Castle Brands は Dropbox Business を活用してセールス担当者と顧客に最新のマーケティング資料をシェアした結果、販売代理店との関係を改善し、セールス活動に注力できるようになりました。

Castle Brands - 酒類製造販売会社

Castle Brands の主な成果

全社規模の Dropbox モバイルアプリの導入

セールス担当者からマーケティング部門へのファイル リクエストが 100% 減少

社内データを管理するセキュリティの強化

導入の目的

伝統で凝り固まった業界に革新性を持ち込む

世界的に有名な酒類製造販売会社 Castle Brands は、Pallini Limoncello や Goslings Rum など良質のスピリッツとリカーを販売店に届けるために全力を尽くしています。他とは一線を画す独特な商品ラインナップのおかげで、ニューヨークを拠点とする Castle Brands は業界でも特に急成長を遂げているサプライヤーになっています。 しかし、同社は、更なる成長に向けて、効率の悪い従来のテクノロジーから脱却する必要性を感じていました。これまでマーケティング部門では、販売代理店を訪問する際にノートブック PC に加えてプロモーション資料が詰まった分厚いバインダーも持ち歩いていました。当然、ビデオなどの説得力のあるマーケティング用アセットの利用は制限されてしまいます。電子メールの活用へとシフトしましたが、大量の添付ファイルの中に必要な情報が埋もれてしまい、安定にはほど遠い VPN 経由でアクセスするのも大変でした。セールス担当者は見つからない画像をマーケティング部門に再送するようリクエストし、お客様の貴重な時間を無駄にしていました。IT 部門ディレクトリのアンドレ・プレオティアサ氏は「電子メールは便利なツールですが、何でもメールで解決しようとするのは最悪の方法です」と言っています。同社は、従業員の共同作業を容易にするため、クラウドに移行することに決めました。そこで白羽の矢が立ったのが、社外のパートナーともファイルを簡単に共有できる Dropbox Business です。また、エンタープライズ レベルのセキュリティ機能と iPad 用 Dropbox モバイル アプリの直感的なインターフェースも採用の決め手となりました。「テクノロジーに明るくないユーザーでも使いこなせるソリューションで、Active Directory フェデレーション サービスとの統合といったエンタープライズ クラスの機能性も備えています」と、プレオティアサ氏は Microsoft のシングル サインオン ソフトウェアとの統合についても言及しています。 「Dropbox Business は私たちに最適なソリューションでした。」

ソリューション

営業担当者に主な販促用アセットを配信

Castle Brands の優秀なセールスおよびマーケティング担当者は、顧客(小売店に同社のスピリッツとリカーを卸す代理店)とのファイル共有に Dropbox Business を多用しています。「従業員だけでなく、顧客にとっても可能な限り簡単でなければなりません」とプレオティアサ氏は述べます。同社は、最新のラムやウイスキーについての販促資料とともに高解像度の画像と動画を容易に共有するために共有リンクを使用しています。また、最新の価格情報を記載した PDF をすばやく配布するためにもリンクを利用しています。「ロゴ、プレゼンテーション、スプレッドシートには常に何かしら更新があるものです。今では Dropbox フォルダのコンテンツに直接更新を加えれば、セールス担当スタッフが常に最新情報を参照することができます」と、マーケティング部門経理担当のドナ・ヒバート氏が言っています。マーケティング部門は新しい資料をセールス用の共有フォルダに追加するだけです。最新資料をアップロードすると、セールス担当者のデバイス画面にすぐに通知が表示されます。「セールス担当者が『ドナさんが 20 件の新しいファイルを追加しました』という通知を確認した後、『新しいテイストのバーボンをチェックしてみてください。こちらで新しい画像をすべて確認できます』と顧客にすすめることができます」と、ヒバート氏が言います。どのフォルダにも iOS 版 Dropbox アプリからアクセス可能なので、セールス担当者は顧客先でもスムーズに画像や動画を見せられます。「Dropbox はまるで最初から iPad 用に開発されているみたいに、直感的で使いやすく、信頼できるアプリです」とプレオティアサ氏は述べています。

導入の効果

潜在的なセールスの妨げとなっていた障害を排除

Castle Brands が Dropbox Business を導入したことで、従業員は情報の共有方法について頭を悩ませることがなくなり、顧客に最高のサービスを提供することに集中できるようになりました。セールス担当者からマーケティング部門に資料をリクエストするのが 100% 減少し、同社では共有フォルダで何でも参照できます。 「マーケティング資料を更新して保存するだけです。コンテンツの保存場所を聞かれることもなくなりました。Dropbox のおかげで業務効率が大幅にアップし、自分の時間をブランドの訴求力を上げるために有効に使えるようになりました」と、ヒバート氏は言っています。プレオティアサ氏によると、従業員は予想よりも早く Dropbox Business に慣れて、それぞれのタブレットでソリューションを使いこなしているそうです。「当社のビジョンの 1 つは、完全なモバイル化です。Dropbox Business を使えば、従業員の効率性がアップし、今までは無理だったかたちで流通パートナーに新商品のセールストークができるようになりました」と、プレオティアサ氏はまとめています。

あなたに合わせた使い方で働き方をシンプルに

または、今すぐご購入いただけます