Email app icon displays 87 unread emails, a messaging icon with 268 unread messages, and a calendar icon.

スマート ワークスペースへようこそ

電話やクレジット カード、自動車、そして住宅。今日では、あらゆるものが「スマート化」しています。では、仕事に関してはどうでしょうか。残念ながら、スマートになっているとは言えません。仕事環境は雑然としており、ドキュメントの作成や保存、メッセージのやり取りは、互いに連携されていない異なるプラットフォームに分散しています。でも、それはあなたのせいではありません。仕事に使われているテクノロジーが時代に追いついていないだけなのです。今こそ、仕事をもっと効率よくスマートに。Dropbox が提供する世界初のスマート ワークスペースが実現します。

今こそ必要な理由

モバイル デバイスのアプリ アイコンとしてよく知られているコミュニケーション アイコンのコラージュ

この 10 年で様変わりした仕事のあり方

以前は、ソフトウェアをいくつか使っていればそれで仕事を済ませることができました。しかし現在では、数多くのアプリ、コミュニケーション ツール、プロジェクト管理システムが欠かせません。しかも、それらを複数のデバイスで使い、常にオンラインでいることを求められます。仕事をするために必要なテクノロジーや情報が大幅に増え、多くの人とつながる必要があり、その方法も多様化した結果、これらすべてを管理するために大きなストレスも抱えています。


ほとんどの人は、仕事中 6 分おきにアプリを切り替えているとされ、さらに集中力を阻害する頻繁な通知も届きます。コンテンツやツール、チームが分散していれば、一人ひとりがストレスを感じ、チームの足並みが乱れるのも当然のことです。大切な仕事を確実にこなすことが難しくなった結果、その埋め合わせのための残業時間が増加傾向にありますが、労働の長時間化にもかかわらず、世界の生産性は停滞しているのが実情です。

スマートな働き方をはじめませんか?

新しい働き方

Dropbox ロゴが表示される雲と、周りを回るコミュニケーション アイコン

もっと効率的なワークスペースでスムーズに作業

Dropbox が提供するスマート ワークスペースの 1 つ目の特長は、仕事で使うすべてのコンテンツとツールを 1 か所に集約し、簡単にアクセスできること。複数のプラットフォームやアプリ、コンテンツを行き来する必要はなく、すべてを同じ場所で使うことができます。
 

2 つ目の特長は、ファイルやプロジェクトに関係する人と会話をすべて 1 か所にまとめることができる点です。仕事に関するすべての背景情報や文脈情報を 1 つのワークスペースで確認できます。これまでのように、コミュニケーション ツールごとに情報が分散してしまうことがありません。
 

そして 3 つ目の特長は、膨大な情報の中からあなたにとって最も重要なものを見つけ出す人工知能技術を備えていることです。ミーティングに必要なコンテンツや編集中のドキュメントに関連がありそうなコンテンツを提案し、さらに画像の内容も認識してくれるので、ファイル名を覚えておく必要がありません。

スマート ワークスペースでは雑務や煩雑な手順が削減され、重要な仕事にのみ集中できます。

スマートな作業空間で
今日から始まる新しい働き方。

詳しくはこちら

Dropbox の CEO、ドリュー・ハウストンの講演をご覧ください