Dropbox で安全なパスワードを設定する方法

Dropbox を始めとしてオンラインをご利用いただく上で、ユーザー全員が安全性の向上を図ることを強くおすすめします。以下は、オンライン アカウントの安全性を維持するための一般的で簡単なパスワードによる保護方法です。

各サービスで固有のパスワードを使用するには

最も安全な方法は、ご利用になる各サービスに固有のパスワードを選択し、パスワードを安全に保管することです。同じパスワードを 1 つ以上のウェブサイトでお使いになったことがある場合は、各ウェブサイト向けに新しい固有のパスワードを作成することをおすすめします。

1Password のようなツールは、複数のサイトで強力なパスワードを管理する際に役立ち、アカウントの安全性が高まります。

2 段階認証を有効にする

2 段階認証を使えば、アカウントにもう 1 つセキュリティ機能を追加することができます。Dropbox にログインするごとに、スマートフォンに送信されたコードまたは Dropbox がサポートしている Google Authenticator などのモバイル版アプリが生成したワンタイム パスワードのコードを入力するように促されます。未認証アクセスからアカウントを保護するために、非常に効率的なセキュリティ対策です。2 段階認証を有効にするにはヘルプセンター記事をご覧ください。

強力なパスワードを作成しテストするには

強力なパスワードは覚えやすく推測するのが難しいものです。耳慣れない言葉を使うこともできますが、その場合は複数の言葉を組み合わせることをおすすめします。以下を参考にしてください。

  • 大文字を混在させる(例:「uPPercasing」)
  • スペルを変える(例:「spellllllling」)
  • 他の人が使わない言葉を使う
  • 数字や記号を混在させる(注:「s」の代わりに「$」、「o」の代わりに「0」はよく使用されるので、セキュリティを高めるには十分とは言えません)。

Dropbox パスワードの強度チェックについては、こちらでテストすることができます。

パスワード強度

Dropbox パスワードの強度チェックについては、Dropbox 技術ブログをご覧ください。

定期的にパスワードを変更する

パスワードの安全性を維持する別の方法は、新しいパスワードをお使いになることです。パスワードを定期的に変更し、以前のパスワードを繰り返しお使いにならないことをおすすめします。

関連トピック:

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ