アカウント移行の対象アイテムについて

Dropbox Business のアカウント移行機能を利用すると、管理者はチームの元メンバーの Dropbox にあるすべてのフォルダとファイルを別のメンバーの Dropbox に移行することができます。共有フォルダの関係も移行対象になります。たとえば、チームから外れたメンバーが共有フォルダを所有していた場合、そのフォルダの所有権は受取人に移行します。共有リンクなどのその他のアイテムは移行の対象になりません。移行されるアイテムと移行されないアイテムについては、次のリストをご参照ください。

移行されるアイテム:

  • すべての既存フォルダとファイル
  • すべての削除済みファイル
  • チームの元メンバーが所有していた共有フォルダの所有権
  • Dropbox Business チームの他のメンバーが所有する共有フォルダのメンバーシップ
  • サードパーティ製アプリケーション データを含むアプリ フォルダのコピー

移行されないアイテム:

  • アカウント移行でグループを移行することはできません。アカウントの管理者やグループのメンバーは、新しいチーム メンバーを手動でグループに追加する必要があります。
  • 元メンバーが作成した共有リンク(リンクは無効になります)
  • 以前のバージョンのファイル
  • Dropbox Business チーム外のユーザーが所有する共有フォルダのメンバーシップ(移行できるのはフォルダのコピーのみです)
  • データストア(一部のサードパーティ製アプリがデータを保管するために使用するデータ形式)

注: メンバーのアカウントが削除されてからしばらくした後でアカウント移行を行う場合は、メンバーのアカウントが削除された時点ではなく、移行する時点でのフォルダのコンテンツが移行対象となります。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      Contact support