Skip to main content

Dropbox Backup と Carbonite:比べれば答えは簡単

私たちの生活はデジタル化され、過ごしやすくなったはずですが、なぜか以前よりも忙しくなりました。しかし、デジタルライフの保護において、ファイルとフォルダを安全に保つ方法は 1 つしかありません。Dropbox Backup と別のバックアップ サービスである Carbonite を比較してみましょう。

Dropbox が Carbonite を圧倒

Dropbox Backup のユーザーは、Dropbox Backup が Carbonite よりも直感的で使いやすいと評価しました*。

使いやすい

すべての Dropbox プランに Dropbox Backup が付属しているので、どのプランを選択しても、パソコンや接続済みの外付けドライブを自動的にバックアップできます。Carbonite の場合は、何をバックアップできるか、各プランを確認する必要があります。

セキュリティの強化

Dropbox Backup では手動バックアップが不要です。常に実行されており、クラウド内でファイルの保護と暗号化が自動で行われるため、パソコンに何が起こってもファイルは常に安全です。一方 Carbonite では、動画などすべてのファイル形式が、すべてのプランで自動的にバックアップされるわけではありません。ですからマルウェアやメルトダウンによる攻撃を受けた際に、手動バックアップを行っていなかった場合は大打撃です。

迅速なファイルの復元

パソコンを紛失したり、誤ってファイルを削除したりしても、Dropbox があれば時間を無駄にすることはありません。最高水準の同期技術を基盤とする Backup では長い待機時間が不要になるため、ファイルを短時間でダウンロードして、より重要な作業に取りかかれます。Carbonite だと、そうはいきません。

Dropbox と Carbonite の比較

優れたバックアップ ソリューションでデジタル コンテンツを安全に保管しておくと、何か問題が起きてもすばやくスムーズに復元できます。

「常時稼働」する Dropbox のバックアップ ソリューションなら安心です。最大 2 TB までのあらゆるファイル形式が Windows または Mac からクラウドに自動的にバックアップされ、Dropbox モバイル アプリを含むさまざまな場所から、いつでも簡単にアクセスできます。

足を机に載せて座っているリモートワーカーのイラスト。

Dropbox を使用すると、生活に重要なあらゆるコンテンツに 1 か所から簡単にアクセスできます。必要な加入プランは 1 つだけです。どこからでも Dropbox を使用して、バックアップしたファイルにアクセスできます。Carbonite では、ウェブサイトを通じてのみバックアップにアクセスできます。

タブレットを見ている人物のイラスト。青色のドキュメントが周囲に浮かんでいる。

Dropbox Backup のシームレスなファイル復元プロセスでは、数回クリックするだけでファイルやフォルダをデバイス上の元の保存場所にすばやく復元できます。手動での再編成は必要ありません。

紫色のドキュメントが 3 つのボックスの上に浮かんでいるイラスト。

Dropbox では、プランに応じて最大 180 日間、削除済みファイルを復元できます(Business Plus の場合は 1 年間)。ドキュメントのバージョン管理機能で、ファイルの以前のコピーに戻せるため、ファイルをシームレスに復元できます。Carbonite では、プランによって、削除したファイルを最大 30 日間しか保存できません。

正面に大きな鍵穴がある青い家のイラスト。

Carbonite Safe プランでは、1 台のパソコンしかバックアップできません。一方、Dropbox Backup では、一度設定するだけで、Dropbox を使用できる場所ならどこからでも、パソコンや外付けドライブなどさまざまなデバイスに保存されているファイルに簡単にアクセスできます。

部屋の中でオレンジ色にハイライト表示された 3 つのデバイスのイラスト。

ファイルを継続的かつ自動的にクラウドにバックアップするので、デスクトップから Dropbox アカウントに手動で選択してドラッグする必要はありません。また、ファイル全体を同期するのではなく、変更されたデータのみを同期するため、共同作業によるファイルの変更内容の追跡がはるかに簡単かつ迅速になります。

バトンを渡している 2 人の人物のイラスト。

使いやすい

2024 年現在、Carbonite には 6 つのプランがあり、それぞれが異なる機能を備えています。そのため、利用できる機能がわかりにくくなっています。

  • 3 つの Carbonite Safe プランはいずれも、1 台のパソコンのみをバックアップできます。
  • 複数台の外付けドライブにバックアップする機能は、特定のプランでのみ利用可能です。
  • プランには自動バックアップが含まれていると説明されていますが、4 GB 以上のファイルは 1 つずつ手動でアップデートする必要があります。

一方、Dropbox Backup ではすべての機能を確実に利用でき、プランに応じて最大 2 TB のファイルを自動的にバックアップできます。唯一の違いは、バックアップ ストレージ容量です。この上なくシンプルですね。

Dropbox で削除されたファイルのスクリーンショット。
バックアップ
Dropbox 管理コンソールの暗号化オプションのスクリーンショット。
セキュリティ