Dropbox のコンプライアンス

Dropbox は、個人と企業のための安全で便利なコンテンツ プラットフォームです。データ、プライバシー、セキュリティに関するグローバルなコンプライアンス基準と規制要件に準拠しています。

透明なホワイトボードにグラフを描く男性とホワイトボードを指さす女性

コンプライアンス対応状況を正確に把握

Dropbox はグローバルな規制要件に対応しており、データの処理やファイルの保管に関するお客様のさまざまなニーズに応えることができます。こちらのセキュリティ ホワイトペーパーで詳しく説明しているように、重要なファイルやドキュメントは Dropbox のインフラストラクチャで安全に保管されます。

クラウド コンプライアンスに関する厳格な基準と規制に対応

直面するコンプライアンス関連の問題、基準、規制は、企業によってさまざまです。そのため Dropbox では、一般的な基準と、お客様企業のポリシー、業態、業種固有のニーズに合わせたコンプライアンス リスク評価手段を組み合わせて運用しています。

Dropbox が対応する基準と規制

ISO 認証

SOC 1/2/3 レポート

クラウド セキュリティ アライアンス - Security, Trust, Assurance, Risk(CSA STAR)レジストリ

欧州連合/米国間プライバシー シールドおよびスイス/米国間プライバシー シールド

EU 一般データ保護規則(GDPR)

HIPAA/HITECH

グローバルな基準に準拠するための Dropbox の取り組み

Dropbox では、独立した第三者機関にコンプライアンス監査を依頼しています。監査機関は、世界で広く採用されているセキュリティ基準に基づいて、Dropbox のシステムおよび対策のリスク領域を評価します。

Dropbox のセキュリティ対策

独立した第三者機関による倫理とコンプライアンスの監査

社内外のアプリケーション セキュリティ テスト

継続的な改善を果たしていることの証明

企業のコラボレーションと成長を支援

Dropbox を利用するさまざまなお客様が、生産性の向上、コストの削減、コラボレーションの安全性強化というメリットを得ています。

生産性と社員満足度

ニュージーランドの Paymark は Dropbox を利用することで、効率性とセキュリティ、そして全社的な社員満足度を高めています。

優れた柔軟性と使用感

チャップマン大学は、Dropbox の導入後わずか 7 日間で、前ソリューションの 4 年間の実績を上回る利用率を達成しました。

老舗業界が取り組むデジタル化

創業 50 年のある老舗企業は、デジタル変革によって自社の競争力、即応性、効率性を高めています。