Dropbox Business での Dropbox Paper の利用について

Dropbox Business チームをご利用であれば、Dropbox アカウントのセキュリティ機能のほとんどを Dropbox Paper でもご利用いただけます。ただし、Paper でご利用いただけない機能もありますのでご了承ください。

HIPAA

医療保険の携行性や責任に関する法律(HIPAA)や経済的および臨床的健全性のための医療情報技術に関する法律(HITECH)を遵守するために、Dropbox の顧客は事業提携契約書(BAA)に署名することができます。Paper は HIPPA に準拠していないため、事業提携契約書(BAA)に署名した Dropbox Business の顧客は Paper を利用できません。

HIPAA コンプライアンスと Dropbox の詳細

注:現在、Dropbox Paper はその他の認証や Dropbox Business 向けレポートの対象には含まれていません。コンプライアンスと Dropbox Business の詳細をご覧ください。

デバイスの承認

デバイスの承認は Dropbox Business チームと Enterprise チームでご利用いただけるセキュリティおよびアクセス機能です。デバイスの承認を使用すると、チーム メンバーが Dropbox Business アカウントへのアクセスに使用するデバイスを管理者が管理できます。Dropbox Paper モバイル アプリはデバイスの承認の対象外です。

エンタープライズ モビリティ管理

エンタープライズ モビリティ管理(EMM)をご利用になると、Dropbox Enterprise チームが企業アプリやネットワーク、デバイスなどでモバイル デバイスの使用を管理することができます。Dropbox Paper モバイル アプリは EMM の管理対象外です。

ネットワーク制御

ネットワーク制御は Dropbox Enterprise チーム用のセキュリティおよびアクセス機能です。この機能を使用すると IT 管理者は企業ネットワークで、どの Dropbox アカウントを使用できるか管理することができます。現在、Dropbox Paper はネットワーク制御の管理対象外です。

この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      Other ways to get help

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ