電子署名によりワークフローを集約して合理化

Dropbox 内でドキュメントを作成して電子署名することで、ファイルを効率的に整理しながら安全性も強化できます。

業務を効率化してさらに円滑な共同作業を促進

Dropbox と電子署名ツールを組み合わせれば、契約書の初稿から最終版 PDF の作成、さらには署名に至るまですべてを迅速、簡単、そして安全に行うことができます。Dropbox アカウントから直接ファイルを共有して、電子署名をリクエストできます。ファイルに加えられた変更は、共有フォルダに自動で反映されます。Dropbox 内に保存している同じドキュメントに複数の署名者を追加することもできるので、チーム全体で最新情報を簡単に共有できます。対応するソフトウェアの購入やダウンロードは不要です。Dropbox をファイル ビューアーとして活用すれば、さまざまな動画ファイル、オーディオ ファイル、テキスト ファイルをあらゆるデバイスからプレビューできるようになります。

HelloSign を使用して Dropbox 内の PDF ファイルを開く

Dropbox なら Word 文書や PDF などのファイルへの電子署名が簡単に

Dropbox は優れた電子署名ツールである HelloSign(Dropbox 傘下)、Adobe SignDocuSign と連携しているので、重要なドキュメントをオンラインで送信して電子署名を依頼する作業がとてもスムーズです。ファイルに署名をする段階になったら、対象の PDF や Word ファイルを選択し、[開く]メニューから電子署名に対応したアプリを選ぶだけです。使用したい電子署名ツールをクリックすれば、そのアプリ内でファイルが開き、そこからファイルを共有して署名を依頼することができます。

Dropbox 内の共有ドキュメントに署名

電子署名されたすべてのドキュメントを整理して安全に保管

堅固なセキュリティと強力な暗号化機能を備えた Dropbox のアーキテクチャが、電子署名されたドキュメントをしっかりと保護し、法的拘束力を持つ署名*を守ることができます。Dropbox を使うと 1 か所ですべてが完結します。ドキュメントの作成、共同作業と電子署名の依頼、信頼できる統合機能を利用した電子署名、さらに Dropbox への署名済みドキュメントの保存まで、すべてを 1 か所で行うことができる便利なプラットフォームです。

安全な共有フォルダ

環境にもコストにも優しい電子署名

電子署名はワークフローを円滑にするだけでなく、二酸化炭素排出量の削減にもつながります。電子署名を行うことで、不要な紙の消費を減らすことができます。さらに紙の書類を郵送する際に発生する温室効果ガスも削減できます。もちろん、備品の紙や郵便にかかる費用が不要になれば、時間と経費の節約にもつながります。

環境にもコストにも優しい電子署名

Dropbox を使用してオンラインでドキュメントに電子署名をする利点は何ですか?

Dropbox を使用してオンラインでドキュメントに電子署名をする利点はたくさんあります。Dropbox と電子署名ツールを別々に使うこともできますが、両者が統合されていればワークフローをさらに効率化できます。Dropbox に重要なドキュメントをすでに保存していれば、Dropbox アカウントから直接ドキュメントを送信して電子署名を依頼することや、署名済みドキュメントの保存、すべてのフォルダとファイルの管理も 1 か所で行うことができます。また、特定ファイルへのアクセスの制限、ドキュメントの整理、タスクの管理、チームの作業内容のスムーズな同期も可能です。

Dropbox 内で電子署名を依頼するにはどうしたらいいですか?

デスクトップで Dropbox アカウントを開き、電子署名を依頼したいドキュメントをクリックします。[次で開く]ドロップダウン メニューをクリックして、使用する電子署名ツールを選択します。

PDF に署名を追加するにはどうしたらいいですか?

iPhone または iPad で、Dropbox モバイル アプリを開きます。対象の PDF ファイルまで移動し、タップして開きます。プレビュー画面で編集アイコンをタップします。最後に[テキストまたは署名を追加]をタップします。

電子署名と手書きの署名の主な違いは何ですか?

基本的に、法的な違いはありません*。電子署名も、手書きの署名と同様に法的拘束力があります。2000 年にはアメリカ議会にて国際および国内商取引における電子署名に関する法律(ESIGN、Electronic Signatures in Global and National Commerce Act)が可決され、電子的に締結された契約書の有効性と法的効力が保証されています。

電子署名の統合機能を Dropbox で有効にするにはどうしたらいいですか?また、電子署名ツールはすべての Dropbox プランで利用できますか?

電子署名の統合機能はすべての Dropbox プランで利用可能で、有効化するのも簡単です。Dropbox Extensions として利用可能なサードパーティ アプリは、自動的に Dropbox アカウントとリンクされます。画像、PDF、AutoCAD ドキュメントなどの特定のファイル形式を開く際、[開く]ボタンを選択すると利用可能なオプションが表示されます。Dropbox Extensions を使用して初めてファイルを開く際には、Dropbox アカウントの認証が求められます。認証を行うのは初回のみです。

Dropbox の電子署名統合機能を利用する利点は何ですか?

Dropbox と電子署名ツールを別々に使うこともできますが、両者が連携されていればワークフローをさらに効率化できます。Dropbox に重要なドキュメントをすでに保存していれば、Dropbox アカウントから直接ドキュメントを送信して電子署名を依頼し、署名済みドキュメントの保存、すべてのフォルダとファイルの管理も 1 か所で行うことができます。また、特定ファイルへのアクセスの制限、ドキュメントの整理、タスクの管理、チームの作業内容のスムーズな同期も可能です。

 

*電子署名法は地域によって異なるため、当てはまらない場合もあります。

その他の機能

オンライン クラウド ストレージ

クラウド ストレージ

強力なオンライン クラウド ストレージですべてのファイルを安全に保存

ドキュメント スキャナー アプリ

ドキュメント スキャナー アプリ

書類や写真はドキュメントスキャナーでデータとして保存

タスク管理ツール

タスク管理

Dropbox Paper の To-Do リストで効率的にタスク管理

プロジェクト計画書テンプレート

プロジェクト計画書テンプレート

Dropbox Paper で自分だけのプロジェクト管理テンプレートを作成