Dropbox によるクラウド セキュリティ

すべてのファイルに安全なクラウド ストレージを

安全なクラウド ストレージ

クラウド セキュリティとは?

クラウド セキュリティとは、ポリシー、テクノロジー、ソフトウェア、アプリを組み合わせて、オンラインで保存されているユーザーの個人情報や業務データを保護することです。クラウド データ保護は、オンプレミスのデータ センターの堅牢性を応用し、ハードウェアのメンテナンス費をかけずにクラウド インフラストラクチャの安全を守ります。

クラウド コンピューティングは、クラウド環境でデータを遠隔制御および監視するソフトウェアやアプリを使用することで、IT マネジメントをシンプルにします。さらに、適切なクラウド プロバイダーを選ぶことで、チームや組織はデータを安全に保存し、迅速な規模拡大を容易に実現できるようになります。

クラウド全体でデータを保護

安全なクラウド ストレージの仕組み

クラウド プロバイダーは、リンクされたデータ センターのネットワークを使用してオンライン データの保管および処理を行います。SaaS、PaaS、IaaS をはじめとして、どのクラウド ソリューションもユーザーのニーズに合わせてカスタマイズ可能なモデルを採用しています。最も一般的に使用されているのは、以下の 3 種類のクラウドです。

  • パブリック クラウド—ハードウェア、ストレージ、ネットワーク デバイスなどのクラウド リソースがサードパーティのクラウド サービス プロバイダーによって所有および運営され、ウェブ経由でサービスが提供されます。パブリック クラウドは最も一般的であり、メール、オフィス用アプリ、オンライン ストレージによく使用されます。
  • プライベート クラウド—クラウド コンピューティングのリソースは、1 つの組織によって排他的に使用されます。プライベート クラウドは、オンプレミスのデータ センターに物理的に配置することも、サードパーティのクラウド サービス プロバイダーによってホストされることもあります。ただし、クラウド インフラストラクチャは、専用のハードウェアおよびソフトウェアを備えたプライベート ネットワーク上で維持管理されます。
  • ハイブリッド クラウド—名前が示すとおり、このクラウド ソリューションはプライベート クラウドとパブリック クラウドの特徴を兼ね備えています。ハイブリッド クラウドでは、プライベート クラウドとパブリック クラウド間でデータとアプリケーションを移動させることができるため、柔軟性が高く、展開オプションも多数あります。

Dropbox は安全?

Dropbox はクラウド データの保護を最優先とみなし、分散型で信頼性の高いクラウド インフラストラクチャ全体に複数のセキュリティ対策を適用しています。個人ユーザーでもチームであっても、Dropbox のクラウド セキュリティ ソリューションは、すべてのオンライン データに対して同じレベルの保護を提供します。 

つまり、個人ユーザーも、Dropbox の安全なクラウドを使用してファイルの保存、ドキュメントの共有、アクセス権の要求を行うことができます。さらに、Dropbox のエンタープライズ クラスの暗号化クラウド ストレージは、コンプライアンス要件を満たし、事業規制や国際規制のデータ セキュリティ ポリシーに準拠するため、組織でも安心して使用できます。 

安全で安心なアクセス リクエスト

Dropbox のクラウド データ保護

多数のユーザーや組織がファイルの保管先として Dropbox を選択しています。Dropbox Basic から最上位の Enterprise まで、すべての Dropbox アカウントのユーザー データは、クラウド セキュリティと同じ高水準で保護されます。

Dropbox セキュリティの詳細

データ保護のためのクラウド セキュリティ機能

Dropbox クラウド セキュリティで保護されること:

ファイル

従来の暗号化にとどまらず、転送中や保管中の機密データをセキュリティ上の脅威から守ります。デベロッパーやアプリからのサードパーティ経由のアクセスは、Dropbox の厳格なガイドラインに準拠して管理されます。また、これらのアプリによるコンテンツへのアクセスにはユーザーの承認が必要です。

プライバシー

Dropbox がどのような場合にお客様の情報を収集し、収集した情報をどのように保護するのかを常に明確にご説明しています。お客様の情報を広告主や第三者に販売することはありません。

アカウント

2 段階認証を使用して不正アクセスを制限。業界最高水準のセキュリティ管理機能により、アカウント アクティビティを監視できます。