Dropbox のセキュリティ

Dropbox は IT 管理者が必要とする管理機能を提供し、高い可視性を実現しています。その根幹は、転送、保存、処理の最中にデータを保護する、安全で高度なインフラストラクチャによって支えられています。このような Dropbox の情報セキュリティ管理フレームワークは、リスクを見極め、Dropbox のセキュリティを促進するために開発されました。

アーキテクチャの概要

Dropbox は、セキュリティで保護されたデータ転送、暗号化、ネットワーク構成、拡張可能で安全なインフラストラクチャ上のアプリケーション レベルの管理機能を含む複数の保護レイヤで設計されています。暗号化されたファイルを論理的に配布し、その他のデータを複数サービスに分散すると、同期の速度と信頼性が向上するだけでなく、セキュリティの強化にもつながります。

詳しくはこちら

情報セキュリティ

Dropbox では常にリスク評価を行い、Dropbox システムのセキュリティ、機密性、整合性、可用性を改善しています。Dropbox はセキュリティ ポリシーのレビューや更新、社員に対するセキュリティ トレーニングの提供、アプリケーションやネットワーク セキュリティのテスト(侵入テストも含みます)を定期的に実施しています。また、リスク評価とセキュリティ ポリシーのコンプライアンスも監視しています。

詳しくはこちら

管理機能と可視性

管理者が組織固有のニーズに対応できるよう、Dropbox Business をカスタマイズするためのツールを開発しました。管理コンソールでは、管理者にとって役立つ管理機能や可視性を高める機能の他に、製品のさまざまなユーザー インターフェースから利用できる、ユーザー向けのアカウント保護ツールも提供しています。また、Dropbox Business API を使って、中核的な IT プロセスにパートナー製品を統合することもできます。

詳しくはこちら