大容量ファイルを確実に送信

Dropbox で簡単に共有

大容量ファイル 送信
大容量ファイルを確実に送信

大きなファイルも小さなファイルも

大容量のメディア ファイル、CAD 図面、画像を多用したレポートを同僚やご友人と共有したくても、ファイルが大きすぎてメールに添付できないことがあります。

Dropbox では、Windows や Mac、あるいは iPad、iPhone、Android、Windows モバイル デバイスからでも、あらゆる種類の大容量ファイルを誰にでも送信できます。ファイルまたはフォルダの共有リンクを 作成し、 そのリンクのコピーをメールやチャットで送信するだけ。Dropbox から直接ファイルを共有することもできます。相手が Dropbox ユーザーでなくても、ファイルを閲覧してダウンロードできます。

大容量ファイルで一杯のプロジェクト全体をパートナーやクライアントと共有したい場合、Dropbox Showcase を使用すればプレゼンテーションもファイルの追跡も 1 か所で完結します。

大容量ファイル 転送

ファイルを安全に送信

送信後の添付ファイルを管理できないことに不満を感じたことはないですか?Dropbox なら、共有後もファイルを管理し続けることができます。Dropbox のファイル リンクを共有すると、そのファイルを閲覧し、コメントを付け、ダウンロードすることはできますが、元のファイルは編集できません。

共有リンクをパスワードで保護したり、リンクの有効期限を設定することもできます。共有ファイルを編集できるようにするには、ファイルを格納した共有フォルダに相手を招待するだけです。 

安全 ファイル 転送

さまざまなファイルをプレビュー可能

ファイルの共有相手にとっても、Dropbox での共有は簡単で便利です。たとえば Photoshop、Excel、Sketch のファイルなど、共有相手はどんなファイルでも閲覧しコメントすることができます。これらのアプリがインストールされている必要はありません。

Dropbox Showcase を使用すれば、カスタマイズしたレイアウトやファイル キャプション機能を使用したオリジナルのプレゼンテーションを簡単に作成できます。

ファイル プレビュー