大容量ファイルを確実に送信

Dropbox で簡単に共有

大きなファイルも小さなファイルも

大容量のメディア ファイル、CAD 図面、画像を多用したレポートを同僚や友人と共有したくても、ファイルが大きすぎてメールに添付できないことがあります。

Dropbox では、Windows や Mac、あるいは iPad、iPhone、Android、Windows モバイル デバイスからでも、あらゆる種類の大容量ファイルを誰にでも送信できます。ファイルまたはフォルダの共有リンクを作成し、そのリンクのコピーをメールやチャットで送信するだけで簡単にファイルを転送できます。Dropbox から直接ファイルを共有することもできます。相手が Dropbox ユーザーでなくても、ファイルを閲覧してダウンロードできます。

大容量ファイルがたくさんあるプロジェクト全体をパートナーやクライアントと共有したい場合、Dropbox Showcase を使用すればプレゼンテーションもファイルの追跡も 1 か所で完結します。

大容量ファイル 転送

ファイルを安全に送信

送信後の添付ファイルを管理できないことに不満を感じたことはないですか?Dropbox なら、共有後もファイルを管理し続けることができます。Dropbox の共有リンクでファイルを転送すると、そのファイルを閲覧し、コメントを付け、ダウンロードすることはできますが、元のファイルは編集できません。

共有リンクをパスワードで保護することも、リンクの有効期限を設定することもできます。共有ファイルを編集できるようにするには、ファイルを格納した共有フォルダに相手を招待するだけです。 

安全 ファイル 転送

使い慣れたツールで共有

Dropbox は主要なアプリとシームレスに統合されているので、チーム メンバーとのファイル共有も簡単です。Slack のチャンネルや Zoom Meetingに、Dropbox から直接コンテンツを共有できます。

さまざまなファイルをプレビュー可能

ファイルの共有相手にとっても、Dropbox での共有は簡単で便利です。たとえば Photoshop、Excel、Sketch のファイルなど、共有相手はどんなファイルでも閲覧しコメントすることができます。これらのアプリがインストールされている必要はありません。

Dropbox Showcase を使用すれば、カスタマイズしたレイアウトやファイル キャプション機能を使用したオリジナルのプレゼンテーションを簡単に作成できます。

ファイル プレビュー

Dropbox では、動画や画像などの大容量ファイルを誰にでも簡単に送信でき、受け取る側も Dropbox アカウントなしでファイルにアクセスできます。Dropbox 内のファイルを送信するための共有リンクを作成し、チャット、メッセージ、メールなどで相手と共有します。ファイルのサイズや種類は問いません。  

はい。Dropbox モバイル アプリを使えば、iPhone や Android デバイスからでも大容量ファイルを送信できます。Dropbox 内のファイルを送信するには、共有リンクを作成すれば、どんなサイズのファイルでもチャット、メッセージ、メールなどで相手と共有できます。

はい。Dropbox モバイルアプリを使用すると、Android デバイスから iPhone に、または iPhone から Android デバイスに、大容量の動画やファイルを送信できます。Dropbox モバイルアプリでは共有リンクを使うことで、大容量の動画など、あらゆるファイルを送信できます。

Dropbox では、大容量ファイルをメールで簡単に送信できます。メールに添付するためにファイルを圧縮する必要はありません。Dropbox アカウントに保存されているファイルへの共有リンクを作成し、メールで相手と共有するだけです。 

Dropbox にアップロードするファイルの合計が、ストレージ容量制限を超えることはできません。デスクトップまたはモバイル アプリを通じてアップロードするファイル サイズに制限はありませんが、dropbox.com にアップロードできるのは 50 GB が上限となります。Dropbox からダウンロードする場合には、次の制限が適用されます。 

  • Basic(無料)アカウント:20 GB の帯域幅、1 日のダウンロード回数の上限は 10 万回
  • Plus、Professional、Business アカウント:200 GB の帯域幅、1 日のダウンロード回数は無制限