Dropbox Business チーム メンバーの Public フォルダをオフ/オンにする

以前、Public フォルダは Dropbox アカウントでユーザーがアイテムを共有できる唯一のフォルダでした。Public フォルダに配置されたファイルのリンクが生成され、そのリンクを持つユーザーにアイテムを共有することができました。

2012 年 10 月 4 日以降に作成された新しい Dropbox アカウントでは、共有リンクを使用してユーザーが Dropbox 内にあるファイルやフォルダのリンクを共有できるようになったため、Public フォルダを提供していません。

3 つの管理者階層(チーム管理者、ユーザー管理者、サポート管理者)の全員がチームの Public フォルダを有効/無効にすることができます。

管理者向け:チームで Public フォルダを無効または有効にする

間もなく、アクティビティ ログを使用してすべての共有アクティビティをトラックすることができるようになります。ただし、Public フォルダ内の共有イベントはこのログには記録されません。

チームの共有アクティビティの完全な可視性が必要な場合は、Public フォルダを無効にしてください。 Public フォルダを無効にすると、このフォルダ内にあるファイルの共有に使用していたリンクも無効になりますが、ファイルは削除されません。

チームが共有リンクに移行する準備ができていない場合は、Public フォルダを有効にしておくことができます。共有リンクをお使いになるとより簡単にファイルを共有できるため、すべてのチームが共有リンクに徐々に移行なさることをおすすめします。

チームに適した設定を完了すると、Public フォルダを有効または無効にすることができます。

管理者向け:無効にした Public フォルダの代替機能を使用する

チーム メンバーが Public フォルダ内のファイルを共有したい場合、メンバーはそのファイルを Dropbox 内の別の場所に移動させ、ファイルへのリンクを共有することができます(管理者が設定した共有権限をお持ちの場合)。

チーム メンバー向け:Public フォルダを許可しない Dropbox Business チームにアカウントを移行した場合

  • チームで Public フォルダをオンまたはオフにするかは管理者に決定権があります。管理者がチーム全体で Public フォルダをオフにしている場合は、共有リンクをご利用ください。
  • 共有リンクの作成がオプションとしてない場合は、Dropbox Business のチームからご自分のアカウントを他に移行することをご検討ください。その場合は管理者に連絡し、詳細を Dropbox サポート チームに問い合わせるようにリクエストしてください。
この記事は参考になりましたか?

Dropbox のサービス改善のために、ご意見やご感想をお聞かせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答
    コミュニティの回答

      その他のサポート

      コミュニティ

      Twitter サポート

      ガイド付きヘルプ