コラボレーションやコンテンツ管理を効率化

チーム メンバーとの
共同作業、編集、
コンテンツ共有が簡単に

同じページで作業

Dropbox Paper ではチームの共同作業が 1 か所で完結します。Paper を使用すれば、チーム ミーティングの議事録からプロジェクトの概要まで、すべてをチームで共有できます。画像、動画、さらにはコードもチームのプロジェクトに簡単に追加できます。

Paper を使えば、共同作業に適した環境で仕事を一元管理できます。アジェンダのチェックリストと締め切りを作成し、関連ファイルを用意し、新しいアイデアを共有し、コメントを残す。すべてがドキュメント内で完結し、自分の仕事から離れる必要もありません。シンプルで簡潔、使いやすいフォーマット オプションにより、コンテンツ管理に費やす時間を削減し、重要な仕事のコラボレーションにより多くの時間を割くことができます。

1 つのドキュメントで共同作業を行う複数のユーザー

重要なコンテンツをすべて共有

Paper のコラボレーション機能を使うと、プロジェクト チームとあらゆるコンテンツを 1 つのドキュメントで共有できます。チェックリスト、表、アニメーション GIF、絵文字、ファイル、リンク。進行中の共同作業に関連するほぼすべてのものをリアルタイムで Paper ドキュメントに追加できます。SoundCloud の曲や YouTube のリンクをシームレスに埋め込むことも可能です。

共同作業用のドキュメントにリッチ メディアを埋め込むユーザー

リアルタイムでのフィードバック

Paper ではプロジェクトのフィードバック収集プロセスがこれまで以上に簡単になります。1 つの文書だけで同僚とのコラボレーション、共有、編集が可能です。

ドキュメントの特定の部分にコメントを残して同僚をタグ付けすれば、その同僚にコメント通知を送ることができます。ドキュメント オーナーから権限が与えられている場合は、ドキュメント内のテキストを直接編集することもできます。

共有ドキュメント上のフィードバックで共同作業を行うユーザー

チームによる職場でのコラボレーションは、単なるチームワークを指すものではありません。共通の目標を達成するための共同作業、革新的な発想、平等な参加を組み合わせた、プロジェクト管理のアプローチです。多くの場合、チームによる職場でのコラボレーションの成功は、各個人の貢献を重視する企業文化に加えて、コミュニケーション、意思決定、ワークフローを改善するテクノロジー ツールに支えられています。

Dropbox Paper は、自然でオープンなコミュニケーションを生む効果的なワークスペースです。そのため、オンライン コラボレーション ツールとして使用する方法は数多くあります。最も効果的な使い方の 1 つは、チームのコンテンツ、情報、アイデアを共有する中心的なハブとして使用することです。会議メモ、プロジェクト計画書、To-do リスト、コンテンツへのリンクを、皆が確認できる 1 つのドキュメントに整理すれば、チーム メンバー全員で最新情報を共有できるようになります。

新しい Dropbox デスクトップ アプリを使用すると、ファイル、ツール、チーム メンバーを 1 か所にまとめられるようになり、チームとしてさらに効率よく、効果的に作業を進めることができます。

 

コラボレーション プラットフォームを使用すると、個人でも大規模なチームでも、誰もが共通の目標と問題解決のサポートに向けて効果的に協力できるようになります。コラボレーション ツールには次のようなメリットがあります。

        •  効率的なワークフローとプロセス

        •  一元化された情報プラットフォーム

        •  コミュニケーションと信頼関係の強化

Dropbox は、ファイル、ツール、ユーザーを便利なワークスペースに集約することで、効果的なコラボレーションを促進し、強化します。最高の仕事をするために必要なすべてのものが整理され、簡単に見つけられる状態で、チーム メンバーや外部パートナーとも簡単に共有できれば、チームのコラボレーションはスムーズに進みます。