選択型同期の利用方法

選択型同期は、Dropbox アカウントからファイルやフォルダを削除せずにハード ドライブの容量を節約できる機能です。

Dropbox アカウントからファイルを削除する場合はこちらをご覧ください。

選択型同期の仕組み

パソコンの Dropbox アプリにファイルをアップロードすると、通常は自動的にオンラインの Dropbox アカウントとハード ドライブの両方に保存されます。選択型同期では、特定のフォルダを選択してハード ドライブから削除できますが、オンライン アカウントにはそのフォルダを引き続き保管することができます。

あまりアクセスしないファイルやフォルダに選択型同期を使用することをおすすめします。

Dropbox Pro または Dropbox Business ユーザーの場合、選択型同期よりも高度なカスタマイズが可能なスマート シンクをご利用いただけます。

選択型同期をオンにする方法

選択型同期をオンにすると、ハード ドライブから削除するファイルを選択できるようになります。これらのファイルには dropbox.com のアカウント上で引き続きアクセスできます。 

  1. パソコンで Dropbox アプリを使用していることを確認します。dropbox.com には選択型同期オプションがありません。
  2. パソコンのデスクトップ上で並んでいるアイコンの中から Dropbox アイコンをクリックします
    • Linux では、Dropbox アイコンを表示するために最初に[](上向き矢印)をクリックしなければならない場合があります。
  3. 歯車のアイコンをクリックします。
  4. メニューで[基本設定...]を選択します。
    • Linux の場合は歯車アイコンは表示されないため、[基本設定]をクリックしてください。
  5. 同期]をクリックします。
  6. 選択型同期...](Linux と Windows の場合)をクリックするか、[同期するフォルダを選択](Mac の場合)をクリックします。
  7. パソコンのハード ドライブ上に必要ないフォルダの左側にあるチェックマークをオフにします。オフにしても dropbox.com 上で引き続き利用できます。
    • 注:緑色のチェックマークが付いたフォルダは、現在パソコンにダウンロードされています。
  8. 設定が完了したら、[更新]をクリックします。

共有フォルダのチェックボックスをオフにした場合

共有フォルダのチェックボックスをオフにすると、パソコンとの同期が解除されます。その場合、サブフォルダ内のアイテムの同期もすべて解除されます。 

それでも、その共有フォルダのメンバーであることには変わりないので、dropbox.com の自分の Dropbox アカウントにはフォルダが表示されます。共有フォルダはそのフォルダの他のメンバーの間ではアクティブな状態のままとなります。 

共有フォルダから外れるには、dropbox.com で共有フォルダへのアクセスを中止するか、共有フォルダの所有者である場合はフォルダの共有を解除してください。

「選択型同期の競合」などのエラー メッセージが表示される場合

選択型同期にまつわる一般的な問題の解決方法をご覧ください。

 

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答