色の[招待]ボタンをクリックします。
  2. リンクの権限設定の横にある[リンクの設定]をクリックします。
  3. 招待したユーザーのみがアクセスできるよう、ドキュメントの共有設定を切り替えます。
  4. リンクを知っているユーザーの権限を、[編集可能]または[コメントのみ可能]から選択します。
  5. 青色の[完了]ボタンをクリックします。

ドキュメントからユーザーを削除する

ドキュメントの作成者または編集者であれば、特定のユーザーを削除することができます。リンク アクセスが有効になっていると、リンクを知っているユーザーは削除された後もドキュメントに引き続きアクセスできますのでご注意ください。ただし、ドキュメントの権限を[招待制]に設定している場合、削除されたユーザーはドキュメントにアクセスできなくなります。

ドキュメントからユーザーを削除する方法は次のとおりです。

  1. Paper ドキュメントの上部にある青色の[招待]ボタンをクリックします。
  2. 関連するユーザーが表示されるまで下方向にスクロールします。
  3. ユーザーの名前の横にある共有設定のプルダウン メニューをクリックします。
  4. 削除]ボタンをクリックします。

Paper ドキュメントのデフォルト許可

新たに作成した Paper ドキュメントには作成場所により、その許可がデフォルトで設定されています。ドキュメントのタイプは次のとおりです。

  • 未整理:未整理ドキュメントがフォルダにない場合
  • フォルダに保存済み:フォルダは招待者のみまたはチーム フォルダ用にすることができます(チーム フォルダは Dropbox チームでのみ利用可能) 

各ファイルまたはフォルダの権限を変更するには、ドキュメントで[招待]をクリックするか、フォルダで[共有]をクリックします。

デフォルト設定によるドキュメントの権限は Dropbox ユーザーのタイプ、そしてドキュメントの保存場所により異なります。

チームメンバー

 

未整理(フォルダに保存されていない)

チーム フォルダ

招待制のフォルダ

検索/ブラウズでこのドキュメントを探せないユーザーは?

ドキュメントの作成者のみ

チーム メンバー全員

フォルダのメンバー全員

リンクを所有している場合、どのユーザーがドキュメントを開くことができますか?

チーム メンバー全員

チーム メンバー全員

チーム メンバー全員

許可のタイプは?

編集可能

編集可能

編集可能


個人用ユーザー

 

未整理(フォルダに保存されていない)

フォルダ

検索/ブラウズでこのドキュメントを探せないユーザーは?

ドキュメントの作成者のみ

フォルダのメンバー全員

リンクを所有している場合、どのユーザーがドキュメントを開くことができますか?

全員

全員

許可のタイプは?

編集可能

編集可能

デフォルト設定による許可を変更する

チーム管理者

Dropbox Business チームの管理者は Paper ドキュメントのデフォルトによるプライバシー設定を変更することができます。 

  1. 管理者用のアカウントで dropbox.com にログインします。
  2. 管理コンソール]をクリックします。
  3. 設定]をクリックします。
  4. Paper] をクリックします。
  5. デフォルトの Paper ドキュメント プライバシー]の横にあるオプションで[全員]または[チームのみ]を選択します。
  6. 保存]をクリックします。

個人用ユーザーとチーム メンバー

ドキュメントのデフォルト設定による許可を変更する方法はありません。各ファイルまたはフォルダの権限を変更するには、ドキュメントで[招待]をクリックするか、フォルダで[共有]をクリックします。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答