{"en":"This page is not currently available in your language.","id":"Halaman ini sekarang belum tersedia dalam bahasa Anda.","ms":"Laman ini kini belum boleh didapati dalam bahasa anda.","es_ES":"Esta página no está disponible en tu idioma en este momento.","da_DK":"Denne side er i øjeblikket ikke tilgængelig på dit sprog.","fr":"Cette page n'est actuellement pas disponible dans votre langue.","de":"Diese Seite ist zurzeit nicht in Ihrer Sprache verfügbar.","en_GB":"This page is not currently available in your language.","pl":"Ta strona aktualnie nie jest dostępna w Twoim języku.","it":"Al momento questa pagina non è disponibile nella tua lingua.","nl_NL":"Deze pagina is momenteel niet beschikbaar in je taal.","nb_NO":"Denne siden er for øyeblikket ikke tilgjengelig på språket ditt.","ru":"На данный момент эта страница недоступна на вашем языке.","zh_TW":"此頁面目前沒有您語言的版本。","sv_SE":"Denna sida är för närvarande inte tillgänglig på ditt språk.","th_TH":"หน้านี้ยังไม่มีให้บริการในภาษาของคุณในขณะนี้","zh_CN":"本页面暂无您所需的语言版本。","ja":"申し訳ありませんが、このページは選択した言語ではご利用になれません。","pt_BR":"Esta página não está disponível no momento em seu idioma.","ko":"현재 이 페이지는 한국어 번역이 제공되지 않습니다.","es":"Esta página aún no está disponible en tu idioma.","uk_UA":"На даний момент ця сторінка недоступна на вашій мові.","en_AU":"This page is not currently available in your language."}

Dropbox インテグレーションでワークフローを最適化

Dropbox と使い慣れた「あの」アプリがあれば、これまでの働き方をさらにパワーアップできます。

Dropbox Business 無料トライアル版もぜひお試しください。

Dropbox インテグレーションでワークフローを最適化

作業をもっとスマートに効率よく

シームレスなコミュニケーション

使い慣れたコミュニケーション ツールは人それぞれ。タスクごとにツールを使い分ける人もたくさんいます。アプリが使いやすければ、仕事もはかどります。

合理的なプロセス

ファイルが複数のデバイスに散在し、チーム メンバーが異なる場所で仕事をしていると、生産性の維持が難しくなります。ワークフローを自動化することで、生産性を改善できます。

安全な共同編集

社員が社内の同僚と同じように、社外のパートナーともやり取りをする新しい働き方では、セキュリティの確保が IT 部門の課題となります。

最高のツールと連携して Dropbox を最大限に活用しましょう

Dropbox では異なるワークフローを連携させるツールの開発に取り組んでいます。中でも、できるだけ使いやすいツールの開発や、日頃使い慣れた他社のツールとの統合に力を入れています。Dropbox の生産性プラットフォーム パートナーをご紹介します。

Dropbox Paper と Slack が Patreon にもたらすクリエイティブ プロセスの向上

Patreon はクリエイティブな人材のキャリアの在り方を変えています。同社にとっては、関係者全員がコンテンツやコミュニケーションを常に把握できるようにしておくことことが特に重要なのです。インテグレーション事例をご覧ください。