タスク管理が
シンプルに

Dropbox Paper で
To-Do リストを効率的に管理

仕事をしながら To-Do リストに
完了のチェックを

Dropbox Paper を使用すると、チーム プロジェクトを一元管理できます。ミーティング時のメモ、コード、アニメーション GIF など、プロジェクトに必要なすべてを追加しましょう。 

Paper 文書内で、To-Do リストを作成できます。たとえば、雑誌の表紙用の画像を入稿する前にやるべきことのリストがあれば、「画像レビュー」という To-do リストをその画像のすぐ隣に作成できます。作業する箇所に直接 To-Do リストを作っておくことで、何を行うべきかとその理由をチーム メンバーに周知できます。 

To-do リストの作成

全員でゴールを目指す

Paper から直接、自分やチーム メンバーにタスクや締め切りを設定できます。締め切りが近づくと Paper が自動リマインダーを送信するので、全員が共通の認識を持てるようになります。メンバー自身が完了したタスクにチェックを入れていくことで、全員が責任を持って仕事に取り組めます。

タスクの割り当て

全員の仕事をひとつの場所から把握

仕事全体の把握と対応が楽になればなるほど、複雑なプロジェクトやタスクも管理しやすくなります。

Paper では、全員に割り当てられたタスクと業務の概要を 1 か所で把握できます。そのため、複数の共同編集者にメールで意見を求めたり、フォローアップの質問を送信する必要はありません。

誰かが Paper 文書で作業を行うと、その人の名前が作業した部分の隣の余白に表示されます。チーム メンバーの仕事に直接コメントを追加し、名前にタグ付けすると、フィードバックが付いたという通知が送られます。

タスクの管理