ファイルの復元とバージョン履歴

ファイルを失くした、間違って編集した、作業を消してしまった、などの経験はありませんか?そんなときも、Dropbox なら安心です。

消えたファイルの復元

誤って重要なファイルを削除してしまった、あるいは全ファイルを消去してしまったという場合でも大丈夫。Dropbox なら消えてしまったファイルも 30 日間(Dropbox Professional ユーザーと Dropbox Business ユーザーの場合はさらに長期間)保存されます。データ復元ツールやファイル復元ソフトウェアを使う必要も、サポートに連絡する必要もありません。dropbox.com から削除されたファイルをすぐに復元できます。USB メモリ、メモリカード、外付けハードディスクなどのリモート ストレージ デバイスから誤ってデータを削除してしまった場合とは異なり、Dropbox のファイルの復元ではいつでもデータを取り戻すことができます。

削除済みフォルダを復元するユーザー

バージョン履歴の閲覧

忙しく作業していると、誤ってファイルを変更してしまうことや削除してしまうこともあります。そんなときでも Dropbox なら、バージョン履歴を開いて変更を元に戻す、または以前のバージョンを復元するだけで簡単に解決できます。Dropbox は、ファイル形式を問わず全ファイルのバージョン履歴を保存します。

ファイルの前のバージョンを復元するユーザー

ファイル変更の通知

チーム メンバーが共有フォルダ内のファイルを移動または削除する際は、ファイルが誤って失われないように確認メッセージが表示されます。また、共有フォルダのファイルが誤って削除または更新されても、デスクトップ通知とメール通知でその操作を把握できます。その後ファイル復元処理を行い、失われたファイルを元に戻すことができます。

共有ファイルが変更された通知を受けてファイルを開くユーザー

アカウントの状態を巻き戻せます

誤って上書きや編集した内容を元に戻すことも、削除したファイルを復元することも、ウイルス攻撃やランサムウェアの脅威にさらされたファイルを復元することもできます。Dropbox 巻き戻し機能を使えば、すべてのフォルダやアカウント全体を 30 日前まで(Dropbox Professional および Business のユーザーは 30 日を超えて)巻き戻すことができます。

Dropbox 巻き戻し機能を使って削除済みフォルダを復元するユーザー

ファイルの復元とは、誤って編集または削除してしまったデータを元に戻すことです。通常は、紛失したデータ、削除したファイルやフォルダが復元対象となり、ハード ドライブ全体が対象となることもあります。

はい。Dropbox から削除したファイルは簡単に復元できます。dropbox.com で[削除したファイル]ページに移動し、復元可能なファイルやフォルダを検索して、[復元]をクリックしてください。Dropbox では、契約プランに応じて最大 180 日まで、削除されたファイルや編集内容を保管しています。

Dropbox では、契約プランに応じて最大 180 日前までのバージョンを保管しています。ファイル履歴は容量制限の対象ではありません。Dropbox でファイル履歴を確認するには、まず dropbox.com のアカウント内でファイル名を使って検索します。次に[バージョン履歴]をクリックし、どのバージョンをプレビューするか選びます。ファイル編集履歴を確認したら、復元するか、現在のバージョンを保持するかを選ぶことができます。これはどの形式のファイルにも当てはまります。

Dropbox 巻き戻し機能とは、フォルダやアカウント全体の状態を 30 日以内のある時点まで(Professional ユーザーは 30 日を超えて)戻せる機能です。トラブルが発生した場合でも、Dropbox のファイル システムを前の状態に復元できます。巻き戻し機能を使えば、大きな障害が起きたときやデータが深刻な被害を受けたときでも、修正や復元が簡単にできます。注:Basic プランでは巻き戻し機能はご利用いただけません。