Dropbox のセキュリティ

Dropbox は IT 管理者が必要とする管理機能や、高い可視性を提供しています。それを可能にしているのが、転送、保存、処理の際に大切なファイルを守る、安全で高度なインフラストラクチャです。

リスクを的確に見極め、さらには Dropbox のセキュリティを促進するため、当社では情報セキュリティ管理フレームワークを設けています。

Dropbox のセキュリティ

アーキテクチャの概要

Dropbox はセキュリティの高いデータ転送、暗号化、ネットワーク構成、そしてアプリケーション レベルでの制御など、複数のレイヤで保護されるよう設計されています。

暗号化されたファイルを論理的に配布し、その他のデータを複数サービスに分散することで、同期の速度と信頼性が向上するだけでなく、セキュリティの強化にもつながります。

詳しくはこちら

管理機能と可視性

管理者が、それぞれの組織固有のニーズに対応できるよう、Dropbox Business のカスタマイズを可能にするツールを開発しました。

管理コンソールでは、管理者にとって役立つ管理機能や可視性を高める機能だけでなく、製品のさまざまなユーザー インターフェースから利用できる、ユーザー向けのアカウント保護ツールも提供しています。また、Dropbox Business API を使ってコアの IT プロセスにパートナー製品をインテグレーションすることができます。

詳しくはこちら

情報セキュリティ

Dropbox ではリスク評価を常に行っており、システムのセキュリティ、機密性、整合性、可用性を改善しています。

Dropbox はセキュリティ ポリシーのレビューやアップデート、社員に対するセキュリティ トレーニングの提供、アプリケーションやネットワーク セキュリティのテスト(侵入テスト含む)を定期的に実施しています。また、リスク評価とセキュリティ ポリシーのコンプライアンスも監視しています。

詳しくはこちら