Paper ドキュメントまたはフォルダのプライバシー設定を変更する

Dropbox Paper の共有設定を活用して、ドキュメントの安全性を確保しましょう。ドキュメントにアクセスできるユーザーや権限を指定できます。ドキュメントは非公開、読み取り専用、編集可能のいずれかになります。

新しく作成した Dropbox Paper ドキュメントは、デフォルトでは非公開に設定されています。他のユーザーとドキュメントの共有を開始する際に、ドキュメントを閲覧できるユーザーを選択し、コメントまたは編集する権限を与えるかどうかを選択することができます。

Dropbox Business 管理者の方は、プライバシー設定の変更方法をご覧ください。

個別の Paper ドキュメントの共有権限を変更するには、次の手順に沿ってください。

  1. 共有する Paper ドキュメントを開きます。
  2. 青色の[招待]ボタンをクリックします。
  3. 右下にある[設定]タブをクリックします。
  4. ドキュメントを開けるユーザーや権限を指定できます。
  5. 青色の[完了]ボタンをクリックします。

フォルダの共有権限を変更するには:

  1. 共有するフォルダを開きます。
  2. 青色の[共有]ボタンをクリックします。
  3. 変更]をクリックします。
  4. フォルダにアクセスできるユーザーを選択します。
  5. 完了]をクリックします。

ドキュメントからユーザーを削除する

ドキュメントからユーザーを削除できるのは、そのドキュメントの所有者または編集権限を持っているユーザーとなります。ドキュメントから自分を削除することはできませんが、フォローをやめることができます。

ドキュメントからユーザーを削除する方法は次のとおりです。

  1. Paper ドキュメントの上部にある青色の[招待する]ボタンをクリックします。
  2. 関連ユーザーの横にある[編集可能](または[閲覧可能])をクリックします。
  3. プルダウン メニューで[削除]をクリックします。

注:チーム メンバーでリンク アクセスが有効になっている場合、削除したユーザーがリンクを知っている場合は、引き続きリンクからドキュメントにアクセスできます。これを回避するには、ドキュメントの権限を[招待者のみ]に設定してください。

Paper ドキュメントのデフォルト設定

ドキュメントのデフォルトのアクセス権は、アカウントの種類によって異なります。

Dropbox 個人用アカウントの場合

作成したドキュメントはデフォルトで非公開になります。

ドキュメントへのリンクを(メールやインスタント メッセージで)共有した場合、デフォルトの設定では、リンクをクリックしたユーザーに編集可能のアクセス権が付与されます。

Dropbox Business アカウントと無料チーム アカウントの場合

作成したドキュメントはデフォルトで非公開になります。

ドキュメントへのリンクを(メールやインスタント メッセージで)共有した場合、デフォルトの設定では、リンクをクリックしたユーザーに編集可能のアクセス権が付与されます。チーム メンバーは、そのドキュメントへのリンクがあるか、会社の公開フォルダに保存されているドキュメントなら、誰でも編集できます。

Dropbox Business 管理者向け機能

Dropbox Business チーム管理者は、チームに対してデフォルトの共有権限を設定できます。管理者は以下のことができます。

  • チーム メンバーがチーム外のユーザーと Paper ドキュメントを共有できるか決定する
  • Paper ドキュメントへのリンクをチーム外のユーザーと共有できるか決定する

チーム管理者は、こちらでチームの設定を変更する方法をご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?

フィードバックをお寄せいただきありがとうございました。お役に立てず申し訳ありません。
よろしければ、どのように改善すべきかご指摘ください。

フィードバックありがとうございます。
この記事がどれほど役に立ったかをお知らせください。

フィードバックありがとうございます。

コミュニティの回答