LAN 同期について

Dropbox の LAN 同期機能をご利用いただくと、ファイルがローカル エリア ネットワーク(LAN)上にある場合、同期速度を劇的に上昇させることができます。

つまり、お使いのコンピュータの Dropbox にファイルを追加すると、ファイルは Dropbox サーバーと同期します。Dropbox はファイルの変更を検出するとすぐに、同期プロセスを開始します。その後、リンクされているすべてのコンピュータや共有フォルダには、ファイルの新しいバージョンがダウンロードされます。LAN 同期を使用して、Dropbox は最初にローカル エリア ネットワーク上で新しいファイルを検索するため、Dropbox サーバーからファイルをダウンロードする手間が省け、同期プロセスを大幅に迅速化することができます。

LAN 同期は、複数のコンピュターが同じルーター上または他のローカル エリア ネットワークで接続されている場合に使用するとさらに便利です。

詳しくはこちら

  • 同期のタイミングを決めるため、Dropbox をインターネットに接続しておく必要があります。LAN 同期機能を最大限に活用するには、すべてのコンピュータを LAN とインターネットに同時に接続してください。
  • Dropbox デスクトップ アプリケーションを初めてインストールする場合は、Windows ファイアウォールが Dropbox によるインターネットや LAN へのアクセスを許可するようリクエストする場合があります。[アクセス] をクリックすると、 Dropbox が正常に同期するようになります。
  • Dropbox が LAN へのアクセスを拒否するファイアウォールを検知した場合、Dropbox 設定にある LAN 同期を自動的にオフにします。同期を再開するには、Dropbox のインターネットと LAN へのアクセスを許可するようファイアウォールの設定を変更してから、Dropbox 設定で LAN 同期をオンにしてください。
  • LAN 同期は同じサブネット上、またはブロードバンド アクセス上のコンピュータでのみ機能します。たとえば、通常 1 つのルーターに接続されているすべてのコンピュータは、同じネットワーク上(同じサブネット)にあります。LAN がネットワークを拡張する目的でルーターなど複数のネットワーク機器を使用する場合は、お使いのコンピュータを他の LAN 同期が有効になっているコンピュータと同じサブネット上におくことをおすすめします。ご不明な点がある場合は、ネットワーク機器の取り扱い説明書またはネットワーク管理者にお問い合わせください。
  • LAN 同期には TCP ポート 17500 へのアクセスが必要です。
この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ