​​共有フォルダを利用して、ファイルの編集権限を他のユーザーに付与する

フォルダを他のユーザーと共有して、Dropbox のファイルの編集権限をそれらのユーザーに付与することができます。Dropbox 内のフォルダに他のユーザーを招待すると、そのフォルダは共有フォルダになります。共有フォルダのコンテンツに加えた変更内容は、そのフォルダのアクセス権を持つユーザー全員と同期されます。

共有フォルダに招待する相手ユーザーには、閲覧権限と編集権限のどちらかを付与できます。共有フォルダの編集権限を付与されたユーザーは、次の操作を行えます。

  • ファイルの閲覧
  • ファイルにコメント
  • ファイルの編集

フォルダを共有できない場合は、共有フォルダの問題の解決方法をお試しください。

Dropbox をまだご利用いただいていない場合は、フォルダを簡単に共有できる Dropbox の機能についての記事をご参照ください。

この記事内のセクション:

フォルダの編集権限を付与する方法

フォルダの編集権限を付与するには、そのフォルダを共有して共有フォルダにしてください。

Dropbox.com から

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 共有するフォルダにカーソルを合わせます。
  3. 青い[共有]ボタンをクリックします。
  4. フォルダの編集権限を付与するユーザーのメール アドレスを入力します。
  5. プルダウン メニューで[編集可能]を選択します。[閲覧可能]を選択して、閲覧権限を付与することもできます。
  6. ファイルに関するメッセージを追加して[共有]をクリックします。

スマートフォンまたたタブレットをご利用の場合

  1. Dropbox アプリを開きます。
  2. 共有するフォルダを見つけます。
    • Android の場合:下向き矢印をタップします。
    • iOS の場合:[...](省略記号)をタップします。
  3. 共有]を選択します。
  4. 編集権限を付与するユーザーのメール アドレスを入力します。
  5. 次のユーザー]オプションで[編集可能]を選択します。[閲覧可能]を選択して、閲覧権限を付与することもできます。
  6. ファイルに関するメッセージを追加して[送信]を選択します。

パソコンの場合

  1. まだアプリをインストールしていない場合は、Dropbox デスクトップ アプリをインストールします。
  2. Dropbox フォルダを開きます。
  3. 共有するフォルダを右クリックします。
  4. 共有…]を選択します。
  5. 共有フォルダに招待するメールアドレスを入力します。
  6. プルダウン メニューで[編集可能]を選択します。[閲覧可能]を選択して、閲覧権限を付与することもできます。
  7. ファイルに関するメッセージを追加して[招待]をクリックします。

パソコンでは、フォルダのアイコンを見ると共有フォルダと個人用フォルダを見分けられます。

Windows パソコンの共有フォルダ アイコン

共有フォルダ

Mac パソコンの共有フォルダ アイコン

共有フォルダ

Linux パソコンの共有フォルダ アイコン

共有フォルダ

ファイルの編集権限を付与する方法

ファイルの編集権限を他のユーザーに付与するには、まずそのファイルをフォルダに移動し、続いてそのフォルダを共有します。共有フォルダ以外の場所にあるファイルの編集権限を他のユーザーに付与することはできません。

この度はフィードバックをお寄せいただきありがとうございました。よろしければ、Dropbox をどのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックをお寄せいただきありがとうございます。

コミュニティの回答

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    ガイド付きヘルプ

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    ガイド付きヘルプ

    その他のサポート

    コミュニティ

    Twitter サポート

    サポートへのお問い合わせ