1. ファイルやフォルダの共有
  2. お支払いとご請求
  3. セキュリティとプライバシー
  4. Dropbox Business
  5. 同期とアップロード
  6. ログインとスタートガイド
  7. デスクトップ クライアントとウェブ アプリ
  8. アカウントの管理
  9. 容量とストレージ
  10. 写真と動画
  11. モバイル
  12. Dropbox Paper

他の人とフォルダを共有するには?

Dropbox をお使いになると、簡単な方法でファイルやフォルダを共有できます。共有フォルダは、同じファイルを使って共同作業を行うグループに最適です。共有フォルダを作成して他のユーザーを追加すると、追加したメンバー全員の Dropbox にも共有フォルダ内のファイルが表示されるようになります。フォルダのメンバーであれば誰でも、共有フォルダ内のファイルを追加、削除、編集することができます。

dropbox.com やデバイス(スマートフォン、タブレット、パソコン)からフォルダを共有する方法については次の手順をご参照ください。

共有できない場合は、この記事の下部にあるトラブルシューティングのヒントとよくある質問へのリンクをご参照ください。

Dropbox Pro Dropbox Business ユーザー: フォルダの所有者は、そのフォルダのメンバーを編集者閲覧者に設定することができます。編集者はフォルダにファイルを追加したり、フォルダ内のファイルを削除/編集することができます。閲覧者にはフォルダ内のコンテンツの表示のみが許可されます。詳細については、共有フォルダの権限をご覧ください。

iPhone アプリでフォルダを共有して他のユーザーと共同作業をする

  1. iPhone 版 Dropbox アプリを開きます。
  2. 共有するフォルダを選択します。
  3. 共有アイコンを選択します。
  4. 共同作業の相手を招待する]を選択します。
  5. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。
  6. メッセージを追加し(省略可)、画面右上にある[招待]を選択して招待メールを送信します。

下向きの矢印、[共同作業の相手を招待する]の順に選択して、ファイルの一覧表示からフォルダを共有することもできます。

iPad アプリでフォルダを共有して他のユーザーと共同作業する

  1. iPad 版 Dropbox アプリを開きます。
  2. 共有するフォルダを選択します。
  3. 共有アイコンを選択します。
  4. 共同作業の相手を招待する]を選択します。
  5. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。
  6. メッセージを追加し(省略可)、画面右上にある[招待]を選択して招待メールを送信します。

下向きの矢印、[共同作業の相手を招待する]の順に選択して、ファイルの一覧表示からフォルダを共有することもできます。

Android アプリでフォルダを共有して他のユーザーと共同作業する

  1. ご利用の Android デバイスで Android 版 Dropbox アプリを開きます。
  2. 共有するフォルダを開きます。
  3. 画面右上にある[共有]アイコンを選択します。
  4. 共同作業の相手を招待する]を選択します。
  5. Android デバイスでの共有
  6. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。
  7. メッセージを追加し(省略可)、画面右上にある[送信]アイコンを選択して招待メールを送信します。

Windows Phone 版アプリでフォルダを共有して他のユーザーと共同作業をする

  1. 共有するフォルダを長押しします。
  2. 共有]を選択します。
  3. フォルダに招待]を選択します。

  4. Windows Phone 版アプリから共有する

  5. 招待するユーザーのメール アドレスを入力するか、[+]アイコンを選択してユーザー アプリから連絡先を選択します。
  6. メッセージを追加し(省略可)、メンバーシップ設定を調整して(省略可)、画面下部にある[送信]を選択して招待メールを送信します。

Windows タブレット 版アプリでフォルダを共有して他のユーザーと共同作業をする

  1. ファイルの一覧表示で、共有するフォルダを左か右にスワイプします。
    • タブレットにマウスを接続している場合は、ファイルを右クリックすることもできます。
  2. 共有]を選択します。
  3. フォルダに招待]を選択します。

  4. Windows Phone 版アプリから共有する

  5. 招待するユーザーのメール アドレスを入力するか、[+]アイコンを選択してユーザー アプリから連絡先を選択します。
  6. メッセージを追加し(省略可)、メンバーシップ設定を調整して(省略可)、画面下部にある[送信]を選択して招待メールを送信します。

Windows で dropbox.com からフォルダを 共有する

  1. dropbox.com にログインします。
  2. ファイルまたはフォルダのリストにアクセスし、フォルダ名にカーソルを合わせて共有するフォルダを選択します(フォルダ名またはアイコンをクリックするとフォルダが開きます)。
  3. 他のユーザーと共同作業を行うためにファイルやフォルダへのアクセス権を許可するには、[招待]をクリックします。
  4. 共有フォルダに招待するユーザーのメール アドレスを入力してください。Dropbox Pro または Dropbox Business のユーザーは、各ユーザーにフォルダの編集権限または読み取り専用権限を指定することもできます。
  5. 個人的なメッセージを追加することもできます。入力が済んだら [フォルダの共有] をクリックしてください。

また、[共有] ページからユーザーをフォルダに招待することもできます。新しい共有フォルダを作成するには、ページ上部の [新しい共有フォルダ] をクリックします。既存の共有フォルダにユーザーをもっと招待するには、リストからフォルダを見つけて [オプション] をクリックします。

ユーザーが招待を承諾すると、そのユーザーの Dropbox アカウントに共有フォルダが表示されます。

Windows でフォルダを共有する

Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールしている場合は、お使いのコンピュータから直接フォルダを共有することができます。

  1. Dropbox フォルダを開きます。
  2. 共有したいフォルダを右クリックすると、メニューが表示されます。
  3. 共有...]を選択します。
  4. dropbox.com で共有ウィンドウが開くので、フォルダを共有する相手のメール アドレスまたは名前を入力してください。
[共有...]を選択して、dropbox.com にあるフォルダを共有します。

Mac で dropbox.com からフォルダを 共有する

  1. dropbox.com にログインします。
  2. ファイルまたはフォルダのリストにアクセスし、フォルダ名にカーソルを合わせて共有するフォルダを選択します(フォルダ名またはアイコンをクリックするとフォルダが開きます)。
  3. 他のユーザーと共同作業を行うためにファイルやフォルダへのアクセス権を許可するには、[招待]をクリックします。
  4. 共有フォルダに招待するユーザーのメール アドレスを入力してください。Dropbox Pro または Dropbox Business のユーザーは、各ユーザーにフォルダの編集権限または読み取り専用権限を指定することもできます。
  5. 個人的なメッセージを追加することもできます。入力が済んだら [フォルダの共有] をクリックしてください。

また、[共有] ページからユーザーをフォルダに招待することもできます。新しい共有フォルダを作成するには、ページ上部の [新しい共有フォルダ] をクリックします。既存の共有フォルダにユーザーをもっと招待するには、リストからフォルダを見つけて [オプション] をクリックします。

ユーザーが招待を承諾すると、そのユーザーの Dropbox アカウントに共有フォルダが表示されます。

Mac OS X でフォルダを共有する

Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールしている場合は、お使いのコンピュータから直接フォルダを共有することができます。

  1. Dropbox フォルダを開きます。
  2. 共有したいフォルダを右クリックまたは control キーを押しながらクリックすると、メニューが表示されます。
  3. 共有...]を選択します。
  4. dropbox.com で共有ウィンドウが開くので、フォルダを共有する相手のメール アドレスまたは名前を入力してください。
Mac パソコンで[共有...]を選択します。

Linux で dropbox.com からフォルダを 共有する

  1. dropbox.com にログインします。
  2. ファイルまたはフォルダのリストにアクセスし、フォルダ名にカーソルを合わせて共有するフォルダを選択します(フォルダ名またはアイコンをクリックするとフォルダが開きます)。
  3. 他のユーザーと共同作業を行うためにファイルやフォルダへのアクセス権を許可するには、[招待]をクリックします。
  4. 共有フォルダに招待するユーザーのメール アドレスを入力してください。Dropbox Pro または Dropbox Business のユーザーは、各ユーザーにフォルダの編集権限または読み取り専用権限を指定することもできます。
  5. 個人的なメッセージを追加することもできます。入力が済んだら [フォルダの共有] をクリックしてください。

また、[共有] ページからユーザーをフォルダに招待することもできます。新しい共有フォルダを作成するには、ページ上部の [新しい共有フォルダ] をクリックします。既存の共有フォルダにユーザーをもっと招待するには、リストからフォルダを見つけて [オプション] をクリックします。

ユーザーが招待を承諾すると、そのユーザーの Dropbox アカウントに共有フォルダが表示されます。

Linux でフォルダを共有する

Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールしている場合は、お使いのコンピュータから直接フォルダを共有することができます。

  1. Dropbox フォルダを開きます。
  2. 共有したいフォルダを右クリックすると、メニューが表示されます。
  3. 共有...]を選択します。
  4. dropbox.com で共有ウィンドウが開くので、フォルダを共有する相手のメール アドレスまたは名前を入力してください。
Linux パソコンで[共有...]を選択します。

Windows XP で dropbox.com からフォルダを 共有する

  1. dropbox.com にログインします。
  2. ファイルまたはフォルダのリストにアクセスし、フォルダ名にカーソルを合わせて共有するフォルダを選択します(フォルダ名またはアイコンをクリックするとフォルダが開きます)。
  3. 他のユーザーと共同作業を行うためにファイルやフォルダへのアクセス権を許可するには、[招待]をクリックします。
  4. 共有フォルダに招待するユーザーのメール アドレスを入力してください。Dropbox Pro または Dropbox Business のユーザーは、各ユーザーにフォルダの編集権限または読み取り専用権限を指定することもできます。
  5. 個人的なメッセージを追加することもできます。入力が済んだら [フォルダの共有] をクリックしてください。

また、[共有]タブからユーザーをフォルダに招待することもできます。新しい共有フォルダを作成するには、ページ上部の[新しい共有フォルダ]をクリックします。既存の共有フォルダにユーザーをもっと招待するには、リストからフォルダを見つけて[オプション]をクリックします。

ユーザーが招待を承諾すると、そのユーザーの Dropbox アカウントに共有フォルダが表示されます。

Windows XP でフォルダを共有する

Dropbox デスクトップ アプリケーションをインストールしている場合は、お使いのコンピュータから直接フォルダを共有することができます。

  1. Dropbox フォルダを開きます。
  2. 共有したいフォルダを右クリックすると、メニューが表示されます。
  3. 共有...]を選択します。
  4. dropbox.com で共有ウィンドウが開くので、フォルダを共有する相手のメール アドレスまたは名前を入力してください。
Windows XP パソコンで[共有...]を選択します。

Dropbox Business ユーザーまたはチーム ユーザー: 共有フォルダとチーム フォルダの相違点について

チーム フォルダは、フォルダのアイコンから確認できます。

dropbox.com と Mac パソコンのチーム フォルダ
dropbox.com と Mac パソコンのチーム フォルダ
Windows パソコンのチーム フォルダ
Windows パソコンのチーム フォルダ

共有フォルダとチーム フォルダでは、すべての追加、編集、削除操作がそのフォルダのメンバー全員と同期されます。ただし、チーム フォルダには次の特長があります。

  • チーム フォルダ内のファイルは、すべてデフォルトでチーム全体と共有されます(共有フォルダでは、新しいメンバーを手動で招待する必要があります)。
  • チーム フォルダ内のサブフォルダはすべて自動的にチーム全体と共有されますが、外部の共同編集者が参加しているプロジェクトがある場合は、特定のサブフォルダを選んで外部ユーザーと共有することもできます。共有フォルダの所有者の方は、デスクトップで既存の共有フォルダをチーム フォルダにドラッグするか、dropbox.com で既存の共有フォルダを移動すれば会社情報を簡単に 1 か所にまとめて保管することができます。
    • Dropbox Business: チーム管理者が先行アクセスの高度な共有機能に登録する必要があります。
  • 新しいチーム メンバーはチームに参加した時点で、Dropbox 内にチーム フォルダが自動的に作成されます。
  • Dropbox Business: チーム管理者のみがチーム フォルダを作成できます。チーム フォルダを各メンバーの権限設定を使って管理することはできません。

共有フォルダと同じようにチーム フォルダ設定を管理するには

チーム フォルダは、デフォルトでチーム全体に共有されます。意図せずチーム フォルダを作成してしまった場合は、新しいフォルダを作成し、チーム フォルダのファイルをドラッグしてその新しいフォルダに移動します。その後、アクセスを与えたいユーザーにフォルダを個別に共有してください。

通常の共有フォルダを使用すると、フォルダの権限と設定をきめ細かに管理することができます。

チーム フォルダか共有フォルダかを見分けるには

チーム フォルダにアクセスしているユーザーの場合、ファイルの上に[...のメンバー全員と共有しました]と表示されていれば、そのフォルダはチーム フォルダです。

チーム管理者の場合、[管理コンソール](チーム フォルダ) からのみチーム フォルダを作成できます。新規フォルダの名前を付けるように指示するメッセージには、そのフォルダがチーム全員と共有される旨が表示されます。

  • チーム フォルダには[共同作業の相手を招待する]というオプションは表示されませんが、共有フォルダには表示されます

詳細については、以下の役立つ記事をご覧ください。

共有フォルダに関するよくある質問とトラブルシューティングのヒント:

他の共有フォルダ内にあるフォルダを共有することはできますか?

他の共有フォルダ内にあるフォルダを共有することはできません。お使いのコンピュータからこの操作を試みると、開いているアプリケーションから最上位の共有フォルダの共有オプションに自動転送されます。

この問題を解決するには、共有しているサブフォルダの親フォルダへのリンクを共有します。こうすることで、リンクを受け取ったユーザーはそのパス内のすべてのフォルダにアクセスできるようになります。ただし、そのユーザーがそのフォルダ内のファイルで行った編集内容は、ファイル所有者の Dropbox には同期されません。親フォルダの読み取り/書き込み権限をユーザーに付与するには、サブフォルダの共有を解除してから親フォルダを共有し、そのサブフォルダへのリンクを共有します。

2 人のユーザーが 1 つのファイルを同時に編集するとどうなりますか?

2 人のメンバーが共有フォルダ内の同じファイルを同時に開く/編集すると、Dropbox は両方のメンバーの変更を個別のファイルで保存します。変更を自動的に統合したり、結合したりすることはありません。詳細については、競合コピーに関する記事をご覧ください。

送信済みの招待メールのメッセージは再使用できますか?

共有フォルダへの招待メールを送信した後に、元の共有フォルダのメッセージに戻ってコピーすることはできません。

共有フォルダ内のファイル数に上限はありますか?

多数のファイルがすでに保存されているフォルダを共有しようとすると、エラーが発生する場合があります。このエラーは共有フォルダの作成に対するものであり、今後送信するフォルダへの招待メールには影響しません。

もしエラーが起きた場合は、Dropboxで空のフォルダを新規作成して共有し、既存のフォルダ内のすべてのファイルをその新しい共有フォルダに移動する方法をお試しください。

  • 注: 一度作成した共有フォルダの名前は変更できないため(ローカルでは変更できますが、他のメンバーには元の名前が表示されます)、共有フォルダには適切な名前を選択してください 。

「承認待ちの招待の数が多すぎる」と Dropbox に表示された場合はどうすればよいですか?

不正使用を防ぐために、Dropbox アカウントでは承認待ちにできる共有フォルダへの招待数が制限されています。承認待ちの招待が多すぎるというメッセージを受け取った場合は、共有フォルダへの招待を一部キャンセルしてください。

  1. dropbox.com にログインします。
  2. 共有]タブをクリックします。
  3. Dropbox に保存されているフォルダ]セクションにスクロールします。
  4. キャンセルする承認待ちの招待が含まれている共有フォルダの隣の[共有]をクリックします。
  5. 表示されたウィンドウで送信先のメール アドレスを選択し、[招待を取り消す]を選択します。

関連トピック

著作権で保護されているマテリアルについて

共有フォルダや公開フォルダに使うファイルは、他の人と共有する法的権利のあるファイルに限ります(例、個人的に作成したドキュメント、ソフトウェア、音楽、動画等)。著作権者の許可がない限り、ご自分が著作権を保有しないファイルを共有することはできません。ご自分で購入または合法的に入手した動画、音楽、またはソフトウェアは、インターネット上でサードパーティと共有する権限を付与しません。

共有する権利があるか定かでない場合は、共有をしないでください。共有フォルダまたは公開フォルダを使用することで、それらのフォルダにあるファイルは Dropbox の利用規約に反するものではなく、あなたがそれらファイルの著作権を保有するか、もしくは著作権者から共有にあたって許可を付与されていることを表します。Dropbox は、著作権侵害を繰返すユーザー、または繰り返し著作権侵害の申し立ての対象になったことのあるアカウントに対して、ユーザーのアカウントの使用を停止するポリシーを採用しました。著作権を侵害するようなファイルを共有フォルダおよびに公開フォルダに繰り返し置くと、アカウントは停止されます。

Dropbox の著作権に関するポリシーの詳細については、Dropbox の DMCA ページにアクセスしてください。