共有フォルダと非公開のフォルダの違い - 自分のファイルに他のユーザーが加えた編集内容を反映

デフォルト設定により、Dropbox に保管したものは、すべて自分だけがアクセスできる非公開データとして保存されますが、共有フォルダを使用して Dropbox に保存しているファイルで他者と共同作業を行うこともできます。その場合、招待を受けた相手のみが共有フォルダに参加することができます。

Linux

Linux で Dropbox フォルダを見分ける方法

通常フォルダは、ハードドライブにある他のフォルダのように機能するフォルダなので、フォルダやそのコンテンツを移動、コピー、名前の変更をする場合の操作は、他のフォルダと同様です。Dropbox フォルダ内にフォルダがある限り、保存した内容はすべてオンラインおよびアカウントにリンクさせたその他のすべてのコンピュータにおいて同期されます。

通常フォルダは一般公開されていません。フォルダに保存したものはすべて、ハードドライブに保存しているその他のファイルと同様に安全に維持され、dropbox.com にログインした場合に限りアクセスすることができます。また、通常フォルダを共有フォルダにすることもできます。詳細については、次の共有フォルダのセクションをご覧ください。


共有フォルダとそのコンテンツには、招待されたユーザーのみがアクセスできます。通常のフォルダを共有フォルダにしたり、他のユーザーからの招待を承認したりしてそのユーザーの共有フォルダに参加したりすることもできます。フォルダを共有する場合は、フォルダを共有する相手のメール アドレスを入力します。相手が招待を承認すると、そのユーザーの Dropbox に共有フォルダが表示されます。共有フォルダが編集された場合は、そのフォルダに参加しているユーザー全員の Dropbox で同期されるため、プロジェクトの共同作業やファイル共有に最適です。

Dropbox Plus と Dropbox Business ユーザー:共有フォルダの他のメンバーがファイルを追加/編集/削除できないように、読み取り専用権限を設定することができます。

 

Dropbox バッジを使って、お使いのファイルが共有フォルダ内のファイルであることを確認できますDropbox バッジをクリックすると、ファイルを共有しているユーザーの人数がポップアップ ウィンドウに表示されます。

共有フォルダ設定]をクリックすると dropbox.com が開き、フォルダとファイルを共有しているユーザーの名前が表示されます。


プロフィール写真を使ってフォルダの共有を確認することができます。フォルダをクリックすると dropbox.com が開き、フォルダのコンテンツだけでなくフォルダに参加している他のメンバーのプロフィール写真も表示されます。フォルダのコンテンツの上部にプロフィール写真が表示されない場合、フォルダは共有されていません。

Dropbox.com の[共有中のユーザー]列で共有フォルダに参加しているメンバーを確認できます。各共有フォルダの横には、共有フォルダに参加しているユーザーのプロフィール写真が表示されます。


Dropbox リンクには、リンクを知っているユーザー全員がアクセスできます。共有フォルダとは異なり、リンク先のファイルやフォルダは読み取り専用です。ユーザーは閲覧やダウンロードをすることはできますが、コンテンツを編集することはできません。

Dropbox リンクはアカウント特有のものなので、他のユーザーが推測することはまずありません。リンク自体は譲渡可能なので Dropbox アカウントの有無にかかわらず、誰でも閲覧またはダウンロードすることができます。

フォルダへのリンクを使うと、フォルダとそのコンテンツだけでなく、サブフォルダやそれに含まれるファイルにも外部からアクセスできます。

dropbox.com で、過去にリンクを使用して共有したファイルやフォルダを簡単に確認することができます。リンクのアイコンは[共有済み]列に表示されています。

Dropbox Plus と Dropbox Business ユーザー:共有リンクにパスワード有効期限を設定すると、リンクにアクセスできるユーザーを限定したり、リンクにアクセスできる期間を制限したりすることができます。

Macintosh

Mac OS X で Dropbox フォルダを見分ける方法

通常フォルダはスタンダード オペレーティング フォルダです。ハードドライブにある他のフォルダのように機能するフォルダなので、フォルダやそのコンテンツを移動、コピー、名前を変更する場合は、他のフォルダと同じように操作するだけです。Dropbox フォルダにそのフォルダがある限り、保存した内容はすべてオンラインおよびアカウントにリンクさせたその他のコンピュータすべてにおいて同期されます。

通常フォルダは一般公開されていません。フォルダに保存したものはすべて、ハードドライブに保存しているその他のファイルと同様に安全に維持され、dropbox.com にログインした場合に限りアクセスすることができます。また、通常フォルダを共有フォルダにすることもできます。詳細については、次の共有フォルダのセクションをご覧ください。


共有フォルダとそのコンテンツには、招待されたユーザーのみがアクセスできます。通常のフォルダを共有フォルダにしたり、他のユーザーからの招待を承認したりしてそのユーザーの共有フォルダに参加したりすることもできます。フォルダを共有する場合は、フォルダを共有する相手のメール アドレスを入力します。相手が招待を承認すると、そのユーザーの Dropbox に共有フォルダが表示されます。共有フォルダが編集された場合は、そのフォルダに参加しているユーザー全員の Dropbox で同期されるため、プロジェクトの共同作業やファイル共有に最適です。

Dropbox Plus と Dropbox Business ユーザー:共有フォルダの他のメンバーがファイルを追加/編集/削除できないように、読み取り専用権限を設定することができます。


 

Dropbox バッジを使って、お使いのファイルが共有フォルダ内のファイルであることを確認できますDropbox バッジをクリックすると、ファイルを共有しているユーザーの人数がポップアップ ウィンドウに表示されます。

共有フォルダ設定]をクリックすると dropbox.com が開き、フォルダとファイルを共有しているユーザーの名前が表示されます。


プロフィール写真を使ってフォルダの共有を確認することができます。フォルダをクリックすると dropbox.com が開き、フォルダのコンテンツだけでなくフォルダに参加している他のメンバーのプロフィール写真も表示されます。フォルダのコンテンツの上部にプロフィール写真が表示されない場合、フォルダは共有されていません。

Dropbox.com の[共有中のユーザー]列で共有フォルダに参加しているメンバーを確認できます。各共有フォルダの横には、共有フォルダに参加しているユーザーのプロフィール写真が表示されます。


Dropbox リンクには、リンクを知っているユーザー全員がアクセスできます。共有フォルダとは異なり、リンク先のファイルやフォルダは読み取り専用です。ユーザーは閲覧やダウンロードをすることはできますが、コンテンツを編集することはできません。 

Dropbox リンクはアカウント特有のものなので、他のユーザーが推測することはまずありません。リンク自体は譲渡可能なので Dropbox アカウントの有無にかかわらず、誰でも閲覧またはダウンロードすることができます。 

フォルダへのリンクを使うと、フォルダとそのコンテンツだけでなく、サブフォルダやそれに含まれるファイルにも外部からアクセスできます。

Dropbox.com で、過去にリンクを使用して共有したファイルやフォルダを簡単に確認することができます。リンクのアイコンは[共有中のユーザー]列に表示されています。

Dropbox Plus と Dropbox Business ユーザー:共有リンクにパスワード有効期限を設定すると、リンクにアクセスできるユーザーを限定したり、リンクにアクセスできる期間を制限したりすることができます。

Vista、Win7、Win8、Win10

Windows で Dropbox フォルダを見分ける方法

通常フォルダはスタンダード オペレーティング フォルダです。ハードドライブにある他のフォルダのように機能するフォルダなので、フォルダやそのコンテンツを移動、コピー、名前を変更する場合は、他のフォルダと同じように操作するだけです。Dropbox フォルダにそのフォルダがある限り、保存した内容はすべてオンラインおよびアカウントにリンクさせたその他のコンピュータすべてにおいて同期されます。

通常フォルダは一般公開されていません。フォルダに保存したものはすべて、ハードドライブに保存しているその他のファイルと同様に安全に維持され、dropbox.com にログインした場合に限りアクセスすることができます。通常フォルダを共有フォルダにすることもできます。詳細については、次の共有フォルダのセクションをご覧ください。


共有フォルダとそのコンテンツには、招待されたユーザーのみがアクセスできます。通常のフォルダを共有フォルダにしたり、他のユーザーからの招待を承認したりしてそのユーザーの共有フォルダに参加したりすることもできます。フォルダを共有する場合は、フォルダを共有する相手のメール アドレスを入力します。相手が招待を承認すると、そのユーザーの Dropbox に共有フォルダが表示されます。共有フォルダが編集された場合は、そのフォルダに参加しているユーザー全員の Dropbox で同期されるため、プロジェクトの共同作業やファイル共有に最適です。

Dropbox Plus と Dropbox Business ユーザー:共有フォルダの他のメンバーがファイルを追加/編集/削除できないように、読み取り専用権限を設定することができます。

 

Dropbox バッジを使って、お使いのファイルが共有フォルダ内のファイルであることを確認できますDropbox バッジをクリックすると、ファイルを共有しているユーザーの人数がポップアップ ウィンドウに表示されます。

共有フォルダ設定]をクリックすると dropbox.com が開き、フォルダとファイルを共有しているユーザーの名前が表示されます。


プロフィール写真を使ってフォルダの共有を確認することができます。フォルダをクリックすると dropbox.com が開き、フォルダのコンテンツだけでなくフォルダに参加している他のメンバーのプロフィール写真も表示されます。フォルダのコンテンツの上部にプロフィール写真が表示されない場合、フォルダは共有されていません。

Dropbox.com の[共有中のユーザー]列で共有フォルダに参加しているメンバーを確認できます。各共有フォルダの横には、共有フォルダに参加しているユーザーのプロフィール写真が表示されます。


Dropbox リンクには、リンクを知っているユーザー全員がアクセスできます。共有フォルダとは異なり、リンク先のファイルやフォルダは読み取り専用です。ユーザーは閲覧やダウンロードをすることはできますが、コンテンツを編集することはできません。 

Dropbox リンクはアカウント特有のものなので、他のユーザーが推測することはまずありません。リンク自体は譲渡可能なので Dropbox アカウントの有無にかかわらず、誰でも閲覧またはダウンロードすることができます。 

フォルダへのリンクを使うと、フォルダとそのコンテンツだけでなく、サブフォルダやそれに含まれるファイルにも外部からアクセスできます。

Dropbox.com で、過去にリンクを使用して共有したファイルやフォルダを簡単に確認することができます。リンクのアイコンは[共有中のユーザー]列に表示されています。

Dropbox Plus と Dropbox Business ユーザー:共有リンクにパスワード有効期限を設定すると、リンクにアクセスできるユーザーを限定したり、リンクにアクセスできる期間を制限したりすることができます。

サードパーティ製アプリからアクセスする

サードパーティ製品の Dropbox アプリは、Dropbox へのアクセス権を必要とする場合があります。アクセス権を許可するには Dropbox アカウントにログインし[認証]ボタンをクリックしてください。また、アカウント設定の[リンク済みのアプリ]セクションにアクセスすると、アクセス権を付与したアプリを確認したり、アクセス権を取り消すことができます。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ