ファイルのバージョン履歴

Dropbox はユーザーのファイルのバージョン履歴を 30 日間保存します。Dropbox Business や Dropbox Plus でエクステンデッド バージョン履歴をご利用の場合は、さらに長く Dropbox でファイルのバージョン履歴を保存することができます。この記事では、ファイルで行った操作がどのようにバージョン履歴に記録されるのかをご説明します。

オフライン ファイルの編集内容はバージョン履歴で表示されますか?

オフライン状態でファイルを編集している時には、バージョン履歴は更新されません。

たとえば、インターネットに接続していない時にテキスト ファイルを何回か編集して保存した場合、そのファイルのバージョン履歴に複数回の編集内容が別々に表示されることはありません。デバイスがオンラインになると、オフラインで編集した内容は、そのファイルの最新バージョンとして同期されます。前のバージョンのファイルを使用する可能性がある場合は、デバイスがオンラインの時のみ編集することをおすすめします。

ファイル名を変更した場合

ファイル名を変更しても、そのファイルのバージョン履歴が引き続き記録され、ファイル名の変更もイベントとして表示されます。その後のファイルのバージョンには新しいファイル名が反映されます。

ファイルを移動した場合

ファイルのバージョン履歴のページには、ファイルの移動イベントと移動先のフォルダが表示されます。

ファイルを共有した場合

そのファイルのバージョン履歴が引き続き記録され、新しいフォルダへのファイル移動が共有イベントとして表示されます。

ファイル名の変更前またはファイルの移動前に復元したファイルについて

移動前または名前を変更する前のバージョンにファイルを復元すると、前のバージョンはそのファイルの現在の名前と現在の場所で復元されます。

次の 2 件の例をご覧ください。

  • 移動した場合: draft.txt という名前のファイルが「下書き」フォルダにあるとします。この draft.txt を「完了」フォルダに移動します。その後、ファイルを移動する前の draft.txt のバージョンに復元する場合、前のバージョンの draft.txt は「完了」フォルダ内の現在の場所で復元されます。
  • 名前を変更した場合: draft.docx というファイルを finished.docx という名前に変更したとします。その後、名前を変更する前のバージョンに復元する場合、前のバージョンは現在のファイル名 finished.docx で復元されます。

ファイルの前のバージョンをプレビュー/復元できますか?

はい、dropbox.com でファイルのバージョン履歴をご覧ください。そこで前のバージョンのプレビューを表示したり、復元するバージョンを選択したりできます。

dropbox.com でバージョン履歴をプレビュー/復元する

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 前のバージョンを表示するファイルを選択します。
  3. ファイル名を右クリックします。
  4. バージョン履歴]をクリックします。
  5. バージョンを 1 つ選択してプレビュー表示します。
  6. 前のバージョンを復元するには、[復元]ボタンをクリックします。

プレビューと復元

Dropbox デスクトップ アプリケーションからバージョン履歴にアクセスする

Windows

Windows でバージョン履歴にアクセスする

  1. ファイルを右クリックします。
  2. Dropbox のサブメニューにカーソルを合わせて、[バージョン履歴]をクリックします。
  3. 上記の dropbox.com の手順に従って前のバージョンに戻すか、誤って削除してしまったファイルの削除を取り消します。

Mac

Mac でバージョン履歴にアクセスする

  1. キーボードの Ctrl キーを押しながら、同時にファイルをクリックします。
  2. バージョン履歴]を選択します。
  3. 上記の dropbox.com の手順に従って前のバージョンに戻すか、誤って削除してしまったファイルの削除を取り消します。

Linux

Linux でバージョン履歴にアクセスする

  1. ファイルを右クリックします。
  2. バージョン履歴]を選択します。
  3. 上記の dropbox.com の手順に従って前のバージョンに戻すか、誤って削除してしまったファイルの削除を取り消します。

バージョン履歴はすべてのファイル形式に対応していますか?

Dropbox では、すべてのファイル形式でバージョン履歴が保存されますが、アプリケーション バンドルを含むフォルダのバージョン履歴は保存されません。アプリケーション バンドルは、ファイルのように見えるフォルダです。一般的なアプリケーション バンドルは、末尾が .key、.pages および .app のものです。この形式のフォルダを Dropbox に保存している場合、バージョン履歴が保存されないことにご注意ください。

バージョン履歴の保存期間

ご利用のプランまたは購入したエクステンデッド バージョン履歴で、バージョン履歴が保持されて利用できる期間のことを「バージョン履歴の保存期間」と言います。

ファイルを作成し、ご自分のバージョン履歴の保存期間が過ぎてからそのファイルを編集した場合、この最近編集したバージョンのファイルのみを復元することができます。

たとえば、myfile.docx というファイルがあり、バージョン履歴の保存期間が 30 日間だったとします。1 月 1 日に myfile.docx を作成し、3 月 1 日にそのファイルを編集した場合、ご利用の Dropbox アカウントで復元可能なのは 3 月 1 日のバージョンのみとなります。

  • これは、元のバージョンの作成日(1 月 1 日)から編集日(3 月 1 日)の間に、バージョン履歴の保存期間の 30 日間が経過してしまったからです。
  • 3 月 1 日に編集したバージョンは、またファイルを編集して 3 月 1 日から 30 日間が過ぎるまでは復元可能となります。
この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ