セキュリティ機能

社内のあらゆるファイルを一元管理できるエンタープライズ レベルのクラウド セキュリティ

操作パネル

共有を管理する

直感的な共有管理機能で、企業の機密データを守ります。共有リンクに有効期限とパスワードを追加できるだけでなく、Dropbox 管理者がどのチームにアクセス権を与えるか、または社外ユーザーとの共有を許可するかを決定できます。

共有を管理する

紛失したデバイスの保護

モバイル端末などを紛失したり盗まれたりしても大丈夫。Dropbox がファイルを安全に守ります。アカウントへのリンクを解除して同期を停止したり、Dropbox 管理者がデバイスの Dropbox フォルダからすべてのファイルを遠隔削除したりできます。

遠隔削除により、紛失や盗難にあったデバイスから会社のデータを削除

アカウントの移行

アカウント移行を使えば、仕事で使っていたファイルを別のチーム メンバーのアカウントにすぐに移行できます。契約スタッフが退職する場合、管理者は数クリックでそのユーザーのアカウントを使用停止または削除して、ファイルを移行できます。

メンバーの退職時には、他のチーム メンバーにファイルを簡単に移行

ユーザー認証

アカウントのセキュリティをさらに強化できます。2 段階認証を使うと、ログインや新しいデバイスをリンクする際に 6 桁のセキュリティ コードの入力が必要になります。シングル サインオンでは Active Directory などの既存の ID プロバイダを使用して、チーム メンバーが安全にアクセスすることができます。

Dropbox を導入することでファイルのセキュリティを強化

チームの効率化も企業データの安全な管理もサポートします