写真をバックアップできるオンライン ストレージ

Dropbox を使うと、iPhone、Android、Windows、Mac はもちろんカメラからも、写真をクラウドへバックアップできます。

画像の保存とバックアップ

写真を自動でバックアップ

家族旅行の思い出や会社のプロジェクトのコンテンツなど、写真は誰にとっても大切なファイルです。解像度を落とさず、オンライン ストレージにバックアップできれば安心です。Dropbox には写真を安全に保存できる機能がそろっています。その一部をご紹介します。

  • カメラアップロード:スマートフォンやタブレットのカメラロールから、写真を自動で Dropbox にバックアップできる機能です。カメラ、メモリ カード、モバイル デバイスをパソコンに接続して、Dropbox デスクトップ アプリに写真をコピーすることもできます。
  • スクリーンショット バックアップ:Dropbox デスクトップ アプリを設定して、スクリーンショット画像を Dropbox に自動で保存したり、カメラアップロード機能を使ってモバイル デバイスのスクリーンショットをバックアップしたりできます。
  • ドキュメントのスキャン:Dropbox モバイル アプリからスマートフォンのカメラを使うと、領収書、ホワイトボード、書類をスキャンしてデジタル バックアップを作成できます。
スマートフォンの写真のバックアップ

写真の整理と閲覧

一般的なクラウド ストレージ サービスとは異なり、Dropbox では、バックアップした画像ファイルや動画ファイルに簡単にアクセスできます。 

  • Windows や Mac での同期:Dropbox デスクトップ アプリをインストールすると、Windows エクスプローラーや macOS の Finder からフォルダ内のすべての写真にアクセスできるので、サブフォルダを使って整理したり、画像編集ソフトウェアで調整することが、いつものファイル操作と同じように行えます。加えた変更はすべて、Dropbox アカウントに関連付けられている他のデバイスにも反映されます。
  • 写真の閲覧:写真や画像はどれも、モバイル アプリの[写真]タブから閲覧できます。dropbox.com とモバイル アプリでは、フォルダのサムネイルを表示することも可能です。
  • 画像のプレビュー:dropbox.com とモバイル アプリで閲覧できるファイルは 35 種類以上。JPEG、PNG、TIFF、GIF などの一般的なファイルのほか、Photoshop や Illustrator といったアプリケーション ファイル、CR2、DCR、DNG などの RAW 形式、さらに iOS の HEIC もプレビューできます。何よりも便利なのは、Dropbox では特殊な写真ソフトウェアが不要な点です。
写真の整理

写真の共有と配布

おじいちゃんおばあちゃんに孫の写真を見せたい場合も、画像データをパートナー企業や顧客に送りたい場合も、Dropbox なら安全かつ簡単です。

  • 共有リンク:リンクを作成するだけで、Dropbox 内のファイルやフォルダを共有できます。リンクをコピーしてメールやテキスト メッセージ、チャットに貼り付けるだけで、誰とでも共有できます。相手が Dropbox アカウントを持っていなくても問題ありません。
  • アクセス制御:写真への不正アクセスを防ぎたい場合は、パスワードによる保護、有効期限、ログイン要求を共有リンクに設定できます。
  • 共有フォルダ:自分の写真と友人の写真を 1 つのフォルダにまとめたい場合は、相手を招待して互いのアカウントでフォルダを同期すれば、フォルダ内のファイルを共有してやり取りできます。
写真の共有

容量不足の悩みを解消

クラウドに安全に保存したい画像がどれほど多くても、Dropbox なら心配無用です。

  • ストレージの種類:無料の 2 GB のストレージから始めて、さらに容量が必要になったら、2 TB や 3 TB の有料プランに切り替えて写真や動画などのファイルを保存できます。3 TB 以上の容量を利用できるチーム向け加入プランもあります。
  • スマート シンク:今すぐ必要としない写真や動画のファイルやフォルダをオンラインにのみ保存して、ハード ドライブの容量を節約できる機能です。ファイルやフォルダは Windows エクスプローラーや macOS の Finder に表示されますが、実際にダウンロードしない限り、容量はほとんど消費されません。
容量不足の悩みを解消