ストレスフリーなファイル共有

ファイル共有を簡単に、安全に。

ファイルやフォルダを誰とでも簡単に共有

Dropbox によるファイル共有はシンプルで手間がかかりません。たとえ相手が Dropbox アカウントを持っていなくても、リンクを共有するだけで、写真やビデオはもちろん、圧縮フォルダや大容量の CAD ファイルまで、あらゆるデータを送信できます。スマートフォン、タブレット、パソコンを使用してどこからでも共有しましょう。

メールの添付ファイルとは異なり、ファイルのサイズ制限を心配する必要はありません。Dropbox でご利用のストレージ容量(2 GB 以上)と同じサイズまで、大容量ファイルを送信できます。Dropbox Showcase を使えば、いくつものプロジェクト ファイルをまとめて、ロゴやグラフィックを駆使したオリジナルのプレゼンテーションを作成することもできます。

 

ファイルの共有

共有ファイルの更新状況をリアルタイムで把握

いつ誰がファイルを変更したか、正確に把握できます。クラウドによるファイル共有では、ファイルの追加、編集、削除、名前変更、移動を行ったユーザーをすぐに確認することが可能です。共有ファイルに加えられた変更は自動的に更新され、共有している全員のデバイスで同期されます。Showcase では、共有したファイルを閲覧、ダウンロード、コメントしたユーザーを追跡できます。

共有ファイルの更新

共有フォルダの整理

Dropbox はチームがファイルを一元的に整理するのに最適です。チーム メンバーは何がどこにあり、どのファイルが最新で作業対象であるかが簡単にわかります。

  • 共有フォルダ:多数のファイルを扱うプロジェクトに複数名で取り組んでいるなら、共有フォルダが便利です。コンテンツの共有、フォルダの説明の追加、タスクの割り当てなどの豊富な機能を使って、チーム メンバーの足並みを揃えることができます。共有フォルダで行った編集はすぐに他のメンバーと同期されるため、簡単にすばやくコラボレーションが行えます。
  • グループ:グループを作成し、そこにメンバーを追加してそのグループを共有フォルダに招待することで、資料を関係者と簡単に共有できます。
共有ファイルの整理

何をどこまで共有するのかを決められます

  • フォルダ権限の管理:複数のフォルダ権限を使用して安全にフォルダを共有します。共有相手には、編集権限または読み取り専用権限を設定できます。
  • 共有管理機能:ファイルをメールに添付して送ると、データの安全性が脅かされる可能性があります。Dropbox では、ファイルやフォルダへのリンクに読み取り専用権限を設定できます。また、共有リンクへのパスワードの追加、有効期限の設定、ダウンロードの無効化も可能です。
  • フォルダ権限を細かく管理:フォルダ全体を共有せず、特定のサブフォルダだけを共有することも可能です。たとえば、「グラフィック デザイン」フォルダに配置されている「最終画像」サブフォルダ限定のアクセス権をベンダーに付与することができます。
Dropbox セキュリティ

ファイル共有とは、デジタル情報またはリソースを公開または非公開で共有することです。ファイル共有の一般的な方法には、ウェブ、リムーバブル USB ドライブ、FTP サーバー、P2P ネットワークなどがあります。現在使われている最も便利な方法は、オンラインまたはクラウドでのファイル共有です。これは、あるユーザーから別のユーザーにインターネット経由でファイルやコンテンツへのアクセス権限を付与する方法です。Dropbox はオンラインまたはクラウドベースのファイル共有システムとして使用できます。

Dropbox では、シンプルな方法で誰にでもファイルを送信または共有することができます。相手が Dropbox アカウントを持っている必要はありません。Dropbox 内のファイルを送信するための共有リンクを作成し、そのリンクをチャット、メッセージ、メールなどで相手と共有します。共有リンクを知っているすべてのユーザーがファイルを閲覧し、ダウンロードできます。 

Dropbox フォルダは誰とでも簡単に共有できます。共有するフォルダへの共有リンクを作成し、その共有リンクをメール、チャット、メッセージなどで相手に送信します。共有リンクを知っているすべてのユーザーが、共有したフォルダのコンテンツを閲覧し、ダウンロードできます。 

Dropbox アカウントを持たないユーザーを含め、誰とでもファイルやフォルダを共有できます。ファイルまたはフォルダの共有リンクを、メール、チャット、メッセージで相手に送信するだけです。