あなたの使い方にあった Dropbox があります

  • Standard

    $12.50/月(1 ユーザー)、最小 3 ユーザー
    • 安全にファイルを保存できる 3 TB のストレージ
      安全にファイルを保存できる 3 TB のストレージ
    • 使いやすい共有および共同作業ツール
      使いやすい共有および共同作業ツール
    • 3 TB(3,072 GB) の容量
    • 120 日間のファイル復元
    • 256 ビットの AES 暗号化と SSL/TLS 暗号化
    • スマート シンク
    • Dropbox Paper 管理者向けツール
    • Office 365 とのインテグレーション
    • 管理コンソールと監査ログ
    • きめ細やかな共有権限設定
    • ユーザー管理グループと企業管理グループ
    • デバイス データの遠隔削除
    • 2 段階認証(2FA)の有効化
    • セキュリティおよび生産性プラットフォーム パートナーへの無制限の API アクセス
    • データ転送パートナーへの 1 か月あたり 2 万 5,000 回の API コール
    • ライブ チャット サポート
  • 一番お得

    Advanced

    $20/月(1 ユーザー)、最小 3 ユーザー
    • チームの必要に応じて容量を追加
      チームの必要に応じて容量を追加
    • 高度な管理とセキュリティ機能
      高度な管理とセキュリティ機能
    • Standard の全機能
    • 必要に応じて容量を追加
    • 高度な管理機能
    • Dropbox Showcase
    • 管理者役割の階層化
    • ファイル イベントの追跡
    • 高度なユーザー管理ツール
    • 移行指示
    • ドメイン認証
    • シングル サインオン(SSO)インテグレーション
    • デバイスの承認
    • 営業時間内の電話サポート
  • Enterprise

    お問い合わせ
    • カスタマイズ可能なソリューション
      カスタマイズ可能なソリューション
    • 管理者が組織の規模に合わせて管理できるようサポート
      管理者が組織の規模に合わせて管理できるようサポート
    • Advanced の全機能
    • アカウント キャプチャ
    • ネットワーク制御
    • エンタープライズ モビリティ管理(EMM)サポート
    • ドメイン インサイト
    • エンドユーザーと管理者向けの上級トレーニング
    • 24 時間体制の電話サポート(英語のみ)
    • 3 TB(3,072 GB) の容量
    • 120 日間のファイル復元
    • 256 ビットの AES 暗号化と SSL/TLS 暗号化
    • スマート シンク
    • Dropbox Paper 管理者向けツール
    • Office 365 とのインテグレーション
    • 管理コンソールと監査ログ
    • きめ細やかな共有権限設定
    • ユーザー管理グループと企業管理グループ
    • デバイス データの遠隔削除
    • 2 段階認証(2FA)の有効化
    • セキュリティおよび生産性プラットフォーム パートナーへの無制限の API アクセス
    • データ転送パートナーへの 1 か月あたり 2 万 5,000 回の API コール
    • ライブ チャット サポート
    • Standard の全機能
    • 必要に応じて容量を追加
    • 高度な管理機能
    • Dropbox Showcase
    • 管理者役割の階層化
    • ファイル イベントの追跡
    • 高度なユーザー管理ツール
    • 移行指示
    • ドメイン認証
    • シングル サインオン(SSO)インテグレーション
    • デバイスの承認
    • 営業時間内の電話サポート
    • Advanced の全機能
    • アカウント キャプチャ
    • ネットワーク制御
    • エンタープライズ モビリティ管理(EMM)サポート
    • ドメイン インサイト
    • エンドユーザーと管理者向けの上級トレーニング
    • 24 時間体制の電話サポート(英語のみ)

よくある質問

Dropbox Business ユーザーとは?

ユーザーとは Dropbox を利用する方を指します。Dropbox Business を利用する方 1 人につき、1 ライセンス必要です。ユーザーは Dropbox アカウントと任意のデバイスをリンクすることができます(パソコン、スマートフォン、タブレットなど、リンクできるデバイスの数に制限はなく、追加費用もかかりません)。

アカウントのユーザー数が 3 人以下の場合はどうすればよいのでしょうか?

はい、Dropbox Business の基本パッケージにはユーザー 3 人分のライセンスが含まれていますが、一度にすべてのライセンスを割り当てる必要はありません。ライセンスは再利用することができるため、残りのライセンスを契約社員やクライアント用にとっておくこともできます。

Dropbox Basic または Plus アカウントから Business アカウントにアップグレードする場合の移行方法は?

Business アカウントへの移行は簡単です。保存されているコンテンツへの変更はなく、ファイルの保存先や設定(共有フォルダの関連性やリンク済みのデバイス)も同じままです。また、管理者は Dropbox をすでにご利用のチーム メンバーに変更を加える必要もありません。Dropbox アカウントをまだお持ちでないユーザーに招待を送信すると、アカウント登録のページにリダイレクトされます。

Business アカウントのユーザーは Basic/Plus ユーザーとファイルやフォルダを共有できますか?

はい、チームの管理者が外部との共有を許可している限り、どの Dropbox ユーザーとも共有が可能です。相手が Dropbox Business チームのメンバーである必要はありません。ただしフォルダを共有しているユーザーが Business チームのメンバーではない場合、ユーザーのストレージ容量には制限がありますのでご注意ください。共有フォルダでファイルの追加や編集を行う場合、あなたのチーム メンバーは容量を追加できますが、Dropbox Basic や Plus ユーザーは各アカウントの容量制限が適用されます。

チームに与えられるアカウント容量はどのくらいですか?

Dropbox Business はチームのニーズに合わせて 3 つのプランから選べます。Standard プランで提供されるチーム用の容量は 3 TB です。多くの容量が必要なチームには、必要に応じて容量を追加できる Advanced プランや Enterprise プランをおすすめします。

Dropbox Business Standard と Dropbox Business Advanced の違いを教えてください。

Standard は、3 TB の容量とシンプルな共有機能や共同作業ツールを提供します。それ以上の容量やセキュリティ機能を必要とするチームは、Advanced を使用すればチームの必要に応じて追加できる容量や、高度な管理機能と監査、インテグレーション、セキュリティ機能をご利用いただけます。プラン詳細はこちらをご覧ください。

Dropbox Enterprise とは?

Dropbox Enterprise は、Dropbox Business の中心的なすべての機能に加えて、大規模な組織のニーズに合わせた高度なセキュリティと管理機能、よりきめ細やかなカスタマー サポートとカスタマイズを実現した生産性向上プラットフォームです。

非営利機関または教育機関を対象とした割引制度はありますか?

はい、ございます。詳しくは、Dropbox セールス チームにお問い合わせください。

数量割引はありますか?

はい、ございます。詳しくは、Dropbox セールス チームにお問い合わせください。
「IT 部門が Dropbox を導入したと知って、安心しました。これにより作業をよりシンプルにして仕事効率を向上させ、各自の本来業務に専念できるようになると確信できたからです」