外部との安全なファイル共有

外部とのファイル共有もかんたん

共有リンクを使えば、社外のユーザーに瞬時にファイルやフォルダを送信できます。

相手が Dropbox のアカウントを持っていなくても大丈夫。大事な資料を送るときは、パスワードや有効期限をリンクに設定することで、共有したい相手だけがアクセスできるので安心です。

同僚との簡単でシームレスな共同作業

社内全員で共同作業も

Dropbox Business を使えば共同作業もかんたんです。

コメント機能を利用すると、資料のすぐ横にチーム メンバーからのフィードバックが表示されるので、すぐに資料に反映できます。

また、同僚を共有フォルダに招待すると、同じフォルダにファイルを追加したり、ドキュメントの編集も行えます。変更内容は自動的に同期されるので、全員が常に最新バージョンにアクセスできます。

ファイル共有とチームとの共同作業

チーム フォルダで情報を 1 箇所に

チーム フォルダを利用すると、情報を 1 箇所にまとめられるので、メンバー全員が必要な情報にすぐにアクセスできます。全社員向けの資料、部会の議事録、イベントの写真など、必要な情報を探し回ることはもうありません。

Dropbox バッジで 1 つの資料をみんなで編集

Dropbox バッジ機能を使うと、 Microsoft Office ドキュメントの共同編集がもっとスムーズになります。

作業中のファイルを他のユーザーが閲覧・編集しているかを一目で確認できたり、他のユーザーが変更を保存した場合は、最新バージョンに更新するかを選択することもできます。

チームの効率化も企業データの安全な管理もサポートします

ファイルの
バックアップ

ファイルのバックアップと<br>ストレージ
ビジネスのニーズに合わせて容量を追加できるので、共有や共同作業をシームレスに行えます。
詳しくはこちら

管理ツール

管理ツール
管理コンソールでチームを
一元管理できます。
詳しくはこちら

セキュリティ機能

セキュリティ機能
企業向けのセキュリティ機能を使って会社の機密ファイルを
保護できます。
詳しくはこちら