画像や PDF に透かしを挿入

Dropbox は簡単な方法で不正使用からファイルを保護します。

プランを比較

すでにアカウントをお持ちの場合は、ログインしてください

どんなファイルでも Dropbox から直接透かしを追加可能

デジタル ファイルの共有はますます手軽に、簡単に行えるようになっています。そのため、ビジネス用ファイルが許可なく使用されないように保護することが重要になります。Dropbox の透かし機能を使えば、画像や PDF に簡単に透かしを入れることができます。プロによる写真、企業秘密のドキュメント、プライベートなドキュメントを問わず、ロゴやテキストの透かしを簡単に挿入して、ファイルを操作できるユーザーを管理できます。透かし用のソフトウェアを追加する必要はなく、Dropbox 内ですべて完結します。

透かしを使用すべき理由:

  • グラフィック デザインのファイル、会社のロゴ、レイアウト、ポートフォリオ作品:価値あるクリエイティブなアイデアやビジュアル ファイルも、デジタル形式であればいとも簡単にコピーできてしまいます。透かしを入れると、作業ファイルを盗難から保護することができます。
  • 機密契約、財務記録、法的資料:機密資料に透かしを入れると、同意なく重要な財産が共有されないよう保護することができます。
  • 電子署名が必要なドキュメント:透かしを入れた草稿でレビューや編集を行ってから電子署名を依頼することで、ドキュメントを保護できます。
  • 結婚式の写真、プロフィール写真、プライベートな画像:インターネットで共有したくないビジネス用の写真やプライベートな写真も、透かしを入れることで保護できます。

カスタマイズして簡単に自分だけの透かしを作成

独自にカスタマイズした透かしを作成することもできます。専用の透かしアプリは不要。デスクトップまたはノートパソコンから Dropbox アカウントにログインし、画像をクリックすれば、必要なツールをすぐに利用できます。以下の操作が可能です。

  • 独自のロゴを使用:自分のブランドを使用して透かしをカスタマイズ、またはデフォルトのスタンプを使用
  • 位置変更と回転:透かしの位置変更や回転は自由自在
  • 透明度とサイズの変更:透明度を調整して完全に透明な透かしや半透明の透かしを作成でき、サイズの拡大と縮小も可能
専用の透かしを作成

簡単に透かしを挿入、削除

画像や PDF に透かしを追加する場合は、必要なときに元のファイルを使用できるよう、元のファイルに透かしを入れたバージョンをコピーとして保存することをおすすめします。Dropbox なら、元の写真やファイルを間違って上書きしてしまっても、バージョン履歴を使って元のファイルを復元することができます。

自分で透かしを削除するのは簡単ですが、クライアントや顧客には削除できません。上書きしたオリジナルまたはコピーを誰かに送信しても、透かし入りファイルはそのまま残ります。つまり、自分以外は誰も透かしを削除することはできません。

透かしのバージョンを管理

Dropbox でファイルの保護を強化

透かし入りの画像や PDF を Dropbox フォルダに保存。これだけで、常にすべてのファイルが安全にバックアップされるので安心です。

また管理者は、ビジネス用ファイルに透かしを挿入する機能を有効または無効に設定でき、特定のドキュメントに誰がどのような変更を行ったかを確認することもできます。これにより、ビジネス用ファイルに対する監視、管理、セキュリティを高めることができます。

ファイルの保護を確実に

透かしとは、画像の上に重ねられた半透明のテキストまたはロゴです。写真や PDF などのファイルに透かしを挿入することで、ファイルが自分のものだということを明確にし、不正使用を防ぎます。

Dropbox で透かしを挿入できるファイルの種類は、JPEG、PNG、BMP、PDF です。

画像の透かしは画像を十分に覆う大きさにし、悪意ある人物によって簡単に切り取られないようにすることが重要です。画像またはファイル全体を透かしで覆い、大切な財産をさらに保護することもできます。タイル機能を使用すると、透かしが画像やファイルの上に繰り返しパターンで配置されるため、透かしが不正に切り取られるリスクを軽減することができます。

元の写真に透かしを入れることはできますが、おすすめしません。バージョン履歴を使用していつでも復元できますが、元のファイルは手元に残し、透かしを入れたコピーを作成するほうがよいでしょう。

現在、透かし機能をご利用いただけるプランは Dropbox Professional、Standard、Advanced、および Enterprise です。