Dropbox エンタープライズ モビリティ管理(EMM)

Enterprise プランのエンタープライズ モビリティ管理(EMM)は、あらゆる個人デバイスで企業のデータと情報を安全に管理できる、ビジネス向けの安全なプラットフォームを提供します。

さまざまな種類のファイルとロックされた Dropbox フォルダが表示されているスマートフォン

企業の情報すべてを常に安全に

Dropbox のエンタープライズ モビリティ管理(EMM)で業務全体のデジタル データ セキュリティを強化しましょう。使用するモバイル デバイスや、状況、職場に関係なく、すべてのビジネス ユーザーの情報を安全に保護します。

セキュリティ ホワイトペーパーをご覧ください。

すべてのモバイル デバイスを保護、モニタリング

Dropbox は、サードパーティの EMM ソリューション プロバイダと提携して、Dropbox モバイル アプリを使用する Dropbox Enterprise ユーザーの管理を強化しています。モバイル アプリの管理ツールを使用すると、管理対象デバイスの利用を管理、制限できるアクセス権限によってビジネス データを保護できます。

モバイル デバイス管理の可視性を向上

会社から提供したデバイスか個人のデバイスかを問わず、利用可能なストレージやアクセスした場所など、従業員のアプリの使用状況を把握できます。モバイル デバイス管理ツールは、モバイルでのセキュリティの脅威に効果的なソリューションです。Dropbox を使用すれば、紛失したデバイスや盗難にあったデバイスから簡単に遠隔削除できます。

複数のプラットフォームやデバイス間での使用状況を簡単に管理

使用状況をリアルタイムで制御

EMM の導入中に、Dropbox EMM プラットフォームや通常のモバイル アプリでセッションがアクティブになっているユーザーを把握できます。

シンプルな導入管理

移行の進捗を確認することで、EMM ツールをどのタイミングで任意ではなく必須にするかを決定しやすくなります。

使用レポートからインサイトを把握

社内全体のユーザー エクスペリエンスとモバイル アプリの使用状況をより深く理解するため、データをご活用ください。

個人と企業のデータを分離

Dropbox アカウントをリンクしても、管理者が自動的に個人用 Dropbox アカウントのデータを閲覧できるようになるわけではありません。個人用デバイスが企業に管理されている場合でも、管理者にアカウントへのアクセス権が付与されることはなく、個人用 Dropbox アカウントの使用を継続できます。会社の管理対象であるデバイスに個人データを保存する場合は、セキュリティ ポリシーについて管理者にご確認ください。