バックグラウンド アップロードで iOS 版 Dropbox アプリが位置情報データを必要とする理由

1 つのオプション機能を除き(以下を参照)、Dropbox アプリがご利用のデバイスの位置情報データを使用することはありません。ただし、写真には撮影場所についての情報が含まれている可能性があるため、その他のアプリと同様に Dropbox は写真へのアクセス権限を必要とします。

バックグラウンド アップロードについて

カメラアップロードの設定でバックグラウンド アップロードオプションをオンにしている場合、アプリが iPhone の位置情報サービスにアクセスする許可を求めてきます。アクセスを許可すると、アプリを開かずに、大量のアップロードを完了できるようになります。

詳細: 通常、写真や動画は Dropbox アプリが開いている間やアプリを終了してから数分後までの間にアップロードすることができます。ただし、バックグラウンド アップロードを ON にすると、iPhone の現在地(自宅から会社への通勤など)に大きく変化があった場合、アプリはアップロードを数分間、自動的に再開するようになっています。この機能は、カメラアップロードをより効率的に動作させることを目的とするもので、現在地情報を収集することはありません。

iOS 位置情報サービスとは

アプリがいつ位置情報サービスを使用しているかの確認、位置情報設定のリセットまたは変更方法、iOS の位置情報サービスの詳細については、Appple のサポート記事にある位置情報サービスについてをご覧ください。

Apple の API リファレンス

iOS デベロッパーや技術的知識の高いユーザーは、Apple のデベロッパー向けドキュメントで Dropbox が iPhone や iPad フォト ギャラリーにアクセスする際に使用する API ライブラリの詳細をご覧ください。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ