共有と管理の権限

共有管理機能とアクセス権限

Dropbox Business の管理機能を使うことで、企業の機密データを保護することができます。

資料を共有するときは、共有リンクに有効期限とパスワードを設定できます。

管理者は、メンバーがどのように共有を行うかを細かく設定できるので、社外とのやり取りも安心です。

紛失したデバイスのデータ保護

パソコンもスマートフォンも、なくしちゃった!

デバイスを失くしてしまったり、盗難にあったときも Dropbox に格納されているファイルは安全です。アカウントへのリンクを解除して同期を停止したり、ローカルの Dropbox フォルダからすべてのファイルを遠隔削除することも可能です。

安全なアカウントのデータ転送

アカウント移行で情報をしっかり保護

アカウント移行機能を使えば、業務で使用しているファイルを別のチーム メンバーのアカウントにすぐに移行できます。

たとえば、社員や契約スタッフが退職する場合でも、管理者は数クリックでそのユーザーのアカウントからファイルをかんたんに移行できるので、情報がなくなってしまったり、漏えいしてしまう心配はありません。

2 段階認証のセキュリティ ツール

2 段階認証でセキュリティ強化

2 段階認証でアカウントのセキュリティをさらに強化することができます。

2 段階認証を有効にすると、認証アプリが 6 桁のコードを生成します。ログインする場合や新しいデバイスをリンクする場合は、パスワードとこのコードを必ず入力する必要があるので、セキュリティも万全です。

チームの効率化も企業データの安全な管理もサポートします

ファイルの
バックアップ

ファイルのバックアップと<br>ストレージ
ビジネスのニーズに合わせて
容量を追加できるので、共有や共同作業を制限なく行えます。
詳しくはこちら

共有も簡単

スムーズな共有と共同作業
作業ファイルの共有やフィードバックの収集を簡単に行えるため、いつどこにいても生産性が落ちることはありません。
詳しくはこちら

管理ツール

管理ツール
管理コンソールでチームを
一元管理できます。
詳しくはこちら