どんなファイルにも使えるクラウド ストレージを

クラウドならすべてを安全に保存できます

あらゆるファイルやフォルダをバックアップ

写真や動画から大容量の CAD ファイルや PowerPoint プレゼンテーションまで、バックアップするファイルやフォルダが何であれ、Dropbox なら安全に保存できます。

クラウド ストレージ サービス

複数のデバイスからファイルにアクセス

Dropbox を使えば、オンラインへのファイル保存とクラウドへのファイル バックアップが 1 か所でできます。仕事中でも外出中でも、ファイルはデバイス間で同期され、いつどこにいてもアクセスできます。Dropbox アカウントへは、Windows や Mac のデスクトップ アプリ、iOS や Android デバイス用のモバイル アプリ、またはウェブ ブラウザからアクセスできます。

複数のデバイスで使用できるクラウド ストレージ

データを保護

デバイスの盗難や紛失の際にも、データを失うことはありません。遠隔削除を使えば、失くしてしまったデバイスの Dropbox アカウントからすべてのファイルとフォルダを消去できます。ファイルはクラウド ストレージに安全に保存され、複数のバックアップが作成されます。

Dropbox のクラウド ストレージでデータを保護

ファイルの復元

誤ってファイルを削除しても、意図せず上書きしてしまっても、心配ありません。Dropbox では削除されたファイルやフォルダのコピーが 30 日間(Dropbox Business ユーザーの場合は 120 日間)保存されます。過去のバージョンが複数保存されているので、簡単に復元できます。また、チーム メンバーがファイルの移動や削除を行うと、確認のためにデスクトップに警告が表示されます。操作するときに結果を把握できるので、誤ってファイルを削除してしまうミスを減らすことができます。

ファイルを簡単に復元

ニーズにあった容量が選べます

ストレージ容量にお困りですか?Dropbox なら、必要なデータ ストレージ容量に合わせてさまざまなプランから選べるため、ディスク容量を節約できます。

クラウド ストレージとは、リンクされたデータ サーバーのネットワークの総称であり、さまざまなデバイスでファイルの共有やアクセスを行うために使われます。クラウド ストレージ プロバイダーは、こうしたネットワークを構成するサーバーをオフサイトに所有し、保守しています。ユーザーはファイルをサーバーにアップロードし、ウェブサイト、デスクトップ アプリ、モバイル アプリなどを使い、クラウド内のデータにアクセスできます。

クラウド ストレージには、インターネット経由でデータを簡単に保存してアクセス、保護できるというメリットがあります。あらゆる種類のファイルをアップロードし、複数のデバイスからアクセスできるため、作業の効率化が期待できます。重要なデータはすべて別の安全な場所にバックアップされているため、安心して使うことができ、特に災害復旧時には便利です。

企業にとってはクラウド ストレージを使うことで、データ管理のリソースを削減できるというメリットも得られます。チームはそれぞれのニーズに適したストレージ容量や料金を選択でき、データ管理に伴うエネルギーやメンテナンスのコストを低減できます。

Dropbox をクラウド ストレージとしてお使いいただくことで、個人用、ビジネス用にかかわらず、すべてのファイルを安全なクラウドに保存して、さまざまなデバイスからアクセスできます。Dropbox Business では、チームのニーズに合わせてさまざまなストレージ容量を用意しており、コラボレーションと生産性を高めるツールや強力なデータ保護機能など、豊富なメリットがあります。

Windows、Mac、Linux コンピューターから Dropbox へアクセスするには、dropbox.com からウェブ経由、またはデスクトップ アプリを使用する 2 種類の方法があります。どちらの方法でも、ファイルのアップロードやアクセスにはデバイスをインターネットに接続する必要があります。

はい。Dropbox アプリは iPhone、iPad、Android でお使いいただけます。Dropbox アカウントにはどこからでもアクセスでき、たとえインターネット接続がなくても、オフラインのままファイルへのアクセスが可能です。Dropbox アプリを使って、どこからでもファイルを共有し、写真や動画を Dropbox に直接保存できるのに加え、サードパーティ製アプリでファイルを開く、編集するなどもできます。