容量があれば仕事がもっとスマートに進みます

業務に必要なストレージを確保しましょう

容量にもう困らない

写真やビデオなどのファイルを保存していくと、パソコンの容量はすぐに足りなくなってしまいます。圧縮したプロジェクト フォルダや大容量の CAD ファイルなどをチーム内でやり取りしていればなおさら、容量の上限に達するのもあっという間です。

Dropbox スマート シンクでは、ファイルやフォルダをローカルなハード ドライブからクラウドに移行することで、簡単にパソコンの容量を空けることができます。 とりわけ、外付けハード ドライブを持ち歩かなくてもファイルにアクセスできるというのは、大きなメリットです。

容量を節約

オフラインでもすべてのファイルを確認

Dropbox ではファイルが常に目の届くところにあるので、うっかり忘れてしまうことがありません。スマート シンクでは、オンラインのみに保存しているファイルも含めて、すべてのファイルをファイル エクスプローラー上で通常どおりに表示できます。クリックするだけの簡単な操作で、必要なときだけファイルを同期したり、ファイルをクラウドに保存して容量を空けたりできます。これで、ストレージ容量の管理にかかっていた時間を減らして、本当に重要な仕事に集中することができます。

オフラインでのファイル閲覧

ディスク容量を空ける(パソコンの空き領域を増やす)には、不要なファイルを削除したり、一時ファイルや重複ファイルを消去するなど、いくつかの方法があります。パソコンの空き容量を増やすもう 1 つの効率的な方法は、あまりアクセスしないファイルをクラウドに保存することです。Dropbox では、スマート シンクを使うことで、現在使用していないファイルを dropbox.com アカウントに移動できます。ファイルやフォルダを[オンラインのみ]に設定することで、ハード ドライブの空き容量を増やしてパソコンの容量を節約できます。また、選択型同期機能を使用すると、どのフォルダを同期してパソコンに保存するかを選択することができます。

Dropbox では、個人またはチームを問わず必要な容量をご利用いただけるよう、それぞれのニーズに適したプランをご用意しています。各プランのストレージ容量は次のとおりです。 

  • Dropbox Basic:2 GB
  • Dropbox Plus:2 TB(2,000 GB)
  • Dropbox Professional:3 TB(3,000 GB)
  • Dropbox Business Standard:3 TB(3,000 GB)
  • Dropbox Business Advanced:必要に応じて容量を追加
  • Dropbox Enterprise:必要に応じて容量を追加

各プランを比較して、適切な Dropbox プランをお選びください。 

Dropbox スマート シンクでは、必要なファイルのみをハード ドライブに同期することで、パソコンの空き領域を増やすことができます。すべてのファイルやフォルダを dropbox.com アカウントのクラウド ストレージに保存したまま、特定のものをローカルのハード ドライブから移動して、簡単にパソコンの容量を空けることができます。スマート シンクの最新の強化により、しばらくアクセスしていないファイルやフォルダも自動的に移動されるので、同期の設定を変更する必要はありません。